2015年 09月 01日

八幡宮 佐賀県鳥栖市村田町

鳥栖市村田町。
b0023047_03333449.jpg
八幡宮。

鳥栖市重要文化財
肥前鳥居(ひぜんとりい)
   昭和五十三年四月十四日指定
 村田八幡宮第二鳥居は,慶安(けいあん)二年(一六四九年)に鍋島大和守茂範(なべしまやまとのかみしげのり)が寄進したものです。肥前鳥居は,肥前地方に興った独特の鳥居の形式で,慶長(けいちょう)年代頃,特に造営が盛んだったことから,別名慶長鳥居ともいいます。

社前掲示版

b0023047_03395971.jpg
b0023047_03401438.jpg
b0023047_03402146.jpg
b0023047_03403366.jpg
b0023047_03410286.jpg
b0023047_03410687.jpg
「寛政七年 四月吉祥日」
1795年

b0023047_03421304.jpg
b0023047_03434881.jpg
元村社 八幡神社 
一佐賀県鳥栖市村田町

     玉依姫命 菅原道眞
一祭神 應神天皇並保食神
     筒男命 豊玉彦命

一由緒ノ概要
往古ハ江島村石王ニ豊后宇佐八幡宮ノ分霊ヲ祀リシヲ天文六年中時ノ領主筑紫椎門現地ノ社殿ヲ新建シテ奉遷シ神領地ヲ献シ神職数名命婦一名ヲ奉仕セシメ養父郡ノ宗廟トシテ崇敬セシガ天文五年八月島津氏ノ兵燹に罹リ文書神寳等悉ク焼失セリ其後鍋島氏ノ領トナルヤ社殿ヲ再興シ祭資ヲ供進シテ江島郷ノ宗廟ト定メ祭典神幸式等盛大ニ擧行スル事トナリ以テ維新ニ及ヘリ社格制定ニ依リ明治六年村社ニ列セラレ仝四十年二月神饌幣帛料供進ヲ指定セラル

一祭日
 祈念祭 二月二十八日 
 例 祭 四月三日
 新嘗祭 十二月十七日

一特殊神事
毎年十月十五日又ハ之ニ最モ近キ日□(「曜」の異体字)日江島町下ノ宮ヘ神幸式ヲ挙行ス 下ノ宮ハ往時浮殿ニ在リシガ後現地ニ移セリ当日ハ行列浮立獅子舞馬上ゲ流鏑馬等ノ行事有リシモ現今ハ馬上ゲ流鏑馬ハ行ハレズ

昭和四十五年六月

境内設置石碑文

b0023047_03460014.jpg
b0023047_03460874.jpg
b0023047_03462249.jpg
b0023047_03464647.jpg
b0023047_03471484.jpg
b0023047_03473942.jpg
b0023047_03480043.jpg
b0023047_03481262.jpg
b0023047_03481915.jpg

村社 八幡神社 三養基郡旭村大字江島字村田

祭神 玉依姫命 應神天皇 筒男命
   菅原道眞 豊玉彦命 保食神

往古は江島村石王と云へる所に,豊后宇佐八幡宮の分霊を祀りしに,天文年中時の領主筑紫椎門現社地に社殿を新築して奉遷し,神領地を献し神職数名命婦一名をして奉仕せしめ此郷の宗廟として崇敬せしか,天文五年八月島津来たりて筑紫氏を亡ほすや,社殿は兵火にかゝり,文書神寳等悉く烏有となる,其後鍋島氏の領となるや,寛文年間社殿を再興し祭資を供進して復舊を謀り,江島郷の宗廟と定め祭禮神幸式等盛大に擧行する事となりて維新に及へり。明治六年村社に列せらる。合祀により菅原道眞他二柱祭神追加す,

明治四十年二月十五日神饌幣帛料供進指定
氏子戸数 二百六十戸
境内神社 八坂神社 祭神 素盞嗚尊
仝    天滿神社 祭神 菅原道眞

佐賀県神社誌要


鳥栖市重要無形民俗文化財
村田浮立(むらたふりゅう)
   昭和五十三年四月十四日指定
 村田浮立は,江戸時代から養父半郡(村田鍋島領)の惣社(そうしゃ)(一の宮)であった村田八幡宮の御神幸祭(おみゆきさい)として,陰暦九月十五日(現在は十月十五日に近い日曜日)に村田町と江島町の氏子(うじこ)約九十人でとり行われています。
   昭和六十年十一月吉日
    鳥栖市教育委員会
社前掲示版

Panoramio 石津安信:Explorer



佐賀県鳥栖市村田町
July 18,2015

NIKON D3S



by sora07jp2000 | 2015-09-01 03:53 | 神社


<< □入り海の朝 2015.07.19      八幡宮 佐賀県三養基郡みやき町江口 >>