<   2016年 07月 ( 3 )   > この月の画像一覧


2016年 07月 26日

大祖神社 福岡県鞍手郡小竹町赤地

小竹町赤地
b0023047_04201558.jpg
b0023047_04202848.jpg
b0023047_04203599.jpg
b0023047_04204754.jpg
b0023047_04205294.jpg
b0023047_04210000.jpg
b0023047_04210448.jpg
b0023047_04214375.jpg
大祖神社
 祭神は伊弉諾命、伊弉冉命です。
 昔、疫病が流行したときに、大祖山山上の樟に霊光があるのをみて、鉾、弓などをささげて祭り祈ったところ、霊験があったといわれています。
 村人たちによって、康応元年(一三八九)に神社が創建されました。
 例祭は、毎年十月十四日に行われています。
 筑前名島の小早川隆景の臣、岩見重太郎が慶長四年(一五九九)諸国武者修行の途中、大祖神社に参詣しました。そのとき、村人たちから大狒狒に毎年娘を人身御供にする話を聞いて、娘の身代わりとなり、これを退治して、村人の難儀を救ったという伝説があります。
 山上には、狒狒退治をしたという祠が現在も残っています。

社前掲示由緒板

b0023047_04242428.jpg
b0023047_04242973.jpg
b0023047_04244641.jpg
b0023047_04245167.jpg
b0023047_04245956.jpg
b0023047_04250318.jpg
b0023047_04253522.jpg
b0023047_04254381.jpg
b0023047_04255397.jpg
b0023047_04260640.jpg
村社 大祖神社 鞍手郡小竹町大字赤地字小谷
祭 神
伊弉諾命、伊弉並命
由 緒
古来より当村鎮座の社なり昔時より大祖山と言う山の上に樟一樹あり此木に鎮座有之由申伝う其後本殿一宇造営す今の社是なり明治五年十一月三日村社に定めらる。
例祭日
十月十三日より十四日迄
境内坪数
二千三百二十五坪
氏子区域及戸数
氏子百五十戸
境内神社
須賀神社
八幡神社


Panoramio 石津安信:Explorer



福岡県鞍手郡小竹町赤地
June 26,2016

NIKON D3S



by sora07jp2000 | 2016-07-26 04:32 | 神社 | Trackback | Comments(0)
2016年 07月 23日

南良津神社 福岡県鞍手郡小竹町南良津

小竹町南良津。
b0023047_03590637.jpg
b0023047_03592615.jpg
b0023047_03593379.jpg
b0023047_03594727.jpg
b0023047_03595728.jpg
b0023047_04000112.jpg
b0023047_04000571.jpg
b0023047_04004248.jpg
b0023047_04004789.jpg
b0023047_04010155.jpg
b0023047_04012736.jpg
村社 南良津神社 鞍手郡小竹町大字南良津字丸山
祭 神
大己貴命、伊奘諾命、少奈彦命、伊弉册命
由 緒
宝永五年戊子春御德村の本社より勧請すと言伝ふ其後本殿大破享保八年癸卯春建立明治五年十一月三日村社に被定
例祭日
九月二十五日より二十六日迄
主なる建造物
神殿、幣殿、拝殿
境内神社
天満神社(菅原道真公)

福岡県神社誌 上巻

b0023047_04073039.jpg
b0023047_04074187.jpg
b0023047_04074824.jpg
b0023047_04075948.jpg
b0023047_04082585.jpg
b0023047_04083466.jpg
b0023047_04083813.jpg
b0023047_04084598.jpg
b0023047_04085601.jpg
b0023047_04090581.jpg
この神社は宝永5年(1709年)御徳吉野の蔵王権現により勧請した産神である。
祭神:太巳貴命 小名産命

小竹町教育課社会教育係

【由来等】
 1752(宝暦2)年、豊作が8年も続いた南良津村では、村役の思い立ちで南良津蔵王権現社を南良津神社に改め、大鳥居の奉献と感謝の獅子舞を「秋のおくんち」に奉納した。次の年から夏の豊作祈願に若者たちにより舞われたのが南良津獅子舞の始まりと伝えられている。

【活動の歴史】
 第二次大戦中も中断する事なく続けられていたが昭和40年頃、人手不足のため中断した。数年後、地区有志たちが話し合った結果、子供獅子舞を誕生させることとなり、南良津獅子保存会を発足し、現在に至る。

【芸能を行う理由・目的】
 五穀豊穣、家内安全、無病息災

【舞・踊りの特徴】
 前楽、道楽、古楽、面々舞、出端の5種類の舞いが、南良津地区には伝えられているが、継承が難しく、現在は前楽、道楽、古楽を主に舞っている。前楽(1分)は雌雄が寄り添い向き合いながら舞う。道楽(2分)は雌雄が並び、低い姿勢で舞う。古楽(5分)は雌雄がゆっくり組み合いながら舞う。

福岡民俗芸能ライブラリー

Panoramio 石津安信:Explorer



福岡県鞍手郡小竹町南良津
June 26,2016

NIKON D3S



by sora07jp2000 | 2016-07-23 04:17 | 神社 | Trackback | Comments(2)
2016年 07月 03日

井手神社 福岡県遠賀郡遠賀町木守 2016.05.04

b0023047_03285951.jpg
b0023047_03291230.jpg
b0023047_03292520.jpg
b0023047_03292962.jpg
b0023047_03293765.jpg
b0023047_03294131.jpg
b0023047_03294930.jpg
b0023047_03321930.jpg
木守井手神社由緒
一、祭神
罔象女神(みずはのめのかみ)…水を掌る神
闇龗神…(くらおかみのかみ)雨を掌る神
埴安神…(はにやすのかみ)…土を掌る神
境内社
須賀神社(素盞嗚命)…向かって右
御霊神社(大巳貴命・少彦名命 御霊八所神)…左

一、由緒
 創祀年代は不詳なるも、寛政七年(一七九五)の棟札に五〇〇年以上と記録されているので、七〇〇年以上前の創建と思われる。
 昔は四方四〇〇米余、大木守(古宮とも云う)と云う所に鎮座していたが、寛政七年(一七九五)この地に移された。その後、神殿は享和二年(一八〇二)の火災に焼失後再建、拝殿は安政年間(一八五〇年代)に建て替えられた。現在の神殿は大正十二年(一九二三)拝殿は昭和十四年(一九三九)に再建されたものである。
 古くは、山口、大内家より祭料寄付があり、明徳二年(一三九一)五月五日六斗六升、九月十日一石の御祀り入目米との記録が残っている。
一,祭事
◎元旦祭 一月一日
◎ドンド焼き 正月明けの日曜日
◎お獅子祭 六月初旬
◎夏祭(子供神輿) 七月下旬
◎秋祭(宮日(くにち))
◎宮座十二月初旬日曜日
(平成二十一年九月 小川文彦(青渓)謹書)

境内掲示由緒板

b0023047_03322478.jpg
b0023047_03374223.jpg
b0023047_03375272.jpg
b0023047_03380103.jpg
b0023047_03382304.jpg
b0023047_03385451.jpg
須賀神社
b0023047_03390088.jpg
御霊神社

b0023047_03395753.jpg
b0023047_03400975.jpg
b0023047_03403349.jpg
村社 井手神社 遠賀郡遠賀村大字木村字西
祭 神
罔象賣命、闇龗神、埴安姫命
由 緒
不詳、明治五年十一月三日村社に定めらる。
例祭日
十月九日
神饌幣帛料供進指定
大正十二年四月十二日
主なる建造物
三百二十六坪
氏子区域及戸数
木守 百戸
境内神社
須賀神社(素盞嗚命)
御霊神社(大巳貴命、少彦名命、御霊八所神)

Panoramio 石津安信:Explorer



福岡県遠賀郡遠賀町木守
May 04,2016

NIKON D3S




by sora07jp2000 | 2016-07-03 03:48 | 神社 | Trackback | Comments(0)