タグ:桜井市 ( 15 ) タグの人気記事


2014年 01月 26日

談山神社 2 奈良県桜井市

b0023047_05584321.jpg
本殿。
b0023047_05591336.jpg
b0023047_05591876.jpg
b0023047_05595235.jpg
b0023047_06000844.jpg
b0023047_06003049.jpg
拝殿内。
b0023047_06004686.jpg
b0023047_06010655.jpg
b0023047_06013010.jpg
拝殿脚部。
b0023047_06014849.jpg
拝殿正面。
b0023047_06023388.jpg
東殿,恋神社。
鏡女王(かがみのおおきみ)を祀る。
藤原鎌足の妻,額田王の姉。
b0023047_06073533.jpg
b0023047_06075730.jpg
b0023047_06081004.jpg
b0023047_06082237.jpg
是非また,光と季節のよい時に訪れたい。
が,人も多いっちゃろね。

談山神社:公式サイト Wikipedia.ja

Panoramio 石津安信:航空写真 Explorer



奈良県桜井市多武峰
December 21,2013

NIKON D3S



by sora07jp2000 | 2014-01-26 06:11 | 神社 | Trackback | Comments(0)
2014年 01月 25日

談山神社 1 奈良県桜井市


室生山の登り下りで体力使い果たした。
早めに宿へ向かう。

しかし,桜井市内で「←多武峰」の看板が目に入る。
やっぱ行こう,気合いだ。

で,到着。
ものすご寒い。
カメラ持つ手が痺れる。
b0023047_09094384.jpg
駐車場からは上り坂。
b0023047_09244695.jpg
談山(たんざん)神社。

藤原鎌足と中大兄皇子がこの山で談合をしたことから,
「談い(かたらい)山」と呼ばれ,社名の起こりとなっている。

略記:神社公式サイト

正面入口,閉鎖中。
坂をさらに上る。
社務所前から入る。
拝観料500円。
b0023047_09351622.jpg
総社本殿。
b0023047_09365572.jpg
総社拝殿。
b0023047_09424665.jpg
同拝殿,裏面。
b0023047_09431898.jpg
本殿。
b0023047_09462525.jpg
拝殿正面。福禄寿の像。
b0023047_09465982.jpg
神廟拝所。
b0023047_09481146.jpg
権殿。
b0023047_09484393.jpg
中央,比叡神社。
b0023047_09502658.jpg
竜神社。
b0023047_09505817.jpg
権殿前から総社を見下ろす。
横長い社殿が向かいあっている。
b0023047_09525517.jpg
十三重塔。
享禄5年,1532年に再建されたもの。
b0023047_09564358.jpg
b0023047_09565689.jpg
b0023047_09573190.jpg
b0023047_10032563.jpg
楼門の奥に本殿。
b0023047_10042173.jpg
左が本殿。
御祭神は藤原鎌足。
b0023047_10052886.jpg
拝殿正面の欄干。
b0023047_10073557.jpg
拝殿には様々な資料が展示してあり,入ることができる。
畳敷きでありがたいが,それでも足が冷たい。

談山神社:公式サイト Wikipedia.ja

Panoramio 石津安信:航空写真 Explorer



奈良県桜井市多武峰
December 21,2013

NIKON D3S



by sora07jp2000 | 2014-01-25 10:13 | 神社 | Trackback | Comments(0)
2013年 10月 30日

長谷山口坐神社

長谷寺門前町の中へ。
お米屋さん経営の駐車場に停めて向かう。
b0023047_4284135.jpg
神河橋。
b0023047_4284965.jpg

b0023047_4285374.jpg
初瀬川,大和川とも。
b0023047_4285798.jpg
吉隠川と合流。
b0023047_429550.jpg
b0023047_4291354.jpg
b0023047_4291975.jpg
b0023047_4292482.jpg

b0023047_4293457.jpg
b0023047_4294012.jpg
御祭神,大山祗神,天手力雄神,豊受姫神
b0023047_4294484.jpg
b0023047_4294894.jpg
b0023047_4295459.jpg
b0023047_430519.jpg
b0023047_4301661.jpg


歩く・なら/記紀・万葉でたどる奈良/ 『倭王』武と名乗った雄略天皇の拠点へ:(記紀ルート07)

Panoramio 石津安信:航空写真

奈良県桜井市初瀬
September 23,2013

NIKON D3S

by sora07jp2000 | 2013-10-30 04:45 | 神社 | Trackback | Comments(0)
2013年 10月 30日

十二柱神社 奈良県桜井市

集落入口に停め,細い路地を歩いて探す。
ちょっと間違えて到着。
b0023047_3155898.jpg
十二柱神社。
天神七代地神五代を祀る。
b0023047_3162239.jpg
狛犬とその台座を支えているのは力士像。
b0023047_3163950.jpg
ここは桜井市出雲。
b0023047_3164951.jpg
b0023047_3165456.jpg
b0023047_3165977.jpg
b0023047_3171296.jpg
本殿。

十二柱神社
祭神;神世七代(かみよななよ)の神=国常立神(くにとこたちのかみ)国狭槌神(くにのさづちのかみ)豊斟淳神(とよくもぬのかみ)泥土煮・沙土煮(うひじに・すひじに)の神、大戸之道・大苫辺(おおとのじ・おおとまべ)の神、伊邪諾・伊邪冊(いざなぎ・いざなみ)の神、面足・惶根(おもたる・かしこね)の神のかみ
地神五代の神 =天照大神(あまてらすおおみかみ)天忍穂耳尊(あめのおしほみみのみこと)瓊瓊杵尊(ににぎのみこと)彦火日出見尊(ひこほほでみのみこと)彦波瀲武鸕鶿草葺不合尊(ひこなぎさたけうがやふきあえずのみこと)

十二柱神社は出雲村の村社
大昔は、神殿がなく「ダンノダイラ」(三輪山の東方1700メートルの
嶺の上にあった古代の出雲集落地)の磐座(いわくら)を拝んだ。
明治の初めごろまで、年に一度、全村民が「ダンノダイラ」へ登って、
出雲の先祖を祀り偲んだ。一日中相撲をしたり遊んだり、食べたりした。(出雲ムラ伝説)
西脇弥之吉氏(当時83才)より聞く。1964年(昭和39年七月)

奈良県桜井市出雲
野見宿祢顕彰会


b0023047_3171857.jpg
金刀比羅神社,嚴島神社。
b0023047_3173383.jpg
武烈天皇社。
b0023047_3174049.jpg
b0023047_3175210.jpg
b0023047_3175887.jpg


b0023047_3181739.jpg
五輪塔。
b0023047_3182241.jpg

出雲ムラの伝誦(でんしょう)
「野見宿祢(のみのすくね)」さん
 日本の国技相撲の発祥(はじまりである)    当麻蹶速(たいまのけはや)と相撲して勝った「野見宿祢」さんは、この「出雲」に住んでいた。野見宿祢塚は明治16年まで、出雲村大字太田小字塔の下にあった。
 「野見宿祢」さんは、相撲の神様であり、埴輪(はにわ)の神様であることが日本書紀に記されている。
   さらに、「野見宿祢」さんは、古墳(こふん)時代に殉死(じゅんし)の悪習をやめて、埴輪に改革したアイデアマンで、知徳の神様でもあった。

五輪塔
 高さ2.85mの巨大な五輪塔は、鎌倉時代のもので野見宿祢塚の上にあった。四面に単独梵字仏(ぼんじぶつ)(20体)と、地輪(じりん)に1字1石経(23)がおさめられている全国でもめずらしい古塔である。
狛犬(こまいぬ)とそれを支(ささ)える力士像
 土師部(はじべ)(上代、土器(どき)づくり部民)の子孫が土器作りの高い技術と経験を石材彫刻に活用した埴輪の味がする芸術作品である。更(さら)に狛犬を支える力士像(8体)は、それぞれ異なった姿形力士像で写実的に力強く表現しており、相撲と埴輪の集大成した傑作である。

「出雲ムラ」の土人形
 明治に初めの頃まで「出雲ムラ」あげて土人形作りをしておった。(窯元(かまもと)10軒、売店30軒、当時ムラ戸数110)。当時の出雲ムラの地場産業(じばさんぎょう)で、ムラは大いに賑わっていた。(日本古代史の周辺-金谷克己著より)その古作品が近年、相次いで発現している。

出雲人形
明治後期から水の徳造氏が、もみがら焼き製法で埴輪説話と結びつけて水野家流の出雲人形を作った。現在、水野佳珠(かず)さんが、後継者として活躍中。

その他
いままで、未知の「出雲ムラ」の古代の姿が、次から次へと発現してきた

奈良県桜井市出雲
野見宿祢顕彰会


b0023047_3182871.jpg

記紀には、次の記述がある。大国主神(大己貴神)は出雲国を拠点に国造りに励んでいたが、協力者である少彦名神が常世国に去ったため思い悩んでいると、突如、海原を照らして神が出現した[6]。その神は「吾はお前の奇魂幸魂である」といい、「吾は大和国、三輪山に住みたいと思う」といったという[6]。その神が大物主神であるが、大物主神は大国主神の子孫であるという説もある[6]。
Wikipedia.ja


歩く・なら/記紀・万葉でたどる奈良/ 『倭王』武と名乗った雄略天皇の拠点へ(記紀ルート07)

ちなみに福岡にも「出雲」の地名があります。

ひもろぎ逍遙:宇佐神宮4 八頭の鍛冶の翁 宇佐と出雲 大神

Panoramio 石津安信:航空写真 Explorer


奈良県桜井市出雲
September 23,2013

by sora07jp2000 | 2013-10-30 04:19 | 神社 | Trackback | Comments(0)
2013年 10月 29日

白山神社 奈良県桜井市

南へ下り,東へ。
脇本遺跡には気づけず,通り過ぎる。
b0023047_345563.jpg
桜井市黒崎,白山神社。
b0023047_3451547.jpg
雄略天皇の泊瀬朝倉宮と推定された所。
今は脇本遺跡の方が有力視されている。
でもすぐそこ。
それにしても,「黒崎」とか「朝倉」とか,「三輪」とか,福岡にもあるんですが。
大いに気になる。
b0023047_3452892.jpg

祭神は菊理媛神(くくりひめのかみ)こと白山比咩命(しらやまひめのみこと)と菅原道真公。『日本書紀』によれば媛神は、伊弉諾尊が黄泉から脱出する際、尊に“ある言葉”をささやいたという白山に鎮座する謎の神だ。

歩く・なら/記紀・万葉でたどる奈良/『倭王』武と名乗った雄略天皇の拠点へ (記紀ルート07)より。

何て言うたっちゃろ。
b0023047_3453174.jpg
b0023047_3453591.jpg
b0023047_3454570.jpg
b0023047_3454974.jpg
艶やかな本殿。
b0023047_346881.jpg
b0023047_3461376.jpg

あ,「桜井」もあったったい。

Panoramio 石津安信:航空写真

奈良県桜井市黒崎
September 23,2013

NIKON D3S

by sora07jp2000 | 2013-10-29 04:14 | 神社 | Trackback | Comments(0)
2013年 10月 28日

狭井神社 狭井坐大神荒魂神社 奈良県桜井市

久延彦神社から歩いて向かう。
b0023047_364034.jpg
狭井神社。
b0023047_365146.jpg
b0023047_37263.jpg
ずいぶん待ったが,人が途切れることはなかった。
b0023047_371068.jpg


御祭神:大神荒魂神(おおみわのあらみたまのかみ)・大物主神(おおものぬしのかみ)・媛蹈鞴五十鈴姫命(ひめたたらいすずひめのみこと)・勢夜多々良姫命(せやたたらひめのみこと)・事代主神(ことしろぬしのかみ)
大神神社HP


b0023047_371911.jpg
b0023047_372657.jpg
御神水の横から本殿。
御神水はたくさんの人で,撮ることができなかった。
b0023047_373719.jpg
登山口。
登りませんでした。
b0023047_375126.jpg
鎮池。
b0023047_375941.jpg
市杵島姫社。
b0023047_38658.jpg

狭井神社:大神神社 携帯サイト
市杵島姫神社大神神社 携帯サイト

Panoramio 石津安信:航空写真

奈良県櫻井市三輪字狭井
September 23,2013

NIKON D3S

by sora07jp2000 | 2013-10-28 03:57 | 神社 | Trackback | Comments(0)
2013年 10月 28日

久延彦神社 奈良県桜井市

大神神社前の渋滞をかいくぐって,辿り着く。
b0023047_2283185.jpg
b0023047_2283576.jpg
大神神社末社,久延彦神社。

学業の守護神・知恵の大神
大神神社末社 久延彦神社
御祭神 久延毘古命(くえびこのみこと)
御例祭 九月一日
入試安全祈願祭 十二月第一日曜日

 (御由緒)
御祭神の久延毘古命は 古事記どこへも足を運ばなくても世の中の事全て知っている神様でに知恵がたいそう優れておられるとして記されています。
それゆえに智恵・学問の神様として信仰を集め、学力向上・各種試験の合格をお守りくださり、今日では就職成就はもとより仕事面においても知識・智力の向上・発展に大きな御力を授けてくださります。
神社案内板


b0023047_2283933.jpg
b0023047_2284410.jpg
b0023047_2284825.jpg
b0023047_2285464.jpg
三輪山の遙拝所。
b0023047_2285795.jpg
b0023047_229226.jpg

拝殿脇に展望所。
b0023047_229643.jpg
b0023047_229113.jpg
b0023047_2291591.jpg
b0023047_2292076.jpg


Panoramio 石津安信:航空写真

奈良県桜井市
September 23,2013

NIKON D3S

by sora07jp2000 | 2013-10-28 02:57 | 神社 | Trackback | Comments(0)
2013年 10月 28日

榎原神社 奈良県桜井市

b0023047_0533295.jpg
大神神社摂社。
b0023047_0533761.jpg
社標は「桧原神社」。
b0023047_0534662.jpg

・祭神:天照大神若御魂神・伊弉諾尊・伊弉册尊
・式内社「巻向坐若御魂神社」。元伊勢の1つ。

大神神社:Wikipedia.ja


伊勢神宮内宮の祭神・天照大御神は皇祖神であり、第10代崇神天皇の時代までは天皇と「同床共殿」であったと伝えられる。すなわちそれまでは皇居内に祀られていたが、その状態を畏怖した同天皇が皇女・豊鋤入姫命にその神霊を託して倭国笠縫邑に移した。

元伊勢:Wikipedia.ja

その笠縫邑の候補地の一つ。
b0023047_0541917.jpg
三ツ鳥居。
伊勢神宮から下賜された用材で造られた。
b0023047_0542538.jpg
豊鍬入姫宮。
昭和61年の創建。
b0023047_0543318.jpg
b0023047_0544090.jpg
b0023047_0544594.jpg
清々しい境内。
b0023047_0545670.jpg
掃除をされていたのであっち行き,こっち行きして撮る。
b0023047_055261.jpg
みかん畑へと続く道。

Panoramio 石津安信:航空写真

奈良県桜井市三輪字桧原
September 23,2013

NIKON D3S

by sora07jp2000 | 2013-10-28 02:12 | 神社 | Trackback | Comments(0)
2013年 10月 27日

穴師坐兵主神社 穴師坐兵主神社・穴師坐大兵主神社・巻向坐若御魂神社 奈良県桜井市

みかん園の中の道。
地域の草取り作業が行われていて,たくさんの人々。
んで,鳥居は撮られず。
b0023047_6131740.jpg
b0023047_6132810.jpg
森閑とした参道。
b0023047_615384.jpg
b0023047_615946.jpg
b0023047_6133732.jpg
応仁の乱による消失,荒廃のため,三つの神社を合祀。
b0023047_6134651.jpg
b0023047_613494.jpg
b0023047_6135558.jpg
b0023047_614617.jpg
左から,大兵主社,兵主社,若御霊社。
御祭神は,大兵主神,兵主神(御食津神),若御魂神(稲田姫命)。Wikipedia.ja
異説あり。
b0023047_6141841.jpg
須佐之男社。
出雲造の祠。
b0023047_6142412.jpg
水神社,橘社,稲荷社。
b0023047_6143894.jpg
天王社。
b0023047_6145174.jpg
上穴師社。
「穴師」は鉄鉱石,砂鉄の採取をしていた部族の名だとか。
b0023047_6145939.jpg
b0023047_6152461.jpg

境外摂社,相撲神社。
森も社も新しく整えられたばかり。
b0023047_616151.jpg
景行天皇陵を望む。

穴師坐兵主神社:Wikipedia.ja

Panoramio 石津安信:航空写真 Explorer

奈良県桜井市穴師
September 23,2013

NIKON D3S

by sora07jp2000 | 2013-10-27 06:50 | 神社 | Trackback | Comments(0)
2013年 01月 10日

稚櫻神社 奈良県桜井市

今回の奈良行きの一番の目的地。
磐余稚櫻(いわれのわかざくら)神社。
神功皇后は皇居を磐余稚櫻宮に構えたとある。
で,この神社の御祭神が,
気息長足姫命=神功皇后, 出雲色男命, 去来穂別命
行かなやろ。
やはり,狭い住宅の中の道。
辿り着くが駐車場なし。
路肩に停めてハザード。
b0023047_5142981.jpg
駆け足で撮る。
b0023047_5143772.jpg
社は小高い丘の上。
b0023047_515541.jpg
b0023047_515435.jpg
b0023047_515733.jpg
b0023047_5151344.jpg
b0023047_5153293.jpg
b0023047_5154151.jpg
向こうに見える丘,古墳?
後で調べたら,どうも地元の人が
「お屋敷」と呼ぶ丘だとか。
宮殿の跡なのかな。

稚櫻神社 玄海松子の記憶
Panoramio 地図 Explorer

奈良県桜井市
December 28,2012

NIKON D3S


by sora07jp2000 | 2013-01-10 06:24 | 神社 | Trackback | Comments(0)