タグ:寺 ( 103 ) タグの人気記事


2016年 10月 11日

◆崇福寺 長崎県長崎市鍛冶屋町


長崎県長崎市鍛冶屋町
黄檗宗 聖寿山 崇福寺
b0023047_04183864.jpg
三門


b0023047_04211708.jpg
b0023047_04211964.jpg
b0023047_04212401.jpg
b0023047_04212987.jpg

b0023047_04222897.jpg
第一峰門 (だいいっぽうもん)
b0023047_04233254.jpg
b0023047_04233606.jpg
b0023047_04234126.jpg
四手先三葉栱 (よてさきさんようきょう)

b0023047_04253372.jpg
大雄宝殿 (だいゆうほうでん)

b0023047_04260362.jpg

b0023047_04273533.jpg
b0023047_04273984.jpg
b0023047_04285400.jpg
b0023047_04290118.jpg
b0023047_04291360.jpg
媽祖堂 (まそどう)

b0023047_04302755.jpg

b0023047_04304467.jpg
媽祖門より鐘鼓楼
b0023047_04353479.jpg
護法堂 (ごほうどう)

b0023047_04381275.jpg

長崎観光情報「ここは長崎ん町」/




長崎県長崎市鍛冶屋町
August 20,2016

NIKON D3S






by sora07jp2000 | 2016-10-11 04:44 | ◆点描 | Trackback | Comments(0)
2015年 11月 15日

◆東林寺・くじら石・唐泊 福岡県福岡市西区宮浦

福岡市西区宮浦。
漁村の集落の上。
b0023047_04353887.jpg

東林寺(とうりんじ)
 この寺は,臨済宗妙心寺派(りんざいしゅうみょうしんじは)の寺で, 栄西(ようさい)(1141〜1215)が二度目の渡宋(1187)から帰国したあと建立したものです。
 集落の背後の丘陵があるという立地が宋の東林寺に似ていることから,この名が付けられたと云われています。
 境内には,栄西が修行に使用したと云われる「座禅石」,「栄西禅師像」, 「万葉歌碑(まんようかひ)」があります。
 ここから見下ろす唐泊(からどまり)港は,古くから天然の良港として知られており, 湾に南面するため,奈良時代の遣新羅使(けんしらぎし)はここで風待をして,朝鮮半島へ向かったと云われています。 そのため,ここに渡航者の宿が置かれたことから韓亭(からどまり)と呼ばれました。
 また,江戸時代には,能古(のこ),浜崎,今津,宮浦(みやのうら) と並び、 「筑前五ヶ浦廻船(ちくぜんごかうらかいせん)」の港として栄えました。
b0023047_04390524.jpg

筑前国志摩唐泊之図
唐泊と隣の宮浦の海岸を中心に,今津,能古島,志賀島などに囲まれた博多湾西部の海の様子を示す絵図です。天然や人工の波戸があり,多くの船が風波を避けることができました。

西区役所
平成14年3月

b0023047_04395516.jpg
b0023047_04400862.jpg
b0023047_04403616.jpg
b0023047_04405593.jpg
b0023047_04404669.jpg
b0023047_04412478.jpg
くじら石

くじら石
 唐泊は,博多の海の玄関として,古くから開運の湊,漁師の浦として栄え,藩政時代の五ヵ浦廻船の根拠地でした。
 この千石船を係留するため,海中の大岩に穴を開け,船をつないだのが,この「つなぎ石」です。
 外浦から内浦にかけて,大小のつなぎ石がありましたが,海岸工事のため埋め立てられました。
 この二つ石は,記念に引揚げられて,ここに移し置かれたものです。
 明治時代,寄り鯨を見つけると,浦の漁師が総出して,くじら網で岸に引き寄せ,この石に縄でつないだことから,「くじら石」とも呼ばれるようになりました。

平成十一年三月   福岡市漁業協同組合
組合長  塚原 博

b0023047_04413524.jpg
志賀島,能古島。
b0023047_04413935.jpg
b0023047_04414661.jpg
福岡県福岡市西区宮浦
October 25,2015

NIKON D3S




by sora07jp2000 | 2015-11-15 04:48 | ◆点描 | Trackback | Comments(0)
2015年 11月 14日

◆聖福寺 福岡県福岡市博多区

福岡市博多区。
b0023047_03595960.jpg
b0023047_04000609.jpg
鐘楼
b0023047_04002815.jpg
山門

建久6年(1195年)に日本の臨済宗開祖の栄西が南宋より帰国後に、
宋の人が建立した博多の百堂の跡に寺院を創建した。こ
れが日本最初の本格的な禅寺であり、禅道場である。

Wikipedia.ja

b0023047_04004270.jpg

b0023047_04005728.jpg
仏殿

b0023047_04012611.jpg
b0023047_04013353.jpg

b0023047_04015228.jpg
b0023047_04060194.jpg
b0023047_04062864.jpg
庫裡
b0023047_04070498.jpg

聖福寺 公式HP

Panoramio 石津安信:Explorer



福岡県福岡市博多区御供所
October 25,2015

NIKON D3S



by sora07jp2000 | 2015-11-14 04:12 | ◆点描 | Trackback | Comments(0)
2015年 05月 16日

◆雲巌禅寺・五百羅漢・霊巌洞 熊本県熊本市西区

b0023047_02495073.jpg
b0023047_02495525.jpg
雲巌禅寺

b0023047_02501816.jpg
五百羅漢

b0023047_02502753.jpg
b0023047_02511616.jpg
b0023047_02512888.jpg
b0023047_02514412.jpg
b0023047_02515438.jpg
霊巌洞
b0023047_02520398.jpg
b0023047_02525856.jpg
b0023047_02530885.jpg
b0023047_02533493.jpg
b0023047_02533967.jpg
b0023047_02535377.jpg
b0023047_02540192.jpg
b0023047_02540666.jpg
雲巌禅寺 霊巌洞:Wikipedia.ja
Panoramio 石津安信:Explorer




熊本県熊本市西区松尾町平山
April 11,2015

NIKON D3S



by sora07jp2000 | 2015-05-16 03:06 | ◆点描 | Trackback | Comments(0)
2014年 07月 12日

◆光明寺 福岡県福岡市西区小田

旧糸島郡北崎村。
海沿いの54号線から西に少し入った集落。
その奥,山へと続く道。
熊野神社を目指す。
途中,階段があったが通り過ぎる。
ぐるりと回り上り詰めると境内。
b0023047_06243653.jpg
b0023047_06244472.jpg
光明寺観音堂。
説明板があった。

光明寺(こうみょうじ)(小田観音堂(こたかんのんどう))
 この寺は,神亀(しんき)5年(728年)に,聖武天皇の勅願寺(ちょくがんじ)として法隠禅師(ほういんぜんじ)が開山となり建立されました。当時は,七堂伽藍(しちどうがらん)が立ち並び,祈祷殿(きとうでん)や鐘撞堂(かねつきどう),ふもとには大門もありました。
 ご本尊の千手観音(小田観音)は,清賀上人(せいがしょうにん)(生没年未詳)の作で,「福岡三観音(他は仙如寺大悲王院(せんにょじだいひおういん)の雷山観音,正覚寺(しょうかくじ)の油山観音)」の一つと伝えられています。脇立は十一面観音と不空羂索(ふくうけんじゃく)観音です。
 また,ここは和銅6年(713年)に始まった日本最古の観音霊場と云われる「九州西国霊場」の第13番札所にもなっています。
 小田支石墓(こたしせきぼ)は,昭和10年(1935年)に,光明寺の東に位置する小田砂丘遺跡において発見されましたが,現在では大石の一部が残されるのみとなっています。
b0023047_06274460.jpg
平成14年3月
西区役所
境内案内板

b0023047_06283118.jpg
b0023047_06283502.jpg
b0023047_06285080.jpg
大日寺。
b0023047_06292277.jpg
観音堂奥に吉元大明神,大日寺脇から熊野神社へと通じている。

b0023047_06442516.jpg
麓にある染井土,庚申塔。


光明寺址
 小田小賦倉にあり,光明寺と呼ふ。昔此山の邊に清賀上人(一説空也上人)建立の大伽藍ありて萬歳山光明寺と號し,七堂備り巨刹なりしが,一時兵火に罹りて廃絶せしと云ふ。今観音堂あり。國中三十三所第十三番の札所なり。本尊は千手観音(長七尺五寸託摩作)にて,脇立は十一面(長六尺五寸)六臂(四尺五寸),多聞持國二天)各長4尺)等の像あり。又朽木の古佛像五あり。境内に大日堂あり。七堂の址は観音堂に上りゆく坂路の左右にあり。各所石佛を立て表とせり。子院六坊(古園坊,花園坊,赤江坊,水上坊,杉谷坊,明光坊)ありしが今は観音堂の西北に其名のみ圃の字に残れり。又山下に大門と云ふ所あり,是往古の寺門の址なりと云ふ。

染井土
小田の来た河原園にあり,徑三尺深二間,清流にて常に炊事に用ふ。昔空也上人光明寺に詣て掛錫を志し此井の水にて法衣を洗ひけるが忽に緇に染みぬ,故に此名ありと云ふ。



福岡県福岡市西区小田
May 24,2014

NIKON D3S





by sora07jp2000 | 2014-07-12 06:37 | ◆点描 | Trackback | Comments(0)
2014年 06月 02日

◆八大龍王 福岡県福岡市西区今津

今津に来たのは地図に「八大龍王」が記載されていたから。
浜崎からのびる砂州,洲ノ崎。
そこに神社マーク。
b0023047_02223581.jpg
b0023047_02225570.jpg
裏から。
b0023047_02233034.jpg
b0023047_02234105.jpg
b0023047_02234827.jpg
「八大龍王」は仏教の神。
ただ,ここのお祭りは浜崎の熊野神社が行っているよう。
神仏混淆。
b0023047_02243653.jpg
鳥居もある。
b0023047_02245975.jpg
b0023047_02251079.jpg
b0023047_02251760.jpg
b0023047_02252265.jpg

一.創立
(一一六八〜一一八七年)明菴栄西(鷲峰山壽福寺開山千光禅師)
一.祭神
龍族の王 難陀(ナンダ)・跋難陀(ボッナンダ)・沙羯羅(シャカラ)・和修𠮷(ワシュウキツ)・徳叉迦(トクシャカ)・阿那婆達多(アナバタッタ)・摩那斯(マナシ)・優鉢羅(ウハラ)各龍王


一.由緒
栄西禅師が中国(宋)渡航(第一回目)一,一六八年の折暴風雨にあい八大龍王の籠により九死に一生を得て無事宿願を達した報恩の意味で自作の八体の龍王像(木彫)を現在地に奉納されたものであります。海の安全祈願の社として住民の信望が厚い
(続風土記附録 其の他より)
※以下略
社殿内掲示由緒

石祠:昭和二十三年七月十八日

八大龍王:Wikipedia.ja




福岡県福岡市西区今津
May 04,2014

NIKON D3S



by sora07jp2000 | 2014-06-02 02:32 | ◆点描 | Trackback | Comments(0)
2014年 05月 14日

◆薬師堂 福岡県糸島市二丈満吉

二丈満吉。
天満宮出て,地図を見る。
山手の方に神社はないやろか?
GoogleMapには見あたらず…
地理院の地図に神社マーク。
行ってんど。
細い山間の道を上がる。


急に開け,田畑,集落。
唐原(とうばる)地区。
降り注ぐ春の光。
眺めもいいので停めて撮る。
b0023047_04015870.jpg
集落抜けてまた山道。
到着。
b0023047_04305745.jpg
薬師堂,神社ではなかった。

奈良時代(神亀元年)724年,雷山仙如寺と同じ頃建立されたのであろうといわれています。

 毎年4月12日に行われる祭礼の日には,昭和期まで近郷近在から沢山の人々が訪れ,屋台が出るほどの賑わいであったと伝えられています。

 今日でも唐原の人々によって大切に護られています。
社前掲示板

かなりの山奥,よほどの人気だったのだろう。
b0023047_04353837.jpg
b0023047_04354443.jpg
b0023047_04354819.jpg
b0023047_04374168.jpg
社の向こうから水音。
b0023047_04381566.jpg
小さな滝。
後で分かったのだが,もう少し行くと千寿院の滝がある。
b0023047_04395200.jpg
b0023047_04401308.jpg
下りる。
b0023047_04403136.jpg
再び唐原。
b0023047_04411719.jpg
b0023047_04413061.jpg
薬師堂方面。
b0023047_04415290.jpg
b0023047_04420138.jpg
調べるとここは平家落人の里だった。

糸島市観光協会HP「糸島日和」/平家落人の里・唐原(とうばる)

悲しくも,心温まる里。

Panoramio 石津安信:Explorer



福岡県糸島市二丈満吉
April 6,2014

NIKON D3S



by sora07jp2000 | 2014-05-14 04:51 | ◆点描 | Trackback | Comments(0)
2014年 05月 05日

◆観世音堂 福岡県糸島市長野

長野川を遡る。
b0023047_03565914.jpg
GoogleMapには無いが,地理院地図に神社記号。
行ってんど。
b0023047_03581639.jpg
川に面した農道から南方向。
b0023047_03585893.jpg
その後ろに入口。
b0023047_03593097.jpg
巨岩と祠。
b0023047_03595298.jpg
b0023047_04000993.jpg
神社ではなかった。
b0023047_04003238.jpg
本尊,観世音菩薩。
不動明王,多聞天も昭和57年に祀られた。
この後伺う,白糸の熊野神社についての筑前国続風土記の記述の中に
「社の下に古佛の観世音あり。」とあった。
かなり遠いが,ここの事だろう。
b0023047_04050620.jpg
b0023047_04051966.jpg
b0023047_04053115.jpg
b0023047_04054453.jpg
岩は祀られていない様子。
b0023047_04063318.jpg
集落を見守るように建っている。

第七十六番 長野 本尊観世音菩薩 糸島西部八十八ヶ所
堂内額

光明新四国第十二番本尊正観世音 長糸村字長糸
堂内額

昭和五十七年 開眼供 雷山座主 龍鳳
奉 新造立 不動明王 多聞天王 御尊像為天下泰平国土安穏也
七月吉祥日 施主 別□(處?)組合
堂内札

Panoramio不調,UPしたものが反映されない。



福岡県糸島市長野
April 6,2014

NIKON D3S



by sora07jp2000 | 2014-05-05 04:13 | ◆点描 | Trackback | Comments(0)
2014年 02月 13日

◆法起寺 2 奈良県生駒郡斑鳩町

b0023047_04335790.jpg
b0023047_04341214.jpg
b0023047_04344230.jpg
b0023047_04344956.jpg
b0023047_04351814.jpg
b0023047_04362152.jpg
b0023047_04363522.jpg
b0023047_04365776.jpg
b0023047_04380334.jpg
b0023047_04382312.jpg
b0023047_04385976.jpg
b0023047_04392306.jpg
b0023047_04395200.jpg
法起寺:公式サイト Wikipedia.ja

Panoramio 石津安信:航空写真 Explorer



奈良県生駒郡斑鳩町
December 23,2013

NIKON D3S



by sora07jp2000 | 2014-02-13 04:50 | ◆点描 | Trackback | Comments(0)
2014年 02月 12日

◆法起寺 1 奈良県生駒郡斑鳩町

斑鳩,法起寺へ。
b0023047_04254470.jpg
駐車場なく,遠くに停めて歩く。
b0023047_04255321.jpg
聖徳太子建立七大寺の一つ。
法隆寺地域の仏教建造物の一部として世界遺産に登録されている。
b0023047_04255880.jpg
三重塔,706年の建立。
天武天皇13年(684年)に起工,慶雲3年(706年)に至って完成。
b0023047_04313277.jpg
南大門。
b0023047_04315248.jpg
西門,入口。
b0023047_04323121.jpg
b0023047_04330744.jpg
b0023047_04333750.jpg
1300年を越える歴史。
b0023047_04342337.jpg
聖天堂。
1863年再建。
b0023047_04362654.jpg
b0023047_04351587.jpg
講堂。
1694年の再建。
b0023047_04365455.jpg
b0023047_04370885.jpg
b0023047_04372566.jpg
b0023047_04374912.jpg

法起寺:公式サイト Wikipedia.ja

Panoramio 石津安信:航空写真 Explorer



奈良県生駒郡斑鳩町
December 23,2013

NIKON D3S



by sora07jp2000 | 2014-02-12 04:49 | ◆点描 | Trackback | Comments(0)