<   2015年 11月 ( 18 )   > この月の画像一覧


2015年 11月 27日

宝満宮 福岡県福岡市博多区井相田

福岡市博多区井相田。
農地も点在する住宅街。
b0023047_03025484.jpg
b0023047_03030202.jpg
宝満宮
b0023047_03031796.jpg
b0023047_03032292.jpg
b0023047_03033539.jpg
b0023047_03034009.jpg
b0023047_03034545.jpg
b0023047_03035445.jpg

村社 寳滿宮 筑紫郡那珂町大字井相田字猿楽田
祭 神
 玉依姫命
由 緒
 不詳,明治五年十一月三日村社に定めらる。
例祭日
 十月十七日
神饌幣帛料供進指定
 昭和二年三月十七日
主なる建造物
 本殿,渡殿,拝殿,社務所
境内坪数
 四百二坪
氏子区域及戸数
 大字井相田 百五十戸

福岡県神社誌 中巻

鳥居:「享保十年歳次乙巳首夏之日告戌」「庚寅之嵐庄屋忠八□(典?興?)一村之百姓改造焉」
   「文政戊子之秋大風柱顛扁折」
   「本邑領主郡正大夫輝成 家臣城戸市右衛門 幷産人等剏立」

b0023047_03131338.jpg
b0023047_03132422.jpg
b0023047_03134190.jpg
b0023047_03142070.jpg
b0023047_03150058.jpg
b0023047_03151502.jpg
b0023047_03152556.jpg
Panoramio 石津安信:Explorer



福岡県福岡市博多区井相田
November 03,2015

NIKON D3S




by sora07jp2000 | 2015-11-27 03:18 | 神社 | Trackback | Comments(0)
2015年 11月 25日

仲島地禄神社 福岡県大野城市仲畑

大野城市仲畑の住宅街。
b0023047_04165394.jpg
仲島地禄神社
b0023047_04172016.jpg
b0023047_04173057.jpg
b0023047_04175135.jpg
b0023047_04175582.jpg
b0023047_04181836.jpg

仲島地禄神社縁起

祭 神
 埴安命(はにやすのみこと)
縁 起
 鎮座の初めは詳らかではない。
由 緒
埴安命は日本神話の中で伊邪那岐 伊邪那美の二柱の神から生まれられた。農耕社会における土地の神である。
地禄とは大地から与えられている幸いであり,土地を富ませるの意味である。
御神体
本殿内の飾屋形の中に径二〇センチメートルの宝鏡一面が納められている。
祭 礼
四月十五日(春ごもり)
七月十五日(夏ごもり)
九月十五日(秋ごもり)
十月一日(宮座)
     現在は前後の日曜日
本殿 弊殿及び拜殿
 本殿・拝殿は明治十三年(一八八〇)に前面改築し,弊殿は大正十年(一九二一)に新築していたが,弊殿・拝殿は老朽化により平成十九年(二〇〇七)に改築した。
 虚空蔵堂(虚空蔵菩薩,毘沙門天,多聞天の三仏を祀る)
 ■(藪?)神様(通称クロンサン又はオクロンサンと呼ぶ)
     赤司岩雄誌
境内設置縁起碑

村社 地禄神社 筑紫郡大野村大字仲嶋字居屋敷
祭 神
 埴安命
由 緒
 不詳,明治五年十一月三日村社に定めらる。
例祭日
 舊暦九月十九日
主なる建造物
 本殿,弊殿,拝殿
境内坪数
 三百二十七坪
氏子区域及戸数
 大字仲嶋區 戸数二十六戸

b0023047_04221906.jpg
b0023047_04230684.jpg
b0023047_04223056.jpg
b0023047_04224584.jpg
b0023047_04225047.jpg

Panoramio 石津安信:Explorer



福岡県大野城市仲畑
November 03,2015

NIKON D3S




by sora07jp2000 | 2015-11-25 04:26 | 神社 | Trackback | Comments(0)
2015年 11月 24日

乙金宝満神社 福岡県大野城市乙金

大野城市乙金。
乙金山の麓,九州自動車道の西。
b0023047_03174916.jpg
乙金宝満神社。
b0023047_03180280.jpg
b0023047_03232929.jpg
b0023047_03234388.jpg
b0023047_03241897.jpg
b0023047_03242182.jpg
乙金 宝満神社由来
赤司岩雄記
祭神
 玉依姫命
 神宮皇后
 八幡神(應神天皇)
鎮座
 文禄四年(一五九七)八月中村御陵の宝満宮から,当村御手洗の古宮の地に勧請し,元禄年間(一六八八〜一七〇四)に現在地に遷宮されたと伝える。中座に玉依姫命,左座に神功皇后,右座に八幡神(應神天皇)を祀る
御神格
 日本創生神話の中で,天孫邇芸命の御子彦火火出見命(山幸彦)は海神の宮に行き,海神豊玉彦の長女豊玉昆売命との婚姻により,生まれられたのが鵜葺草葺不合命である。
 当社の祭神玉依昆売命は豊玉昆売命の妹であり,後に鵜葺草葺不合命の妻となって,神倭伊波礼昆古命(神武天皇)をお産みになった。海神は海水の干満を自由にできる力があるということから,その娘玉依昆売命は竈門山(宝満山)の頂きに鎮座されて水分の神となり,この地方一帯の水を支配されたので,水田耕作農民に密接に結びつく守り神として尊崇られた。
 玉依姫の玉は神霊,依は神の憑り代の意で,神聖な女性を現す神名である。
 後に神功皇后と應神天皇を相殿に祀るが,その理由は,粕屋郡宇美において神功皇后が應神天皇をお産みになるとき,宝満山の益影の水を産湯とされたためであるという。
境内社
 八大龍王社
 観音堂
平成二年八月吉日奉納
境内掲示版

宮座の歴史
 元禄年中(約三〇〇年前)乙金宝満宮が現在の勝地(乙金古野八五四番地)に移る,その跡地を神田とし,産民十一家が交代で耕し毎年九月十九日,その田で稔った米を清酒にし神に捧げてお祭りしたと伝えられる。
(乙金邑宝満大神社記 髙原謙治郎翁記述より)
 その祭祀を現在も宮座として受け継ぎ,毎年十月第三日曜神殿に供物をし新藁にて注連縄を奉納してきた。
 ここに先人の遺徳を偲び乙金宝満宮に狛犬一対を奉納する。
 平成十年十二月吉日
宮座一同
狛犬基台銘文

b0023047_03284507.jpg
b0023047_03285012.jpg
b0023047_03291709.jpg
b0023047_03292907.jpg
b0023047_03294777.jpg
b0023047_03295464.jpg
b0023047_03300450.jpg

村社 寳滿神社 筑紫郡大野村大字乙金字古野
祭 神
 玉依姫命,誉田別尊,息長帯姫命
由 緒
 文禄四年乙未八月御笠郡中村より本村字御手洗舊古宮へ勧請,元禄年中同所より當社地へ移轉と言傳ふ。明治五年十一月三日村社に定めらる。
例祭日
 舊暦九月十九日
主なる建造物
 本殿,拝殿
境内坪数
 四百三十五坪
氏子区域及戸数
 大字乙金區 戸数六十五戸
境内神社
 山神社(大山咋命)

福岡県神社誌 中巻


Panoramio 石津安信:Explorer



福岡県大野城市乙金
November 03,2015

NIKON D3S



by sora07jp2000 | 2015-11-24 03:34 | 神社 | Trackback | Comments(0)
2015年 11月 22日

山田宝満宮 福岡県大野城市山田

b0023047_03160110.jpg
b0023047_03161147.jpg
b0023047_03162320.jpg
b0023047_03163326.jpg
山田 宝満宮縁起
福地通義記
祭神
 玉依姫命
鎮座
 延宝年間(江戸時代前期)西暦一六一三ー一六八〇の間に,旧中村御陵の宝満から分霊勧請し,旧山田村堀■に鎮座。
旧山田村の本村は,御笠の森の周辺にあったが,やはり延宝年間に現在の高地に移った。 御笠の森周辺の地は畑詰や仲嶋地区と同様に,御笠川の増水に基づく洪水になやまされたので,本村を移転したのである。
祭神 玉依姫命の神格
 神代の昔,天照大御神の御孫,□□藝尊(ににぎのみこと)が,高天の原から豊葦原水穂國に天降りして,笠沙のみさきで,木花之佐久夜毘売(このはなさくやひめ)に会い,結婚して,海幸彦,山幸彦(彦火々出見尊)をおうみになった。
この山幸彦が,海神(わたつみのかみ)の宮(みや)にいき,海神の娘豊玉姫(とよたまひめ)との間に生まれた神が,鵜葺草葺不合尊(うがやふきあえずのみこと)である。
 この宝満宮の祭神,玉依姫命は,豊玉姫の妹で,後に鵜葺草葺不合尊のつまとなり,神武天皇をおうみになった。もともと海神に,海水の干満を自由にすることのできる神であったので,その娘,玉依姫命は,宝満山の頂(いただき)に坐して水分神(みくまりのかみ)となり,この地方一帯の水を支配されるので水田耕作農民の守り神となられたのである。

境内社 一堂 天神社
 木彫 御神像一体 天神像なるべし。

境内掲示版

村社 寳滿神社 筑紫郡大野村大字山田字寳松
祭 神
 玉依姫命,神功皇后宮
由 緒
不詳,明治五年十一月三日村社に定めらる。祭神神功皇后宮は同大字々三笠森無格社三笠森神社として祭祀ありしを明治四十四年六月一日合併許可
例祭日
 舊暦九月十九日
主なる建造物
 本殿,拝殿
氏子区域及戸数
 大字山田區 戸数四十戸
境内神社
 天滿神社(菅原大神)

福岡県神社誌 中巻

b0023047_03164198.jpg
b0023047_03204905.jpg
b0023047_03205332.jpg
b0023047_03210839.jpg
b0023047_03223994.jpg
b0023047_03224479.jpg
b0023047_03230952.jpg
Panoramio 石津安信:Explorer



福岡県大野城市山田
November 03,2015

NIKON D3S




by sora07jp2000 | 2015-11-22 03:26 | 神社 | Trackback | Comments(0)
2015年 11月 19日

地禄神社 福岡県大野城市白木原

大野城市白木原。
b0023047_04584959.jpg
地禄神社。
b0023047_04585440.jpg
b0023047_04590680.jpg
b0023047_05020807.jpg
b0023047_05021303.jpg
b0023047_05023024.jpg

地禄神社
祭神 埴安命
縁起
 神社創建の時期は,詳らかではない。
 日本創生神話の中に伊邪那岐命と伊邪那美命が大八嶋國を創り,諸々の神々をお生みになったと記されている。
 祭神埴安命は,伊邪那美命が火の神迦具土神をお生みになったため,その火に炙かれておなくなりになろうとする時に,生まれられた神と伝えられる。
 古事記には,波邇夜須毘古神・波邇夜須毘売神とあり,日本書紀には,土神埴山姫と記され土地の神といわれる。埴は和名類聚抄に「土薫而細密火埴,和名浪爾」とある。
 この神を祀る地禄神社の地禄とは,大地から与えられる幸であり,土地を富ませる意味があることから,農耕社会の生産を司る神として崇められてきた。

例祭日 四月十五日(春ごもり)
    七月十五日(夏ごもり)
    十一月十一日(宮座)

南嶂書

境内掲示版

村社 地禄神社 筑紫郡大野村大字白木原字後原
祭 神
 埴安命
由 緒
 不詳,明治五年村社に定めらる。
例祭日
 舊暦九月十五日
主なる建造物
 本殿,弊殿,拝殿
境内坪数
 一百六十八坪
氏子区域及戸数
 大字白木原區 戸数六十四戸


狛犬:「大正十五年十一月」「浮羽郡姫治村小塩 石工 髙浪■太」

b0023047_05031917.jpg
b0023047_05032778.jpg
b0023047_05033163.jpg
b0023047_05034188.jpg
b0023047_05034736.jpg
b0023047_05035188.jpg
Panoramio 石津安信:Explorer



福岡県大野城市白木原
November 03,2015

NIKON D3S





by sora07jp2000 | 2015-11-19 05:06 | 神社 | Trackback | Comments(0)
2015年 11月 17日

◆今山より今津湾 2015.10.25

b0023047_04402323.jpg
b0023047_04402798.jpg



福岡県福岡市西区横浜
October 25,2015

NIKON D3S



by sora07jp2000 | 2015-11-17 04:43 | ◆点描 | Trackback | Comments(0)
2015年 11月 17日

釜蓋地禄神社 福岡県大野城市大城

大宰府ICの北の集落内。
大野城市大城。
b0023047_04270201.jpg
釜蓋地禄神社。
b0023047_04270615.jpg
b0023047_04271340.jpg
b0023047_04282656.jpg
b0023047_04283504.jpg
b0023047_04284035.jpg

地禄神社 縁起
祭神 埴安命(はにやすのみこと) 埴安姫命(はにやすのひめのみこと)
鎮座
鎮座の初めは詳(つまびらか)かでない。宝永六年(一七〇九)に編纂(へんさん)された「筑前風土記」を初め江戸時代の地誌には「うど」と言う所に地禄神社ありと言う御神座は元禄二年(一六八九)瓦田元宮とある。
神格
祭神埴安命,埴安姫は日本創生神話の中で,伊邪那岐,伊邪那美の二柱の神から土の神として生まれた方である。
江戸時代の地誌類には「地禄三郎天神社」或いは「地禄天神社:と記録されている様に「天神」又は「田神」と呼ばれていたのであるが,明治以降は「地禄神社」と称する様になった。
地禄とは大地から与えられる幸であり土地を富ませるの意味である。農耕社会に密接に結び付いた,土と水の神として祀られた神社である。
釜蓋地禄神社
明治二十二年瓦田地禄神社より遙拝所として分身建立される。
昭和二十七年一月本殿老朽化の為建て変える。
祭礼
四月十五日 春まつり
七月十五日 夏まつり
十月十五日 宮座
宮座は瓦田九つの組と釜蓋三つの組で十二番制にてとり行う。
平成十五年二月吉日建立
境内掲示版

b0023047_04311542.jpg
b0023047_04312264.jpg
b0023047_04313235.jpg
b0023047_04320806.jpg
Panoramio 石津安信:Explorer



福岡県大野城市大城
November 03,2015

NIKON D3S




by sora07jp2000 | 2015-11-17 04:34 | 神社 | Trackback | Comments(0)
2015年 11月 16日

二見ヶ浦 櫻井神社宇良宮 福岡県糸島市志摩桜井 

糸島市志摩桜井の北の海岸,二見ヶ浦。
b0023047_04485232.jpg
b0023047_04485882.jpg
b0023047_04490542.jpg
櫻井神社宇良宮
b0023047_04491047.jpg
御祭神
伊弉諾命,伊弉冉命

b0023047_04491680.jpg
櫻井神社HP



福岡県糸島市志摩桜井
October 25,2015

NIKON D3S



by sora07jp2000 | 2015-11-16 04:52 | 神社 | Trackback | Comments(0)
2015年 11月 15日

◆東林寺・くじら石・唐泊 福岡県福岡市西区宮浦

福岡市西区宮浦。
漁村の集落の上。
b0023047_04353887.jpg

東林寺(とうりんじ)
 この寺は,臨済宗妙心寺派(りんざいしゅうみょうしんじは)の寺で, 栄西(ようさい)(1141〜1215)が二度目の渡宋(1187)から帰国したあと建立したものです。
 集落の背後の丘陵があるという立地が宋の東林寺に似ていることから,この名が付けられたと云われています。
 境内には,栄西が修行に使用したと云われる「座禅石」,「栄西禅師像」, 「万葉歌碑(まんようかひ)」があります。
 ここから見下ろす唐泊(からどまり)港は,古くから天然の良港として知られており, 湾に南面するため,奈良時代の遣新羅使(けんしらぎし)はここで風待をして,朝鮮半島へ向かったと云われています。 そのため,ここに渡航者の宿が置かれたことから韓亭(からどまり)と呼ばれました。
 また,江戸時代には,能古(のこ),浜崎,今津,宮浦(みやのうら) と並び、 「筑前五ヶ浦廻船(ちくぜんごかうらかいせん)」の港として栄えました。
b0023047_04390524.jpg

筑前国志摩唐泊之図
唐泊と隣の宮浦の海岸を中心に,今津,能古島,志賀島などに囲まれた博多湾西部の海の様子を示す絵図です。天然や人工の波戸があり,多くの船が風波を避けることができました。

西区役所
平成14年3月

b0023047_04395516.jpg
b0023047_04400862.jpg
b0023047_04403616.jpg
b0023047_04405593.jpg
b0023047_04404669.jpg
b0023047_04412478.jpg
くじら石

くじら石
 唐泊は,博多の海の玄関として,古くから開運の湊,漁師の浦として栄え,藩政時代の五ヵ浦廻船の根拠地でした。
 この千石船を係留するため,海中の大岩に穴を開け,船をつないだのが,この「つなぎ石」です。
 外浦から内浦にかけて,大小のつなぎ石がありましたが,海岸工事のため埋め立てられました。
 この二つ石は,記念に引揚げられて,ここに移し置かれたものです。
 明治時代,寄り鯨を見つけると,浦の漁師が総出して,くじら網で岸に引き寄せ,この石に縄でつないだことから,「くじら石」とも呼ばれるようになりました。

平成十一年三月   福岡市漁業協同組合
組合長  塚原 博

b0023047_04413524.jpg
志賀島,能古島。
b0023047_04413935.jpg
b0023047_04414661.jpg
福岡県福岡市西区宮浦
October 25,2015

NIKON D3S




by sora07jp2000 | 2015-11-15 04:48 | ◆点描 | Trackback | Comments(0)
2015年 11月 14日

◆聖福寺 福岡県福岡市博多区

福岡市博多区。
b0023047_03595960.jpg
b0023047_04000609.jpg
鐘楼
b0023047_04002815.jpg
山門

建久6年(1195年)に日本の臨済宗開祖の栄西が南宋より帰国後に、
宋の人が建立した博多の百堂の跡に寺院を創建した。こ
れが日本最初の本格的な禅寺であり、禅道場である。

Wikipedia.ja

b0023047_04004270.jpg

b0023047_04005728.jpg
仏殿

b0023047_04012611.jpg
b0023047_04013353.jpg

b0023047_04015228.jpg
b0023047_04060194.jpg
b0023047_04062864.jpg
庫裡
b0023047_04070498.jpg

聖福寺 公式HP

Panoramio 石津安信:Explorer



福岡県福岡市博多区御供所
October 25,2015

NIKON D3S



by sora07jp2000 | 2015-11-14 04:12 | ◆点描 | Trackback | Comments(0)