2015年 11月 07日

春日神社 1 福岡県春日市春日

春日市春日。
b0023047_03554930.jpg
b0023047_03560192.jpg
b0023047_03560621.jpg
b0023047_03561316.jpg

「寳永七祀穀雨日 邑民力役」「春日神祠」「石神門 黒田美作一利奉剏立」

b0023047_03582098.jpg
b0023047_03590677.jpg
b0023047_03593166.jpg

「春日の杜(もり)」
天然記念物
昭和三十八年一月十六日県指定

 春日の杜は,春日神社境内の十一本の樟(くす)で形成した杜をいいます。
杜の古さとともに,長い年月を経てきた樹齢が偲ばれます。
いずれの木も樹枝が繁茂し,雄大で,特徴は樹木が近接し,特に三号木は二本の樹木が癒着し,一体となっていることです。

一九九〇年一月
春日市教育委員会
樹元掲示板

b0023047_04032424.jpg
b0023047_04035054.jpg

春日神社
旧社格 県社
祭神
天児屋根命(あまのこやねのみこと)
武甕槌命(たけみかづちのみこと)
経津主命(ふつぬしのみこと)
姫大神(ひめおおかみ)
由 緒〔縁起による)
 天智天皇皇太子としてこの国におわします時,この地に天児屋根命を祀り給える神籬(ひもろぎ)の跡と言い伝う
 神護景雲二年(七六八年)藤原田麻呂太宰大弐として大宰府に在りし時,大和国春日より,武甕槌命,経津主命,姫大神の三柱をこの神籬に迎え併せ祀り,社伝を創建して春日大明神と称え奉る
 天正十四年(一五八六年)島津勢の兵火にかかり,社殿,末社,宝蔵,古文書等一切が焼失した。
 寛永四年(一六二七年)知行領主黒田美作一成により社殿が再建された。その後元禄九年(一六九六年)に改築されて現在に至る。
 鳥居は宝永七年(一七一〇年)黒田美作一利により奉納されたものである。
例 祭
四月十五日 春籠の祭
七月十五日 夏籠の祭
十月 十日 秋季例大祭(宮座)
婿押し祭り
一月十四日夜 重要無形民俗文化財(国指定)

境内掲示版

b0023047_04082209.jpg
b0023047_04083039.jpg
春日神社公式HP

Panoramio 石津安信:Explorer



福岡県春日市春日
October 03,2015

NIKON D3S



by sora07jp2000 | 2015-11-07 04:11 | 神社


<< 春日神社 2 福岡県春日市春日      白水八幡宮 福岡県春日市上白水 >>