タグ:朝倉市 ( 24 ) タグの人気記事


2014年 03月 11日

◆あまぎ水の文化村 福岡県朝倉市

あまぎ水の文化村。
羽白熊鷲塚がある。
そんときに撮った噴水。
「音楽の泉」
b0023047_01360025.jpg
円形の敷地中央に噴水。
周りの壁面からはクラシック。
包み込まれるように響き渡る。
b0023047_01360888.jpg
それに合わせて変化する噴水。
b0023047_01361423.jpg
虹を生むための霧状の噴射も。
b0023047_01361423.jpg
b0023047_01362089.jpg
b0023047_01363993.jpg
b0023047_01432941.jpg
b0023047_01365564.jpg
b0023047_01370303.jpg
b0023047_01445787.jpg
カスケード階段中央に流れる水,そして滝。
b0023047_01454827.jpg
裏に入る。
b0023047_01462132.jpg
b0023047_01464463.jpg
b0023047_01465709.jpg
b0023047_01471463.jpg
Panoramio 石津安信:地図 Explorer



福岡県朝倉市竹野
January 19,2014

NIKON D3S



by sora07jp2000 | 2014-03-11 01:52 | ◆点描 | Trackback | Comments(0)
2014年 01月 21日

◆羽白熊鷲塚 福岡県朝倉市矢野竹

朝倉へ。
美奈宜神社横の道路を上がる。
佐田川上流,寺内ダムのほとり。
b0023047_04433157.jpg
あまぎ水の文化村
グリーンスポーツゾーンには行ったことがあったが,
こちらはアクアカルチャーゾーンの入口。
無料。
b0023047_04450906.jpg
b0023047_04452769.jpg
b0023047_04454474.jpg
せせらぎ館
その右手前。
b0023047_04461441.jpg
羽白熊鷲塚
本来の塚ではない。
古代,皇軍と戦って敗れた在郷の豪族を偲んで作られたもの。
b0023047_04533822.jpg
せせらぎ館建設前,丸い石が置かれただけの墓があったとのこと。
b0023047_04564903.jpg
b0023047_04570445.jpg
ダム湖
b0023047_04572134.jpg
b0023047_04574017.jpg
展望所
b0023047_04575970.jpg
朝倉,遠く耳納連山。
b0023047_04585533.jpg
ひもろぎ逍遙:羽白熊鷲塚・熊鷲は矢で倒された

福岡県朝倉市矢野竹
2014.1/19

NIKON D3S


by sora07jp2000 | 2014-01-21 05:00 | ◆点描 | Trackback | Comments(0)
2014年 01月 19日

秋月八幡宮 福岡県朝倉市

b0023047_5333594.jpg
b0023047_5334864.jpg
b0023047_534239.jpg
b0023047_5341581.jpg
b0023047_5343028.jpg
b0023047_5344622.jpg
b0023047_7153713.jpg
b0023047_7155066.jpg
b0023047_716336.jpg
b0023047_7161652.jpg
秋月城址から100mほどの山間にある神社です。
人気が無く,静寂そのもの。
ばらばらと降ってくる銀杏の葉の音だけが聞こえました。

ひもろぎ逍遙:秋月八幡宮・ここは羽白熊鷲の聖地か

Panoramio 石津安信:航空写真

朝倉市秋月
2008.11/30



by sora07jp2000 | 2014-01-19 07:56 | 神社 | Trackback | Comments(0)
2014年 01月 11日

◆美奈宜神社の大銀杏 福岡県朝倉市荷原

下古毛から北西へ。
佐田川のほとり。
美奈宜神社の大銀杏を見に。
2012年の10月に訪れた時は色づき少し前だった。

前回→美奈宜神社 寺内 Ⅰ 空 sora そら

b0023047_05113241.jpg
見事に色づいている。
b0023047_05114724.jpg
佐田川,清らかな流れ。
b0023047_05115807.jpg
b0023047_05120395.jpg
b0023047_05120732.jpg
b0023047_05121264.jpg
社叢を彩る銀杏。

Panoramio 石津安信:Explorer
Google ストリートビュー



福岡県朝倉市荷原
November 24,2013

NIKON D3S


by sora07jp2000 | 2014-01-11 05:28 | ◆点描 | Trackback | Comments(0)
2014年 01月 11日

◆下古毛の大クス 福岡県朝倉市

老松神社から出て,しばらく。
見渡すと遠くに大きな樹が見える。
神社かも。
行ってんど。

近づくにつれ,家並みの陰になり時折見えなくなる。
田んぼに囲まれた集落の中の細い道。
あっち行き,こっち行きして辿り着く。

b0023047_04313774.jpg
下古毛集落センターの敷地,社は神社ではなかった。
それにしても大きい。
b0023047_04314355.jpg
b0023047_04484835.jpg
地域の人々に愛されている。

b0023047_04315071.jpg
とても元気に枝を張っている。
b0023047_04321827.jpg
b0023047_04323011.jpg
b0023047_04324563.jpg
b0023047_04330712.jpg
b0023047_04475825.jpg
b0023047_04481203.jpg
b0023047_04481765.jpg
Panoramio 石津安信:Explorer

Google Map ←ストリートビューでも見られます。



福岡県朝倉市古毛
November 24,2013

NIKON D3S


by sora07jp2000 | 2014-01-11 05:02 | ◆点描 | Trackback | Comments(0)
2014年 01月 10日

老松神社 福岡県朝倉市


恵蘇八幡宮から,386号を西へ。
左手に社叢が見える。
行ってんど。

水田と集落の中。
あった。
だが,本殿脇に停めたようなので,鳥居を探す。
ぐるっと集落の中を歩いて一之鳥居。
b0023047_05031482.jpg
b0023047_05034354.jpg
b0023047_05034619.jpg
b0023047_05043428.jpg
b0023047_05050453.jpg
大きな木,楠。
b0023047_05053904.jpg
b0023047_05055184.jpg
老松神社。
b0023047_05312760.jpg
b0023047_05315128.jpg
b0023047_05315537.jpg
b0023047_05321929.jpg
b0023047_05323853.jpg
b0023047_05325716.jpg
b0023047_05330420.jpg
あんまりやろう。
b0023047_05331043.jpg
ねえ。
b0023047_05335621.jpg
b0023047_05340549.jpg
b0023047_05340947.jpg
b0023047_05343764.jpg
b0023047_05354350.jpg
b0023047_05360566.jpg
祭神 菅原神 罔象女神
 祭神罔象女命は、字下古毛に水神社として祭つてあつたのを明治四十二年十月十二日に合祀されている。
  当社説によれば、当社は昔秋月大蔵氏が当国の領主であつた時、對馬守春実に依り菅原大神を勧請し社地を寄進、当村の鎮守として祀るとある。例祭は十月二十七日。
  特殊なお祭りとして「粥だめし」がある。二月十五日に粥を焚き容器に入れ密封し神前に供え、三月初卯の日に之を開け黴のつき具合を見て豊作を占う神事である。
  神社の東方に「織面湊」と云う史蹟がある。昔筑後川がこの辺りを流れていた頃の港の址である。
朝倉町教育委員会
境内掲示由緒

b0023047_05363821.jpg
b0023047_05365322.jpg
b0023047_05371621.jpg
b0023047_05372607.jpg
b0023047_05375138.jpg
b0023047_05375734.jpg
b0023047_05380897.jpg
b0023047_05381475.jpg
b0023047_05383060.jpg
Panoramio 石津安信:Explorer



福岡県朝倉市古毛
November 24,2013

NIKON D3S



by sora07jp2000 | 2014-01-10 05:48 | 神社 | Trackback | Comments(0)
2014年 01月 09日

恵蘇八幡神社 福岡県朝倉市

杷木神社から386号を西へ。
鳥居横の急坂を上がり,本殿脇へ。
b0023047_02550653.jpg
恵蘇八幡宮。
2011年の1月,雪の日に訪れて以来。
b0023047_02574977.jpg
お天気のいい日にまた来ようと思っていた。
b0023047_02580768.jpg
御祭神,応神天皇,斉明天皇,天智天皇。
b0023047_03223492.jpg
・661年,斉明天皇,中大兄皇子(天智天皇)は百済救済の為,筑紫を訪れる。

b0023047_03355856.jpg
・その時に中大兄皇子が,朝倉山天降八幡としてここに祀った。
b0023047_03372367.jpg
・その後,斉明天皇が病のため崩御。
b0023047_03383665.jpg
b0023047_03385815.jpg
・仮埋葬をされた場所が神社の上の山。
b0023047_03425954.jpg
・「斉明帝藁葬地(こうそうち)」
b0023047_03443596.jpg
b0023047_04022322.jpg
・中大兄皇子はその後12日間,木皮のついた丸木で忌み殿を建て,喪に服した。(木の丸殿)
b0023047_03453358.jpg
・また,筑後川のほとりで名月を鑑賞,心の痛みを癒した。
b0023047_04040938.jpg
天智天皇2年,663年,倭国は白村江の戦いで敗北する。

天智天皇は白村江の敗戦のあと,唐・新羅による報復と侵攻を怖れて
北部九州の大宰府の水城(みずき)や瀬戸内海を主とする西日本各地に
古代山城などの防衛砦を築いた。

天智天皇は唐との国交正常化を図り、669年に河内鯨らを遣唐使として派遣した。

671年に天智天皇が急死。

672年壬申の乱。

673年天武天皇即位。

Wikipedia.ja
b0023047_04043575.jpg
・天武天皇期,白鳳元年(673年)斉明,天智天皇の二神霊を勅命により合せ祭り,
恵蘇八幡三柱大神と称した。
b0023047_04272678.jpg
「・」は掲示由緒より

ひもろぎ逍遙さんの記事

Panoramio 石津安信/恵蘇八幡宮 Explorer /酒船石遺跡(斉明期に造られた祭祀施設) 航空写真



福岡県朝倉市山田
November 24,2013

NIKON D3S



by sora07jp2000 | 2014-01-09 05:11 | 神社 | Trackback | Comments(0)
2014年 01月 09日

杷木神社2 福岡県朝倉市

b0023047_01590942.jpg
b0023047_01301488.jpg
朝日受ける社殿。
b0023047_01302198.jpg
b0023047_01303092.jpg
b0023047_01305264.jpg
b0023047_01310606.jpg
b0023047_01314325.jpg
b0023047_01315447.jpg
飛天像。
神仏混淆の名残かな。
b0023047_01315998.jpg
月が覗いている。
b0023047_01322969.jpg
b0023047_01455897.jpg
b0023047_01464049.jpg
b0023047_01473658.jpg
b0023047_01480890.jpg
b0023047_01481783.jpg
b0023047_01485926.jpg
すぐ南を筑後川が流れている。


Panoramio 石津安信:Explorer



福岡県朝倉市杷木池田
November 24,2013

NIKON D3S


by sora07jp2000 | 2014-01-09 02:06 | 神社 | Trackback | Comments(0)
2014年 01月 08日

杷木神社1 福岡県朝倉市

美奈宜神社の大銀杏を見たくて大分道。
杷木ICで下りる。
もどりながら他の神社も探す。
386号線沿い,お社が紅葉と朝日に照り映えている。
以前から神社があるのは知っていて通り過ぎていた。
行ってんど。
b0023047_04464737.jpg
杷木神社。
由緒書きが二つ。

第二十六代継体天皇の御代の筑紫の豪族磐井が反乱を起こした時に朝廷では,鹿鹿火大連(あらかいのおおむらじ)に命じて討伐を命じたが磐井が余りにも強力のため,苦戦に陥った時,この神社の前に幣帛を捧げ祈願されてからは,草木の風になびくが如くに平定することが出来たと言われています。
 珍しい行事として,春秋二回行われる鎮祭(ちんざい)があります。日本の神々は十月に出雲大社に神集いがあり行くが,杷木神社の祭神はそれには参加せず一年中氏子の安全と豊作を守って働き続けているので,年二回はゆっくりと休まれることになっています。これが鎮まつりで大きな声を出すことはもちろん歌舞音曲を停止,下肥等のにおいをさせず,生の木や竹を切ることも禁じられています。
行事関係
◆鎮祭(春) 三月二十三日〜二十六日
◆春市    三月二十七日
◆よど    七月二十六日
◆夏越祭(輪越し) 七月二十九日
◆鎮祭(秋) 十二月二十五日〜二十七日
杷木町教育委員会・杷木町観光協会 平成元年十一月
社頭掲示由緒

祭神
伊弉諾尊(イザナギ) 伊弉冊尊(イザナミ)
大己貴命(オオナモミノミコト) 武甕槌命(タケミカヅチノミコト)

例祭
春大祭 三月二十七日
夏 祭 七月二十六日
夏越祭 七月二十九日
霜月祭 十二月十五日
鎮 祭
 三月二十三日〜二十六日
 十二月二十五日〜二十七日
田植祭 六月初午

杷木町教育委員会
杷木町観光協会   平成元年十一月

磐井の乱は,継体天皇21年,西暦521年。
それからだとすると相当な古社。
社が建ったのはその後かも知れんけど。
b0023047_04465577.jpg
出雲大社の神集いに参加しないというのが面白い。
いや,何か歴史があるのだろう。
b0023047_04465944.jpg
b0023047_04470403.jpg
b0023047_04470845.jpg
b0023047_04471111.jpg
b0023047_05165479.jpg
b0023047_05171685.jpg
b0023047_05201681.jpg
b0023047_05204151.jpg
見事なケヤキ。
樹齢400年と書いてあった。
b0023047_05222896.jpg
b0023047_05225166.jpg
うさぎ!
b0023047_05231868.jpg
b0023047_05233362.jpg
「構え獅子」スタイル!
b0023047_05245891.jpg
b0023047_05250306.jpg
b0023047_05341934.jpg
Panoramio 石津安信:Explorer



福岡県朝倉市杷木池田
November 24,2013

NIKON D3S


by sora07jp2000 | 2014-01-08 05:40 | 神社 | Trackback | Comments(0)
2012年 11月 13日

◆老松神社 朝倉市下渕

再び来た道もどる。
朝倉市下渕。
集落と田んぼん中。
老松神社。
b0023047_5402813.jpg
ぽっこりと社叢。
b0023047_5403671.jpg
ど〜んと大木。
b0023047_5404970.jpg
お社は樹々が作る森の中。
b0023047_540595.jpg
b0023047_541370.jpg
b0023047_541845.jpg
b0023047_5411210.jpg
b0023047_5412121.jpg
b0023047_5412615.jpg
b0023047_5413380.jpg
おっきな樹がたくさん。
b0023047_5413759.jpg
何百年て立っとるとやろうね。

b0023047_5415197.jpg
b0023047_5415550.jpg

b0023047_542087.jpg

b0023047_5414413.jpg


b0023047_5424237.jpg
※iPhone5

ひもろぎ逍遙:老松神社(下渕) 熊鷲の本拠地が見える

Panoramio 石津安信:地図 Explorer

朝倉市下渕
2012.10/20

NIKON D3S


by sora07jp2000 | 2012-11-13 05:53 | 神社 | Trackback | Comments(0)