2016年 01月 28日

横山神社 福岡県福岡市早良区脇山


福岡市早良区脇山。
油山の南の麓。
b0023047_03253749.jpg
横山神社。
b0023047_03255794.jpg
b0023047_03261517.jpg
b0023047_03262099.jpg
b0023047_03262758.jpg
b0023047_03263399.jpg
b0023047_03263625.jpg
b0023047_03272004.jpg
b0023047_03273585.jpg

横山神社
祭 神
奥津島比売命(おきつしまひめのみこと)
市杵島比売命(いちきしまひめのみこと)
多岐津比売命(たぎつひめのみこと)

年間行事
一,一月吉日 正月祭
一,八月一日 夏越し祭
一,十月九日 おくんち祭(長寿祈願)
一,十二月三十一日 大晦日

横山三社宮由緒
日本書紀(奈良時代)に,神功皇后新羅の航路を知るため背振山に登られ,小山田邑(脇山)に竹内宿称に命じて斎宮を造らせ,天神地祇を祭り自ら神主となり神教を祈祷,七月七夜の未神が皇后に新教があった。
皇后は神教に従って神々のご援助で新羅王は無血征服,天地のある限り貢すると約束をした。
皇后は新羅王城の門前に持っていられた槍を印に立て,帰国されて二〇一年都に帰られ,二〇二年に斎宮の跡(主基斎田勅定の地)に神社を建立された。
この偉大な神社を,背振神社という,
横山郷八ヶ村百七十町を授けられ,正六位上貞観元年(西暦八五九年)熊野の比兵尼,熊野三神の分霊を祀られた。
貞観十二年(西暦八九〇年)従五位下に昇授,神功皇后筑前に建立七社の随一であった。
長い年月の間には,盛衰があって,天授元年(西暦一三七五年)背振戦争の兵火等で焼失,
慶長四年(西暦一五九九年)小早川秀秋の時,神領もことごとく没収,神社は消滅状態となった。
現産子中で安永八年(西暦一七七九年)己亥現神殿を新築現地に遷座,社名を横山三社宮と改名された。
昭和三年(西暦一九二八年)
主基斎田守護神大鏡福岡県から奉納

平成十六年三月吉日 氏子総代会
境内掲示版

b0023047_03321136.jpg
b0023047_03322234.jpg
b0023047_03322743.jpg
b0023047_03331025.jpg
左,大山積神社,右,天満宮。
b0023047_03340518.jpg
中央,八幡宮,右,宮地嶽神社。
b0023047_03344460.jpg
b0023047_03345135.jpg
b0023047_03351403.jpg
b0023047_03351823.jpg

横山神社(横山三社宮)福岡市早良区脇山
古くから背振山の三神が勧請されたので,江戸時代には横山三社宮,横山三社権現と呼ばれました。ここは,中世以前の東門寺領を管理する。役所があったともいわれています。また「横山」という呼び名は,戦国時代の古文書にみることができます。江戸時代中ごろにも,「脇山郷」は「横山郷」あるいは「横山八か村」ともよばれており,写真にある鳥居の銘文からも,この神社が脇山を中心とした村人達の信仰を集めたことがわかります。
境内掲示物

村社 横山神社 早良郡脇山村大字脇山字大門
祭 神
田心姫命,湍津姫命,市杵島姫命
由 緒
不詳,明治五年十一月三日村社に定めらる。
例祭日
 十月九日
神饌幣帛料供進指定
 昭和三年五月十五日
主なる建造物
 神殿,弊殿,拝殿,繪馬殿,通夜堂
境内坪数
 八百坪
氏子区域及戸数
 大字脇山の全部
 二百二十五戸
境内神社
 八幡宮
 菅原神社
 大山積神社

一の鳥居:「起源二千五百五十六年」「横山神社」「維時明治廿九年九月建立 産子中」
二の鳥居:「安永十辛丑三月吉辰 馬男木總次郎秀明」「横山三社宮」「奉寄進 總産子中」
三の鳥居:「明治三十三年四月今(令?)辰」「三社宮」「再建 野田中」
安永十年=1781年

Panoramio 石津安信:Explorer



福岡県福岡市早良区脇山
December 25,2015

NIKON D3S



by sora07jp2000 | 2016-01-28 03:44 | 神社


<< 志登神社 福岡県糸島市志登      大山祇神社 福岡県福岡市早良区小笠木 >>