タグ:篠栗町 ( 18 ) タグの人気記事


2015年 02月 04日

太祖神社 上宮 福岡県糟屋郡篠栗町若杉


b0023047_05280911.jpg
キャンプ場にあった上宮の鳥居。
ここからさらに車で上がる。
若杉観音堂下の駐車場から山道へ。
道は二つ,右手の平坦な道を選ぶ。
以前,野花撮りに来たことがあって,近いと思っていた。
が,勘違い,結構距離がある。
「若杉楽園」の看板があったのでそこから山頂方向へ。
もの凄い傾斜,息も上がる。
水も食料も持っていない,ここは山なのだ,油断した。
おまけに雨まで落ちてくる,雨具もない。
戻るにもかなりの時間がかかる。
山頂付近から鐘の音,山頂の方が近い。
雨は粉雪に変わり,少し安心。
杉の巨木が建ち並ぶ道をひたすら登る。
で,やっと見つけた階段。

b0023047_05292603.jpg
b0023047_05302303.jpg
ものすごい斜度。
手すりにへばりつきながら登る。
手を離すと転げ落ちそう。

b0023047_05312296.jpg
途中,何度も休みながら辿り着く。

b0023047_05320837.jpg
太祖神社,上宮。

b0023047_05324004.jpg
b0023047_05330210.jpg

太祖宮累縁起
若杉山太祖権現社は,伊弉諾尊を祝い祭るところにして相殿に天照大神,八幡大神右殿に宝満大神,聖母大神左殿に志賀大神住吉大神三座七神まします伊弉諾尊は我が国土,人民を化成し給う,祖神にまします故太祖と称し奉る。太祖神社は当郡の総社にして当村の産神なり,鎮座の始めは末詳なれども神功皇后三韓征伐の御祈りありて,凱旋の後香椎の綾杉を分ちて此の山に植え給える由は「八幡託宣集」に見えたりいと久しき鎮座なるべし,神功皇后は遂に御社を改め造らせ給い,此の山野絶頂に西に向く宮を造らせ給う
是れ異敵降伏の御為なり。
●綾杉
宮の東北十三丁ばかり下に綾杉原というところありこれ神功皇后の手折り給いし,杉のありし所なり。
太祖宮
社殿掲示縁起

b0023047_05394274.jpg
b0023047_05401494.jpg
b0023047_05402819.jpg
b0023047_05404301.jpg
神功皇后御神像

神功皇后御神像建立趣意
神功皇后は仲哀天皇の御后にましまし三韓平定のみいくさに際し,臨月の御身を以て戦勝の祈願に御登山され,凱旋の後宇美の地で皇子(応神天皇)を御出産遊ばされ,又皇后は戦勝の御礼にこの山に西向きの御社を作らせ給う。
これ国家鎮護御為なり。
ここに太祖神霊の以降倍増の御為と由緒ふかき皇后の遺徳を顕彰し,後世に永く残さんが為,御神像を建立せしものなり。


b0023047_05462816.jpg
北山神社

b0023047_05470937.jpg
b0023047_05472776.jpg
b0023047_05473908.jpg
b0023047_05474956.jpg
b0023047_05480422.jpg
b0023047_05481615.jpg

若杉山の福岡県指定文化財
若杉山は,山頂に奉祀する古い形の社である太祖神社の神体として,また中世においては修験の山として栄えたところである。
①太祖神社狛犬
(昭和三十二年八月十三日有形民俗文化財指定)
阿形(子持獅子)と吽形(毬取獅子)の二体よりなり,平安時代末期より鎌倉時代初期に中国の宋より伝来したものと伝えられる石造の宋風狛犬である。
像高約四八センチメートル高さ約一三センチメートルの方形の台座にのっている。(九州歴史資料館保管)
②木造不動明王立像
(昭和三十二年八月十三日有形民俗文化財指定)
桧材の寄木造りによる室町時代初期頃の作品で,福岡市呉服町にあった旧入定寺の像であると伝えられる。
像高六五センチメートル  (若杉金剛頂院 蔵)
③太祖神楽
(昭和三十五年三月十九日無形民俗文化財 指定)
期日 毎年四月十四日・十月十六日(夜)
場所 太祖神社下宮の神楽殿にて奉納
舞神楽と面神楽から構成されている出雲系の神楽で特に勇壮,荘重な激しい舞い方をともなう「四剣の舞」は舞神楽としてはめずらしい。
④若杉の杉
(昭和五十三年三月二十五日天然記念物指定)
平成二・三年の二度にわたる台風の被害を受け現状の形になった。

一号杉 根回り 十四・二メートル  胸高回り 八・四メートル   樹の高さ 二九・〇メートル
二号杉 根回り 十五・〇二メートル 胸高回り 一〇・一〇メートル 樹の高さ 三〇・〇〇メートル

本殿脇掲示板

太祖神社狛犬画像:篠栗町歴史民俗資料室 

縣社 大祖神社 粕屋郡勢門村大字若杉字権現(上宮)石ヒシギ(下宮)
祭 神
寳滿大神,天照皇大神,八幡大神,伊弉諾命,志賀大神,住吉大神,聖母大神
由 緒
祭神伊弉諾命は神代よりの御鎮座なり其鎮座し給ふ由緒は深遠にして比類稀なる舊社にて國土を化成し萬民の始祖とましますが故に(若杉大祖神社は伊弉諾命を祭りし事は八幡託宣集神祇の秘抄等参照)神功皇后三韓御征討の節香椎宮にて大臣武内宿禰を召して異敵討伐の御廟算あらせられし給ひしに,能く諸神を祈り祭り給へと神託有りしかば則ち天神地祇山神海神まで盡く祈り祭り給ひ,中には此伊弉諾命へは御祈誓を込め給ひ御手つから本社の御神木を手折り鎧袖に納め御征討ありければ顕著なる御神明の冥助を得たまひ,刄に血ぬらずして凱旋の後,御身の守に持たせ給ひし杉の枝蒼色を變ぜざりければ香椎宮の社前にさして後葉のしるしと誓ひたまひけるに其事空しからず枝葉茂り繁茂す(今の綾杉なり分杉の名も是より起こる後世若杉と云ふは訛れり)皇后終に報賽として山頂に社殿を改造し給ひしを始とし,上古より神徳顕著にして上下の尊崇厚き神社なり中古に至り伊弉諾命を中座とし右側に八幡大神・聖母大神・寳滿大神を祭り,左側には天照皇大神・志賀大神・住吉大神を祭れり。聖武天皇仏法に帰依し給ふ事深ければ天下の大社に宮寺を立て神仏混合に祭らせ給ふや,此時當山にも多くの宮寺を建てられ,其寺號を延年寺・大祖寺三蔵院と云ひ,後には寺家益々繁盛し左谷(今に佐谷村と云ふ)右谷(今の若杉村と云ふ)の両所に別れて三百有餘の僧房あり,神田も當郡各地に三百有餘町ありしも天正兵亂以降三百餘の坊舎悉く灰燼となり,三百有餘町の神田も悉く散失し復た再興の擧なかりき。
慶長五年黒田長政公當國を領せしより,神田寺領の事は皆先國主の例に隨はせられ,當社にも神田を附せらる,然るに荒廢の久しき一旦社頭を守るものなきを愁ひ竃門山龜石坊有辨と云ふ者をして若杉村に居らしめ,右谷の法頭職の居たりし廃寺を再興して是に住せしめ當社の祭祀を司らしめ,社殿修繕及改築の事は一切藩主黒田家より累世御擧行ありて粕屋郡の宗廟とし,上下の崇敬最も厚く社殿改築其他一切祭祀等は舊粕屋郡四十八箇所より之を行ひきたりしも,明治維新神仏混祭を禁ぜられ明治五年十一月三日郷社に定められ,明治二十九年五月四日縣社に列せらる。
例祭日
十一月七日
神饌幣帛料供進指定
大正元年十一月一日
主なる建造物
本殿,弊殿,拝殿,社務所(以上上宮)
本殿,弊殿,拝殿,神楽殿,社務所,神饌所,水屋(下宮)
主なる寶物
縁起一巻
境内坪数
二萬九千坪
氏子区域及戸数
五十三戸
境内神社
北山神社(大國主神,加茂明神)
日吉神社(大山咋大神)

帰りはもう一つの道を下りる。
無事帰られました。

空 sora そら:太祖神社 下宮  

Panoramio 石津安信:Explorer



福岡県糟屋郡篠栗町若杉
January 12,2015

NIKON D3S




by sora07jp2000 | 2015-02-04 06:08 | 神社 | Trackback | Comments(0)
2015年 02月 03日

若杉三寳大荒神 福岡県糟屋郡篠栗町篠栗

若杉観音堂前を通り,米の山方面へ。
b0023047_04542250.jpg
b0023047_04554114.jpg
若杉三寳大荒神

b0023047_04562484.jpg
b0023047_04573887.jpg
b0023047_04574206.jpg
b0023047_04580343.jpg
b0023047_04582132.jpg

若杉三宝荒神勧請の趣意
当所に鎮座増します神王は,去る昭和五十五年秋奈良県立里より勧請せし三宝大荒神にして,地水火風の自然災害を除き,信ずる者に天地の断ゆることなき恵みを施し,この世 のちの世の人々を限りなく守護せんがために この地に降臨したしうた神王であります。
誠心を尽くして拝礼し,御神徳に浴されますようここに趣意を申し述べる次第であります。
 昭和六十年十二月吉日
  若杉三宝荒神奉賛会
境内掲示碑


b0023047_04582501.jpg
b0023047_04583057.jpg
b0023047_04584101.jpg
b0023047_04584682.jpg



福岡県糟屋郡篠栗町篠栗
January 12,2015

NIKON D3S




by sora07jp2000 | 2015-02-03 05:03 | 神社 | Trackback | Comments(0)
2015年 02月 02日

和多都美神社 福岡県糟屋郡篠栗町若杉

聖宮から和多都美神社へ,と見上げると
b0023047_05404990.jpg
環天頂アーク。
すぐに消えた。
b0023047_05413495.jpg
和多都美神社
何故か鳥居には聖宮の額。

b0023047_05414088.jpg
b0023047_05414693.jpg
b0023047_05415181.jpg
こちらの額は和多都美神社

b0023047_05443131.jpg
b0023047_05444281.jpg
b0023047_05444546.jpg

Panoramio 石津安信:Explorer



福岡県糟屋郡篠栗町若杉
January 12,2015

NIKON D3S




by sora07jp2000 | 2015-02-02 05:48 | 神社 | Trackback | Comments(0)
2015年 02月 02日

聖宮 福岡県糟屋郡篠栗町若杉

同じくキャンプ場内にある聖宮。

b0023047_05360305.jpg
b0023047_05360777.jpg
b0023047_05361297.jpg
b0023047_05361732.jpg
b0023047_05362286.jpg



福岡県糟屋郡篠栗町若杉
January 12,2015

NIKON D3S




by sora07jp2000 | 2015-02-02 05:39 | 神社 | Trackback | Comments(0)
2015年 02月 02日

大山祇神 福岡県糟屋郡篠栗町若杉

若杉山へ。
若杉楽園キャンプ場内。
太祖神社の鳥居があった。
b0023047_04523191.jpg
b0023047_04525197.jpg
大山祇神

b0023047_04531613.jpg
b0023047_04533200.jpg
b0023047_04535122.jpg
b0023047_04535619.jpg
b0023047_04540345.jpg

b0023047_04464267.jpg



福岡県糟屋郡篠栗町若杉
January 12,2015

NIKON D3S




by sora07jp2000 | 2015-02-02 05:00 | 神社 | Trackback | Comments(0)
2015年 01月 21日

諏訪神社 福岡県糟屋郡篠栗町篠栗

b0023047_05020755.jpg
b0023047_05021857.jpg
b0023047_05022596.jpg

b0023047_05022955.jpg
諏訪神社

鎮座地
福岡県粕屋郡篠栗町大字篠栗字長尾四二六四番地

御祭神
健御名方神
大山咋神 高龗神 大山咋神
伊弉諾神 木花咲耶姫神 玉依姫命

例祭日
歳旦祭 一月一日
紀元祭 二月十一日
祈念祭 二月二十七日
例大祭 十月十五日
新嘗祭 十一月二十三日
天長祭 天皇誕生日
除夜祭 十二月二十三日

由緒
創立の由来不詳萬治元年再興明治五年十一月三日村社に列格祭神大山祇神は字城戸字黒木原字桐木谷字大久保より大山咋神は字下岸高日吉神社より合併す
大正十五年十月字栗木谷に奉斉せるを字長尾に社殿改築して遷座鎮祭する
昭和二年七月二十二日神饌幣帛料供進神社に指定さる
昭和三十五年篠栗町字内住花廻三七八八番地鎮座の山神社をも合併

氏子区域
城戸区 山手区 山王区 上町区 中町区 下町区 大勢門区

宮司 内川道臣

社頭掲示由緒

b0023047_05024314.jpg
b0023047_05024985.jpg
b0023047_05025368.jpg
b0023047_05030361.jpg


校正林之碑
諏訪神社外三社所有の城戸区黒木原の共有林の一部は昭和五十六年十月福岡バイパス道路敷地として買収されることとなり役員総代は慎重に協議を重ねた結果代替の山林として粕屋中部農協所有の桐の木谷面積約四町八反,(四千七百万円)を将来を考慮して買収することになつたので茲にその由来を記してこの碑を建つ
昭和五十七年三月吉日
宮  司 内川道方
総代会長 恵良作五郎
境内掲示碑

b0023047_05031180.jpg
b0023047_05035873.jpg
b0023047_05040153.jpg
b0023047_05045389.jpg
b0023047_05045911.jpg
b0023047_05050372.jpg
b0023047_05050731.jpg
b0023047_05051193.jpg
b0023047_05054090.jpg
b0023047_05054994.jpg
b0023047_05060146.jpg


村社 諏訪神社 粕屋郡篠栗町大字篠栗字長尾
御 祭
健御名方富神,高龗神,伊弉諾神,玉依姫命,大山咋神,大山祇神
由 緒
不詳,萬治元年再興
祭神大山祇神は字城戸,字黒木原,字桐木谷,字久保に無格社山祇神社,大山咋神は字下岸高に無格社日吉神社として祭祀ありしを,大正十三年四月八日許可を得合併。大山祇神は同一祭神に付合靈す。従来字長尾に無格社山祇神社として大山祇神を祭祀ありしを大正十五年九月二日許可を得合併と同時に,字栗ノ木谷より移轉祭神同一に付合靈す。
例祭日
十月二十七日
神饌幣帛料供進指定
昭和二年十月二十四日
主なる建造物
本殿,弊殿,拝殿,社務所,神庫,鳥居,注連掛
主なる寶物
縁起一巻
境内坪数
一千九百五坪
氏子区域及戸数
三百二十戸

一の鳥居:「大正七年六月𠮷日」
二の鳥居:「維新四十七年大正三年三月建之」
狛犬A:「平成十六年三月」
樹元看板:「諏訪大社御柱樅乃木 大正十五年植樹 十本」「御柱とは寅申歳七年目ごとに 五丈有余の樅の柱を社殿四隅に 新しく曳建を行う行事」
拝殿前狛犬基台:「弘化元年甲辰生男」「大正十年四月吉 大正十■(五?)年十月移轉 八十三歳 藤全作■」

Panoramio 石津安信:Explorer



福岡県糟屋郡篠栗町篠栗
December 27,2014

NIKON D3S



by sora07jp2000 | 2015-01-21 05:25 | 神社 | Trackback | Comments(0)
2015年 01月 19日

須賀神社 福岡県糟屋郡篠栗町篠栗

201号線から607号線へ。
上町交差点。
b0023047_03562050.jpg
須賀神社。
b0023047_03590766.jpg
b0023047_03592246.jpg
b0023047_03593720.jpg
b0023047_03594152.jpg
b0023047_04000011.jpg
b0023047_04001452.jpg
b0023047_04001867.jpg
b0023047_04004092.jpg

須賀神社
鎮座地
粕屋郡篠栗町篠栗字金川五〇一〇番地
御祭神
須佐之男命
稲田姫命 大己貴神 玉依姫命
大山祇神 菅原神 恵比須神
例祭日
七月六日 七日 夏季例大祭
鎮座二百二拾年を記念し平成七年に祭日を第二土曜日に変更
由 緒
創立 安永四年一七七五
菅原神は金川町菅原神社として祭祀せしも明治四十五年二月二日合併
玉依姫命は字彼岸田に宝満神社として
大山祇神は字日ノ浦に祭祀ありしを大正五年七月十日に合併祭祀す
但し山祇神社五社は合霊して一座に祭祀す
恵比須神は鎮座不詳 境内奥にありしを平成二年十二月併せ祭祀 一月十日恵比須祭
境内地
二〇三坪
氏子区域
城戸・山手・山王・上町・中町・下町・以上六区
宮司 内川道臣
社頭掲示由緒

b0023047_04365428.jpg
b0023047_04370002.jpg
b0023047_04373961.jpg
b0023047_04374510.jpg
b0023047_04372663.jpg
b0023047_04373105.jpg

須賀神社 須佐之男神,稲田姫神,大己貴神,外三柱 篠栗町大字篠原字金川町

鳥居:「大正七年六月吉日」「須賀神社」「勲七等 功七級 藤森十郎 建之」「世話人(略)」 
狛犬A:「■■(明治?)十一年 六月上旬」「上町 若中老」
東の鳥居:「明治三十五年」「須賀神社」「六月吉日建之」

Panoramio 石津安信:Explorer



福岡県糟屋郡篠栗町篠栗
December 27,2014

NIKON D3S



by sora07jp2000 | 2015-01-19 04:46 | 神社 | Trackback | Comments(0)
2015年 01月 14日

太祖神社 下宮 2 福岡県糟屋郡篠栗町若杉

b0023047_06092025.jpg
b0023047_06092624.jpg
b0023047_06094044.jpg
b0023047_06095070.jpg
大楠

b0023047_06095540.jpg
本殿

b0023047_06100421.jpg
b0023047_06105075.jpg
日吉神社
b0023047_06105650.jpg
b0023047_06112279.jpg
b0023047_06113830.jpg
b0023047_06120928.jpg
東の鳥居

b0023047_06121659.jpg
b0023047_06124323.jpg
b0023047_06125795.jpg
b0023047_06134084.jpg
b0023047_06135316.jpg


縣社 大祖神社 粕屋郡勢門村大字若杉字権現(上宮)石ヒシギ(下宮)
祭 神
寳滿大神,天照皇大神,八幡大神,伊弉諾命,志賀大神,住吉大神,聖母大神
由 緒
祭神伊弉諾命は神代よりの御鎮座なり其鎮座し給ふ由緒は深遠にして比類稀なる舊社にて國土を化成し萬民の始祖とましますが故に(若杉大祖神社は伊弉諾命を祭りし事は八幡託宣集神祇の秘抄等参照)神功皇后三韓御征討の節香椎宮にて大臣武内宿禰を召して異敵討伐の御廟算あらせられし給ひしに,能く諸神を祈り祭り給へと神託有りしかば則ち天神地祇山神海神まで盡く祈り祭り給ひ,中には此伊弉諾命へは御祈誓を込め給ひ御手つから本社の御神木を手折り鎧袖に納め御征討ありければ顕著なる御神明の冥助を得たまひ,刄に血ぬらずして凱旋の後,御身の守に持たせ給ひし杉の枝蒼色を變ぜざりければ香椎宮の社前にさして後葉のしるしと誓ひたまひけるに其事空しからず枝葉茂り繁茂す(今の綾杉なり分杉の名も是より起こる後世若杉と云ふは訛れり)皇后終に報賽として山頂に社殿を改造し給ひしを始とし,上古より神徳顕著にして上下の尊崇厚き神社なり中古に至り伊弉諾命を中座とし右側に八幡大神・聖母大神・寳滿大神を祭り,左側には天照皇大神・志賀大神・住吉大神を祭れり。聖武天皇仏法に帰依し給ふ事深ければ天下の大社に宮寺を立て神仏混合に祭らせ給ふや,此時當山にも多くの宮寺を建てられ,其寺號を延年寺・大祖寺三蔵院と云ひ,後には寺家益々繁盛し左谷(今に佐谷村と云ふ)右谷(今の若杉村と云ふ)の両所に別れて三百有餘の僧房あり,神田も當郡各地に三百有餘町ありしも天正兵亂以降三百餘の坊舎悉く灰燼となり,三百有餘町の神田も悉く散失し復た再興の擧なかりき。
慶長五年黒田長政公當國を領せしより,神田寺領の事は皆先國主の例に隨はせられ,當社にも神田を附せらる,然るに荒廢の久しき一旦社頭を守るものなきを愁ひ竃門山龜石坊有辨と云ふ者をして若杉村に居らしめ,右谷の法頭職の居たりし廃寺を再興して是に住せしめ當社の祭祀を司らしめ,社殿修繕及改築の事は一切藩主黒田家より累世御擧行ありて粕屋郡の宗廟とし,上下の崇敬最も厚く社殿改築其他一切祭祀等は舊粕屋郡四十八箇所より之を行ひきたりしも,明治維新神仏混祭を禁ぜられ明治五年十一月三日郷社に定められ,明治二十九年五月四日縣社に列せらる。
例祭日
十一月七日
神饌幣帛料供進指定
大正元年十一月一日
主なる建造物
本殿,弊殿,拝殿,社務所(以上上宮)
本殿,弊殿,拝殿,神楽殿,社務所,神饌所,水屋(下宮)
主なる寶物
縁起一巻
境内坪数
二萬九千坪
氏子区域及戸数
五十三戸
境内神社
北山神社(大國主神,加茂明神)
日吉神社(大山咋大神)
福岡県神社誌 上巻

北の鳥居:「昭和十八年十二月八日 氏子中」
狛犬A:「石工 長沢勘助」
狛犬B:「福岡県神社廰 神社功労者表彰記念 平成十七年三月吉日建之」

Panoramio 石津安信:Explorer



福岡県糟屋郡篠栗町若杉
December 23,2014

NIKON D3S




by sora07jp2000 | 2015-01-14 06:21 | 神社 | Trackback | Comments(0)
2015年 01月 13日

太祖神社 下宮 1 福岡県糟屋郡篠栗町若杉

若杉山へ続く道の途中。
b0023047_04215236.jpg
太祖神社,大鳥居。
b0023047_04223409.jpg
b0023047_04241336.jpg
b0023047_04245997.jpg
b0023047_04254617.jpg
並び立つクスの巨木。

由緒
祭神伊弉諾命は神代よりの御鎮座なり
その歴史は古きお社にて国土を化成し万民の始祖とましますが故に神功皇后の三韓御征討の節香椎宮にて大臣武内宿祢を召して異敵征討の御廟算あらせられし諸神を祈り祭り給えと神託有りしかば
(中略)皇后終りに報賽として山頂に社殿を改造し給ひしを始とし上古より神徳顕著にして上下の尊崇厚き神社なり中古に至り伊弉諾尊を中座とし右側に八幡大神 聖母大神 宝満大神を祭り左側に天照皇大神 志賀大神 住吉大神を祀れり。
慶長五年黒田長政公当国を領せしより郡の宗廟とて崇敬厚く明治五年十一月三日郷社に明治二十九年五月四日県社に列せらる。
有形文化財として石造狛犬昭和三十二年八月五日指定太祖神楽無形文化財として昭三十五年四月十二日指定

太祖神社
鎮座地糟屋郡篠栗町大字若杉字石ヒシキ一〇四七番地
祭 神
正殿 伊弉諾尊
左殿 天照皇大神 志賀大神 住吉大神
右殿 八幡太神 聖母大神 宝満大神
例大祭
四月十四日 春季例大祭
十月十六日 秋季例大祭
一月三日 元始祭
二月十六日 祈念祭
七月上旬 初申祭
七月十日 籠祭
八月七日 七夕祭 上宮
十一月二十三日 新嘗祭
境内神社
北山神社 祭神 大国主神 上宮
日吉神社 祭神 大山咋神 下宮
山の神社 祭神 大山祇神 古堂
境内地 一八,八五一,五四坪
氏子 若杉区
宮司 内川道臣
境内掲示由緒板

b0023047_04315922.jpg
b0023047_04320634.jpg
b0023047_04322727.jpg
b0023047_04324702.jpg
b0023047_04325325.jpg
b0023047_04333156.jpg
b0023047_04342205.jpg
b0023047_04344054.jpg
Panoramio 石津安信:Explorer



福岡県糟屋郡篠栗町若杉
December 23,2014

NIKON D3S




by sora07jp2000 | 2015-01-13 04:39 | 神社 | Trackback | Comments(0)
2015年 01月 09日

乙犬八幡宮 福岡県糟屋郡篠栗町乙犬

篠栗町乙犬,古くからの住宅街の奥。
b0023047_04105401.jpg
乙犬八幡宮
b0023047_04330705.jpg
b0023047_04332743.jpg
福岡県神社誌には境内社は寳滿宮と疫神社が記載されていたが,いずれかは分からない。
b0023047_04354229.jpg
b0023047_04360198.jpg
b0023047_04364128.jpg
b0023047_04361729.jpg
b0023047_04362336.jpg
石工さんの銘はあったが,読み取れなかった。
b0023047_04374563.jpg

乙犬八幡宮由緒略記
八幡宮御祭神御七柱
應神天皇 神功皇后 玉依姫命 天兒屋根命 武甕槌神 齋主神姫 大神
境内末社
寳満宮 玉依姫
疫神社 素盞嗚命
祭典日
新年祭 一月一日
春 祭 四月十五日
夏 祭 七月六日
例大祭 十月十七日
其の他氏子による慣例の祭りがあります
境内掲示板

b0023047_04432278.jpg
b0023047_04433060.jpg
b0023047_04434339.jpg
b0023047_04434717.jpg
b0023047_04443658.jpg
b0023047_04445497.jpg
b0023047_04450339.jpg
b0023047_04451385.jpg
社殿東の鳥居「春日神社」
b0023047_04462423.jpg
b0023047_04464608.jpg
b0023047_04471271.jpg
b0023047_04472306.jpg
b0023047_04472777.jpg

村社 八幡宮 粕屋郡勢門村大字乙犬字宮ノ谷
祭 神
應神天皇,神功皇后,玉依姫,天兒屋根命,齋主神,武甕槌神,姫大神,素戔嗚命
由 緒
不詳,明治五年十一月三日村社に定めらる。
祭神天兒屋根命,齋主神,武甕槌神,姫大神は同大字に春日神社として,又素盞嗚命は同大字に須賀神社として祭祀ありしを明治四十一年三月三十一日合併許可
例祭日
十月十七日
主なる建造物
本殿,弊殿,拝殿,鳥居,潮井壷,注連掛
境内坪数
五百十坪
氏子区域及戸数
七十三戸
境内神社
寳滿宮(玉依姫命)
疫神社(素盞嗚命)


一の鳥居:「八幡宮」「大正八年四月建之」
二の鳥居:「八幡宮」「平成十三年十二月吉日再建」「氏子中」
注連掛柱:「大正十年五月」「出征軍人建之」
東の鳥居:「明治二十五年」「春日神社」「壬辰四月吉日建之」

Panoramio 石津安信:Explorer



福岡県糟屋郡篠栗町乙犬
December 23,2014

NIKON D3S




by sora07jp2000 | 2015-01-09 04:55 | 神社 | Trackback | Comments(0)