<   2015年 12月 ( 7 )   > この月の画像一覧


2015年 12月 31日

八龍神社 福岡県筑紫郡那珂川町


筑紫郡那珂川町,上梶原。
b0023047_05505714.jpg
b0023047_05511013.jpg
八龍神社
b0023047_05511605.jpg
b0023047_05514396.jpg
b0023047_05514700.jpg
b0023047_05521209.jpg
b0023047_05521586.jpg
村社 八雷(竜の誤植か?)神社 筑紫郡安徳村大字上梶原字楠木
祭 神
 高龗神
由 緒
 不詳,明治五年十一月三日村社に定めらる。
例祭日
 陰暦十月初午日
主なる建造物
 神殿,拝殿,向殿
境内坪数
 千二百十九坪
氏子区域及戸数
 五十六戸
境内神社
 日 神社
福岡県神社誌 中巻

b0023047_05551563.jpg
b0023047_05552630.jpg
b0023047_05552934.jpg
b0023047_05560909.jpg

b0023047_05553648.jpg
b0023047_05554172.jpg
Panoramio 石津安信:Explorer


福岡県筑紫郡那珂川町
December 05,2015

NIKON D3S



by sora07jp2000 | 2015-12-31 05:58 | 神社 | Trackback | Comments(0)
2015年 12月 30日

■夜明け 2015.12.02

b0023047_04423731.jpg
6:25
b0023047_04441132.jpg
b0023047_04441727.jpg
b0023047_04442255.jpg
b0023047_04442921.jpg
福津市渡
December 02,2015

NIKON D3S



by sora07jp2000 | 2015-12-30 04:45 | ■空 | Trackback | Comments(0)
2015年 12月 29日

平野神社 福岡県大野城市牛頸

大野城市牛頸
b0023047_06022906.jpg
b0023047_06023414.jpg
b0023047_06024574.jpg
b0023047_06025528.jpg
b0023047_06030700.jpg
b0023047_06031111.jpg
b0023047_06031665.jpg
b0023047_06032226.jpg
平野宮由緒
祭神
 本殿 今木神(いまきのかみ) 久度神(くどのかみ)
    古開神(ふるあきのかみ) 比咩神(ひめのかみ)
 奥宮 大鷦鷯命(おおささぎのみこと)「仁徳天皇」
由緒
正暦二年(九九一年)京都平野神社の御分霊を筑紫の牛頸に勧請鎮祭する。
大竜寺山山頂に奥宮として後に仁徳天皇を奉祀する。
本宮の平野神社は延喜式名神大社二十二社の五位にして官幣大社。
貞応元年(一二二三年)筑紫鎮護の祈祷料として御笠,筵田,志摩,肥前,豊前に社領を勅賜さる。
古代の牛頸は須恵器を伝え作った人々の邑であった。
境内末社 嚴島社「市杵島姫命」天神社「埴安姫命」菩薩堂 忠魂社「牛頸在住の戰死者」
昭和五十六年七月記之
社頭掲示由緒板

村社 平野神社 筑紫郡大野村大字牛頸字平野
祭神
 大鷦鷯尊
由緒
古老の口碑に存するものは,正暦年西國鎮守の爲に勸請したるよし。貞應元年十月十六日祈祷料として筑前肥前豊前國の内にて数百町歩の田畑勅に依り寄附,太宰少貳資賴の執達状等郡観世音寺の什物として有之由,宮居昔兵火の爲焼失したるならん。
明治五年十一月三日村社に定めらる。
例祭日
 舊暦十月十九日
主なる建造物
 本殿,弊殿,拝殿,社務所
氏子区域及戸数
 大字牛頸區 戸数一百二十戸
境内神社
 嚴島神社(市杵島姫命)
 天神社(埴安姫命)

b0023047_06315504.jpg
b0023047_06320715.jpg
b0023047_06321637.jpg
b0023047_06322176.jpg
b0023047_06323419.jpg
b0023047_06323954.jpg
Panoramio 石津安信:Explorer



福岡県大野城市牛頸
November 28,2015

NIKON D3S



by sora07jp2000 | 2015-12-29 06:35 | 神社 | Trackback | Comments(0)
2015年 12月 28日

■月と星 2015.11.08

b0023047_06234608.jpg

November 08,2015

NIKON D3S


by sora07jp2000 | 2015-12-28 06:24 | ■空 | Trackback | Comments(0)
2015年 12月 28日

■夜明け,月,星 2015.11.06

b0023047_05583690.jpg
6:06
b0023047_05584062.jpg
b0023047_05585880.jpg
b0023047_05590212.jpg
b0023047_05590688.jpg
b0023047_05591008.jpg
b0023047_05591414.jpg
b0023047_05591959.jpg
6:12

福津市渡
November 06,2015

NIKON D3S



by sora07jp2000 | 2015-12-28 06:01 | ■空 | Trackback | Comments(0)
2015年 12月 15日

住吉神社 福岡県春日市須玖北

春日市,須玖北の住宅街の中。
b0023047_03553073.jpg
b0023047_03553501.jpg
b0023047_03554715.jpg
b0023047_03562350.jpg
b0023047_03563195.jpg
住吉神社縁起
表筒男命,中筒男命,底筒之男命の住吉三神を祭神とし,境内神に猿田彦大明神をまつっています。 11月の第1日曜日に執り行われる例祭は,海神の祭祀を色濃く反映した行事で,神前にお供えした大鯛2尾を前庭で焚き火して焼き,宮座全員が塩をつけて柳箸で食べ,五穀豊穣と家内安全を祈願するというものです。由緒としては「筑前国続風土記付録」に「住吉大神社ヲヲシモ十戸の産神なり 祭る所住吉三神なり 此祠を三の宮と称す」とあります。

住吉神社のナギの杜
1963(昭和38)年1月9日指定
 ナギはマキ科の暖帯性常緑高木(学名 Podocarpus nagi)で,沖縄,台湾,中国南部等広範囲に分布し,大きい物では,樹高20m,直径60cm程に達します。葉は長さ6cm,幅2cmくらいの皮針形または楕円状皮針形を対生し,葉質は厚く,20〜30本の縦に走る強い平行葉脈を持ち,主脈はありません。横にはなかなか切れにくいことから,チカラシバの呼び名があります。雌雄別株で,10月頃には球形で10〜15mm位の果実がオリーブ色に熟します。
 1977(昭和52)年には春日市の「市の木」に選定されました。
 住吉神社の境内には大小75本のナギが群生しています。このナギの杜がいつ頃つくられたのかは不明ですが,かつては,神社の改築のたびに,この叢林のナギを伐採して,住吉宮の建築用材に用いたということです。そのため,あまり大きな木はありませんが,このように70本以上も群生したナギの叢林は珍しく,1963(昭和38)年に福岡県の天然記念物に指定されました。
 ナギは「凪ぎ」に音が通じることから,航海安全に尊崇されていたようです。この切れにくい強靱な葉を,古くから鏡の裏やお守り袋の中に入れて災難除けとする風習が各地に見られます。須玖においては,縁結びのお守りとして,婚儀の際に花嫁が衣装の中にはさむという習わしがありました。また,昔から地元では互いに葉の端を持って引っ張り合い,切れた葉の大きさを競う子どもの遊びにも使われていたということです。
社頭掲示板

b0023047_03593710.jpg
b0023047_03594233.jpg
b0023047_03595589.jpg
b0023047_04000799.jpg
Panoramio 石津安信:Explorer



福岡県春日市須玖北
November 03,2015

NIKON D3S



by sora07jp2000 | 2015-12-15 04:03 | 神社 | Trackback | Comments(0)
2015年 12月 12日

熊野神社 福岡県春日市岡本

春日市岡本。
那国の丘。
b0023047_04283310.jpg
b0023047_04284955.jpg
b0023047_04290540.jpg
b0023047_04291235.jpg
b0023047_04292001.jpg

熊野神社
祭神
 伊弉諾尊
 伊弉冉尊
祭礼
 元旦祭 一月一日
 春 祭 四月十五日
 苗代祭 五月十五日
 祗園祭 七月十五日
 夏 祭 八月七日
 秋 祭 十月十七日(祭典は協議の上日曜日に実施)

一四四九〜一四五一
宝徳年間 岡本の先人此の地を選び祖神を奉祀

一六一五〜一六二三
元和年間 清三郎清四郎金六大作の四名が本殿を建立

一七一二
正徳二年 社殿再建時棟木である萬歳棟に以上を記録保存
(以上吉村家古文書)

一六八七
貞和五年 土製の狛犬一対須玖村邑清五郎奉納
(筑陽記)

一七〇五
安永二年 元禄元年
熊野権現社須玖村枝村岡本に在り
(筑陽記)

一七一〇
宝永七年 氏子中絵馬奉納 □永七祀

一七九三〜一七九八
寛政五年〜十年 熊野権現社・神殿・拝殿・鳥居・岡本八
産霊・拝殿は山下に在り鎮座不詳
(筑前続風土記付録)

一七八九〜一八〇一
寛政年間 百姓和作鉾を鋳る型の石を掘り出す
(筑前続風土記拾遺)

一八一五
文化十二年 神額奉納 庄屋竹末種安

一八一五
文化十二年 石灯籠奉納 熊野宮

一八一五〜一八六二
文化十二年 文久年間 熊野権現岡本に在り 岡本・野添・新村(沖)等の産神なり祭礼九月七日 奉祀博多天野氏
(筑前続風土記拾遺)

一八六三
文久三年 熊野宮岡本村産神 祭礼九月七日
祭神 伊弉諾尊 伊弉冉尊
(筑前国続風土記付録)(神社再調子書上帳)

一八七二〜一八七七
明治五年〜十年 熊野神社須玖枝村岡本の産神なり
祭礼九月七日
(福岡県地理全誌)

平成四年十月吉日
熊野神社氏子中

境内掲示版

熊野神社 祭典

一月一日  元旦祭
四月十五日 春 祭
五月十五日 苗代祭
七月十五日 祗園祭
八月七日  夏 祭(七夕ドンカン祭)
十月十七日 秋 祭 (祭典日は協議決定)
十二月三十一日 大晦日の大祓(厄払い祭)

拝殿掲示版

b0023047_04300008.jpg
b0023047_04301104.jpg
b0023047_04303101.jpg
b0023047_04305205.jpg

須玖・岡本遺跡
 春日市の中央を南北に走り福岡平野に突出した春日丘陵上には,弥生時代の貴重な遺跡が密集し,須玖・岡本遺跡はこの丘陵の北端に位置しています。
 明治32年,大石の下より甕棺が発見され,その内外から前漢鏡30数面,銅剣,銅矛,銅戈,ガラス璧,ガラス勾玉など多数の副葬品が出土しました。その後,発掘調査も数回行われ,遺跡の内容も徐々に明らかになりつつあります。
 須玖・岡本遺跡は弥生時代中ごろの極めて有力な集団の墓地と考えられ,大石下の甕棺墓は奴国の王墓に推定されています。
 また,周辺の遺跡から出土している多量の青銅器鋳型は,等地周辺が弥生時代に文化の中心地として栄えていたことを物語っています。
b0023047_04411871.jpg

地図の説明
A・B 昭和4(1929)年 京都帝国大学調査
C・D   甕棺墓11基確認
     銅剣1口,銅鏡片,管玉1個 出土
E・F 昭和37(1962)年 九州抱き額福岡県教育委員会合同調査
     甕棺墓19基,土壙墓3基確認
     銅剣,銅戈各1口,鉄刀1口,胴釧3個
     ガラス勾玉1個,ガラス小玉38個出土
G   昭和54(1979)年 福岡県教育委員会調査
     甕棺墓13基確認
     銅剣1口,小形ぼ仿製鏡1面出土

春日市教育委員会

境内掲示版

須玖岡本遺跡と熊野神社の銅矛鋳型
b0023047_04455501.jpg


 この銅矛の鋳型は,江戸時代に近くの畑で発見されたもおで,熊野神社の宝物として大切にされてきました。完全な形で残された鋳型は珍しく,また,広形銅矛の製作技法を知る手がかりとして大変貴重なもので,国の重要文化財に指定されています。須玖岡本遺跡の周辺ではこのほかにも多くの青銅器の鋳型が発見されています。

 ここ熊野神社の境内から見下ろす北側の一帯が須玖岡本遺跡です,弥生時代の遺跡としては全国的にも屈指の内容を誇り,明治32年に奴国王墓が発見されてから,度々行われている発掘調査でも重要な発見が相次ぎ,この地は奴国王とその親族や側近らの墓地と考えられるようになりました。


Wikipedia.ja 須玖岡本遺跡
春日市那国の丘歴史資料館

Panoramio 石津安信:Explorer



福岡県春日市岡本
November 03,2015

NIKON D3S



by sora07jp2000 | 2015-12-12 04:53 | 神社 | Trackback | Comments(0)