<   2014年 06月 ( 24 )   > この月の画像一覧


2014年 06月 28日

西宮神社 福岡県糸島市岩本

二丈浜窪の高嶽神社を目指す。
海沿いの城山に鎮座。
集落抜け,もの凄い坂を車で上がる。
社頭,由緒碑を撮っていたら羽音。
ここにもオオスズメバチ,退散。
(__;)
んで,加布里へ。
牧のうどん本店すぎて北側の住宅街へ。
神在と岩本の境。
b0023047_04114738.jpg
西宮神社。
鳥居銘,「享保二十年六月吉日 再建 當村氏子中」
享保20年=1735年
もうすぐ300年。

社地の住所は岩本。
b0023047_04151319.jpg
二の鳥居は昭和6年に合祀された巖島神社のもの
b0023047_04163066.jpg
b0023047_04164223.jpg
b0023047_04164673.jpg
狛犬,奉納された方々の名しか見あたらなかった。
b0023047_04222297.jpg
魚,打ち出の小槌。
b0023047_04243290.jpg
こちらにも魚,鯛かな。
b0023047_04251653.jpg
御祭神
大國主命,事代主命
糸島郡誌

蛭子命,大國主命,事代主命,市杵島姫
福岡県神社誌

b0023047_04275867.jpg
b0023047_04282362.jpg
b0023047_04284016.jpg
b0023047_04285972.jpg
b0023047_04291101.jpg
b0023047_04292449.jpg
加也山。
b0023047_04294321.jpg
b0023047_04302522.jpg
「明治四十一年九月」
b0023047_04303874.jpg
大正のもの,何年かは読み取れなかった。
b0023047_04321379.jpg
「明治十九年一月建之」
b0023047_04331690.jpg
「天明三癸卯歳 六月吉祥日」
天明3年=1783年
b0023047_04341431.jpg
b0023047_04340901.jpg


(加布里町)
村社 西宮神社
大字岩本字西にあり。
祭神大國主命,事代主命。
祭日十一月二十日。
元和三年丁巳寺澤志摩守此村を開拓し,同六年庚申創建す。
糸島郡誌

村社 西宮神社 糸島郡前原村大字岩本字西
祭 神
蛭子命,大國主命,事代主命,市杵島姫命
由 緒
創立元和三年唐津城主寺澤志摩守此村開發の上村中鎮守となす同六年勧請と云い伝ふ,貞享四丁卯年本殿を再建又享保元年申年本殿を再建す,寳暦八戊寅十月神殿再建又文化六己十一月再建,明治五年十一月三日村社に定めらる。
祭神市杵島姫命は千早新田字茂り田に村社巖島神社として祭祀ありしを昭和六年七月六日許可を得て合祀。
例祭日
十一月二十日
主なる建造物
神殿,渡殿,拝殿
境内坪数
百二十二坪
氏子区域及戸数
前原町十字岩本,千早 五十戸
福岡県神社誌 中巻

元和六年=1620年
鳥居:享保二十年六月吉日 再建 當村氏子中:享保20年=1735年
狛犬:「奉獻 鏡海謹書」「岩本同志會員(旧字体:ム+貝)」個人名あり
汐井台:明治四十一(六?)年九月
灯籠:明治十九年一月建之
石鉢(?):天明三癸卯歳 六月吉祥日:天明3年=1783年

Panoramio 石津安信:Explorer



福岡県糸島市岩本
May 11,2014

NIKON D3S



by sora07jp2000 | 2014-06-28 04:41 | 神社 | Trackback | Comments(0)
2014年 06月 27日

天満宮 福岡県糸島市二丈松末

増江神社から東へ,松末稲荷神社を目指す。
が,入り損ねても少し東へ行った集落の中へ。
細い道,三叉路曲がることもできず,一度空き地へ。
そっからまた細い道を西へ。
ぽっかりと広くなる道。
そこに鳥居。
b0023047_03434079.jpg
天満宮。
GoogleMapには「松末天満宮」となっている。
b0023047_03451195.jpg
b0023047_03452402.jpg
b0023047_03454362.jpg
b0023047_03460870.jpg
b0023047_03464006.jpg
b0023047_03465282.jpg
b0023047_03471896.jpg
b0023047_03472365.jpg
「明治四十二年十一月吉日 加布里 石工 冨永才吉」
と,しゃがんで銘を読んでいたら,後ろで羽音。
振り向くとオオスズメバチ!
完全にこっち向いて威嚇している。
そおおっと下がる。
少し追ってくるが,狛犬を巻くように旋回を始める。
さらにそおおおっと下がる。
境内出る。
危ないとこやった。
(__;)
でも諦めきれずに境内脇の道路から撮影。
b0023047_03555693.jpg
b0023047_03570071.jpg
御祭神
菅公,瓊々杵尊
糸島郡誌

大日高日古火瓊々杵尊,菅原神
福岡県神社誌

ここにも瓊々杵尊が祀られている。
b0023047_03593807.jpg
b0023047_03593038.jpg
b0023047_04001535.jpg
b0023047_04003371.jpg
冬にまた伺います。

(深江村)
村社 天滿宮
大字松末字屋敷の内にあり。
祭神菅公,瓊々杵尊。
祭日九月二十五日。

村社 天滿宮 糸島郡深江村大字松末字屋敷の内
祭 神
大日高日古火瓊々杵尊,菅原神
由 緒
不詳,明治五年十一月三日村社に定めらる。
例祭日
旧九月十三日
主なる建造物
神殿,弊殿,拝殿
境内坪数
百四十五坪
氏子区域及戸数
四十戸

狛犬:明治四十二年十一月吉日 加布里 石工 冨永才吉
灯籠:昭和四年十月廾五日 加布里中町 施主 油屋

Panoramio 石津安信:Explorer



福岡県糸島市二丈松末
May 11,2014

NIKON D3S



by sora07jp2000 | 2014-06-27 04:11 | 神社 | Trackback | Comments(0)
2014年 06月 26日

増江神社 福岡県糸島市二丈松末

河口の天満宮から同じ集落内の北西。
道が狭いので田圃脇に車停め,歩いて行く。
b0023047_03291224.jpg
b0023047_03292711.jpg
b0023047_03294484.jpg
b0023047_03301272.jpg
増江神社。
b0023047_03303304.jpg
b0023047_03305066.jpg
b0023047_03310975.jpg
天満宮と同じ,拝殿向こうに階段。
b0023047_03314786.jpg
b0023047_03320480.jpg
恐ろしく急な階段。
b0023047_03322697.jpg
b0023047_03332146.jpg
御祭神,瓊々杵尊
b0023047_03362350.jpg
b0023047_03363587.jpg
b0023047_03365486.jpg
b0023047_03371658.jpg
b0023047_03373384.jpg
b0023047_03375990.jpg
庚申神。
b0023047_03384865.jpg

(深江村)増江神社 大字松末下松末にあり。祭神 瓊々杵尊。祭日 九月二十五日。


Panoramio 石津安信:Explorer



福岡県糸島市二丈松末
May 11,2014

NIKON D3S



by sora07jp2000 | 2014-06-26 03:46 | 神社 | Trackback | Comments(0)
2014年 06月 25日

天満宮 (片山神社) 福岡県糸島市二丈松末

今宿バイパスを上深江交差点で下りて西へ。
202号に突き当たって北へ。
一貴山川と松末羅漢川が合流する広い河口。
入り海と言ってもいいのかも知れない。
橋渡って二丈松末。
b0023047_03331596.jpg
対岸は二丈深江,そして二丈岳。


糸島郡誌 p.531
深江村
第一章 沿革
南に二條岳の高峰を負い北松末片山の連丘西走して大崎の突角となり海に入るの間,数百町歩の沃野を擁し人家五百人口三千の大村をなせる處是れ深江の地なり。上古は神功皇后の征韓役の要津にして鎭懐石を以て著はれ,大寳令軍制にも此地に驛馬を設定せられたり。
伝説に據れば深江は平城平安両朝頃迄は現今の上深江の地にありて,一貴山深江両村及び長糸浦の一部に跨り深く灣入したる良港なりしが,漸次土砂のため埋沒せられ,平安末期より此の地に移されたりと。そは當地の氏神たる深江神社(祭神寳滿天滿両宮)が上深江の地より當地に移りたるが土御門院建仁三年なりと云ふを以てなり。

p.537
海濱
西南大田の隅より直北羅漢の洲口至る迄松數町の間を怡土濱と稱す。白砂青松相連なり,寄せては返す小波の汀を洗ふ清麗の風光愛すべし。
(略)
此の海濱に唐圖貝とて淺利貝に似て其の文美はしく味ひの之に優れる一種の貝あり。神功皇后三韓より齎し給へるものといふ。


b0023047_03362699.jpg
天満宮。
拝殿内の額の社名。
WEBの地図ではどれも「片山神社」となっている。
住所は二丈松末だが,片山の村社だった。
神社向かいにあるのも片山公民館。

b0023047_04440664.jpg
「天保十四癸卯年□(歳)四月」
1843年。
b0023047_04462776.jpg
b0023047_04464415.jpg
b0023047_04465819.jpg
b0023047_04471567.jpg
b0023047_04472525.jpg
b0023047_04481410.jpg
御祭神
菅公,高男神,倉男神。

闇龗神と高龗神は同一の神、または、対の神とされ、その総称が龗神であるとされる。 『古事記』においては、淤加美神の娘に日河比売(ひかはひめ)がおり、スサノオの孫の布波能母遅久奴須奴神(ふはのもぢくぬすぬのかみ)と日河比売との間に深淵之水夜礼花神(ふかふちのみづやれはなのかみ)が生まれ、この神の孫が大国主神であるとしている。
Wikipedia.ja:淤加美神

b0023047_04543602.jpg
敷地が狭く引きがないので,Photoshopで繋ぎました。
b0023047_04552052.jpg
b0023047_04553544.jpg
b0023047_04555169.jpg
b0023047_04561488.jpg
b0023047_04563605.jpg
b0023047_04565077.jpg
b0023047_04570997.jpg
b0023047_04572782.jpg
b0023047_04581671.jpg

(深江村)
村社 天滿宮
大字片山字西にあり。
祭神菅公,高男神,倉男神。
祭日九月二十五日。

村社 天滿宮 糸島郡深江村大字松末字西
祭 神
菅原神,高男神,倉男神
由 緒
不詳,往古同村大崎の地に鎮座ありしを中古当地に移転すると言い伝う。片山村民松末村に居住せしを以て片山村村社としたるものなり,明治五年十一月三日村社に定めらる。
例祭日
旧九月十三日
主なる建造物
神殿,拝殿
境内坪数

百五十三坪
氏子区域及戸数
四十戸

鳥居:天保十四癸卯年□(歳)四月
天保14年=1843年

Panoramio 石津安信:Explorer



福岡県糸島市二丈松末
May 11,2014

NIKON D3S



by sora07jp2000 | 2014-06-25 05:04 | 神社 | Trackback | Comments(0)
2014年 06月 23日

加茂神社 福岡県糸島市二丈福井

加茂川の上流へ。
山道をくねくねと上る。
標高400m,ぽっかりと辺りが開ける。
加茂川をせき止めた湖。
ぐるっと廻る。
途中から未舗装路。
その道が途絶えた所に鎮座。
b0023047_03250527.jpg
加茂神社。
現像して気づいたが,空の雲,まるで龍のよう。
b0023047_03262597.jpg
文政10年,1827年の鳥居。
b0023047_03273750.jpg
b0023047_03275646.jpg
b0023047_03284867.jpg
b0023047_03285369.jpg
b0023047_03291075.jpg
御祭神,別雷命。

糸島郡誌,福岡県神社誌共に「加茂」も「賀茂」も付けられていない。

b0023047_03361179.jpg
b0023047_03363472.jpg
b0023047_03364695.jpg
女岳。
b0023047_03371478.jpg
b0023047_03373109.jpg
b0023047_03380015.jpg

(福吉村)
村社 加茂神社
大字福井真名子字宮後に在り。
祭神 別雷命。
祭日 旧二月十二日,八月二十八日。
元禄十一年戊寅徳川氏より神供田を除地せられし文書あり。
(文書略)

村社 加茂神社 糸島郡福吉村大字福井字宮の後
祭 神
別雷命
由 緒
当社伝記は旧中津藩より借上になり其後川附村旧村長川上六右衛門より度々催促と雖とも下渡なく外に縁起等無之明治五壬申年十一月三日村社に定めらる。
元禄十一年戊寅四月徳川氏より六斗九升四合神供田を除地せららるとの事あり,往古は祭儀盛大なりしと云ふ。
例祭日
八月二十八日
主なる建造物
神殿,弊殿,拝殿
境内坪数
百二坪
氏子区域及戸数
福吉村 真名子 十四戸

鳥居:文政十年歳丁亥冬十一□□

Panoramio 石津安信:Explorer

Panoramioの地図表示が回復しない,
それどころか,以前表示されていた写真まで消えているものがある。
(__;)



福岡県糸島市二丈福井
May 06,2014

NIKON D3S



by sora07jp2000 | 2014-06-23 03:45 | 神社 | Trackback | Comments(0)
2014年 06月 22日

志自伎神社 福岡県糸島市二丈福井

途中で用があって行ったり来たり。
で,春日神社から下って海の近く。
佐波の集落。
b0023047_04135330.jpg
加茂川。
b0023047_04141675.jpg
b0023047_04143907.jpg
b0023047_04145329.jpg
志自伎神社。
b0023047_04152969.jpg
b0023047_04153387.jpg
「昭和五年十月建立 加布里石工 冨永乙吉」
b0023047_04160374.jpg
b0023047_04162953.jpg
御祭神 十城別命

仲哀天皇の異母弟で三韓から帰朝後,平戸に留められた神。
志々伎神社:Wikipedia.ja

福岡県神社誌では下松浦郡松浦明神を勧請とあるが,平戸の志々伎神社を指すのかどうか分からない。
「下松浦郡」自体が調べたかぎり無い。

b0023047_04564557.jpg
b0023047_04565481.jpg
b0023047_04571529.jpg
b0023047_04574499.jpg
b0023047_04580128.jpg
b0023047_04582736.jpg
b0023047_04584323.jpg
b0023047_04584949.jpg
b0023047_04585456.jpg
b0023047_04585905.jpg


(福吉村)
村社 志自伎神社
大字福井字前田にあり。
祭神は十城別命。
祭日旧十一月十五日。

村社 志自伎神社 糸島郡福吉村大字福井字前田
祭 神
十城別命
由 緒
往昔肥前國下松浦郡松浦明神を此地に勧請之由社殿焼失社記等傳はらず,明治五壬申年十一月三日村社に定めらる。
例祭日
十一月十五日
主なる建造物
神殿,弊殿,拝殿
境内坪数
百四十七坪
氏子区域及戸数
福吉村大字佐波 三十七戸

狛犬:「昭和五年十月建立 加布里石工 冨永乙吉」 「長寿記念」

Panoramio 石津安信:Explorer



福岡県糸島市二丈福井
May 06,2014

NIKON D3S



by sora07jp2000 | 2014-06-22 05:07 | 神社 | Trackback | Comments(0)
2014年 06月 22日

☆ユキノシタ 福岡県糸島市二丈福井

b0023047_03493867.jpg
b0023047_03494323.jpg
b0023047_03494793.jpg
b0023047_03495523.jpg
ユキノシタ
Saxifraga stolonifera ユキノシタ科 ユキノシタ属

ユキノシタ:植物雑学事典

福岡県糸島市二丈福井
May 06,2014

NIKON D3S




by sora07jp2000 | 2014-06-22 03:59 | ☆野花 | Trackback | Comments(0)
2014年 06月 21日

春日神社 福岡県糸島市二丈福井

再び加茂川上流へ。
田地原の集落。


公民館に停めさせてもらい,歩いて集落内へ。
細い道を山手へ。
やがて果樹園。
上り詰めた所に鎮座。
b0023047_04130407.jpg
春日神社。
山里の産土神。
鳥居に銘はあるが,読み取れなかった。
b0023047_04134210.jpg
b0023047_04134922.jpg
瓦に鹿の角の意匠。
b0023047_04150350.jpg
b0023047_04151726.jpg
b0023047_04154354.jpg
b0023047_04160516.jpg
b0023047_04161728.jpg
御祭神

天兒屋根命 武甕槌命 經津主神命
糸島郡誌

天兒屋根命 武甕槌命 經津主神命 姫大神
福岡県神社誌

春日大社の御祭神と同じ。
いずれかの時期の勧請だろうか。

春日大社:Wikipedia.ja

b0023047_04222875.jpg
b0023047_04224675.jpg
本殿奥,東側の眺め。
b0023047_04235925.jpg
b0023047_04273137.jpg
b0023047_04243446.jpg

(福吉村)
春日神社 大字福井字田地原にあり。
祭神天兒屋根命、武甕槌命、經津主神命。
祭日旧十一月十五日。

春日神社 天兒屋根命,武甕槌命,經津主神命,姫大神 福吉村大字福井字寺床

Panoramio 石津安信:Explorer



福岡県糸島市二丈福井
May 06,2014

NIKON D3S



by sora07jp2000 | 2014-06-21 04:34 | 神社 | Trackback | Comments(0)
2014年 06月 17日

七郎神社 福岡県糸島市二丈福井

福井浜から大入過ぎて,佐波の集落から加茂川を南へ遡る。
堀の集落も過ぎ,棚田が連なる丘陵地。
その外れの森の中。
b0023047_04113783.jpg
七郎神社。
b0023047_04121011.jpg
b0023047_04122225.jpg
b0023047_04123308.jpg
「七郎」の由来は分からない。
b0023047_04130121.jpg
b0023047_04131464.jpg
b0023047_04133400.jpg
b0023047_04134015.jpg
b0023047_04135603.jpg
撮り損ね。
b0023047_04140042.jpg
御祭神は崇徳天皇。

崇徳天皇:Wikipedia.ja

保元の乱で讃岐に配流され,讃岐の地で亡くなった天皇。
どのような縁でここに祀られているのだろう。
b0023047_04300438.jpg
並び立つ木々。

b0023047_04272305.jpg
境内社,保食神社。
b0023047_04274819.jpg
b0023047_04282696.jpg
随分と奥行きのある拝殿。
b0023047_04291220.jpg
御祭神は保食大神。
b0023047_04293806.jpg
b0023047_04304139.jpg
b0023047_04305171.jpg

(福吉村)
村社 七郎神社
大字福井字堀にあり。
祭神崇徳天皇。
祭日舊十一月十五日。

村社 七郎神社 糸島郡福吉村大字福井字笠松
祭 神
崇徳天皇
由 緒
嘉永三庚戌年六月朔日洪水の為に社殿流失同五年更に社殿今真名子川の流下浄地に造立す,明治五壬申年十一月三日村社に定めらる。
例祭日
十二月十五日
主なる建造物
神殿,弊殿,拝殿
境内坪数
百八坪
氏子区域及戸数
福吉村堀十八戸
境内神社
保食神社(保食大神)

鳥居:明治□(廿?)二年四月□□ 産子中

Panoramio 石津安信:Explorer



福岡県糸島市二丈福井
May 06,2014

NIKON D3S



by sora07jp2000 | 2014-06-17 04:38 | 神社 | Trackback | Comments(0)
2014年 06月 16日

白山神社 福岡県糸島市二丈福井

鹿家の白山宮から西へ。
海沿いの202号を北へ。
鹿家漁港からカーブして東へ。
福吉駅前過ぎて天満宮を目指すが,道を入り損ねる。
福井浜過ぎて南へ。
山裾の集落。
b0023047_05024383.jpg
白山神社。
b0023047_05031357.jpg
b0023047_05034016.jpg
b0023047_05035617.jpg
b0023047_05041150.jpg
b0023047_05041704.jpg
b0023047_05044369.jpg
御祭神
左殿:伊弉諾尊 中殿:菊理姫命(白山比咋大神)右殿:伊弉册尊
拝殿前掲示由緒

b0023047_05072130.jpg
b0023047_05073471.jpg
b0023047_05074880.jpg
b0023047_05080523.jpg
b0023047_05082109.jpg
b0023047_05084491.jpg
b0023047_05085729.jpg
b0023047_05091454.jpg
合祀社
b0023047_05092327.jpg
b0023047_05095141.jpg
神楽殿だろうか。
b0023047_05102848.jpg
福井神楽は有名で,来週行われるとのこと。
境内におられた方(宮司さん?)にお誘いを受けたが,その日は仕事が入っていた。
b0023047_05113644.jpg
パンフレット頂きました。
23もの演目があるのだそう。
明治期に,筑前田島郷から神楽師を迎えて始められたとのこと。
「田島って宗像大社のあるところですか。」
そうかもしれないし,外にも飯塚辺りかもしれないとのこと。
b0023047_05154388.jpg
b0023047_05155598.jpg
パノラマにしてみました。
b0023047_05161691.jpg
b0023047_05163284.jpg
b0023047_05164163.jpg

白山(はくさん)神社ご案内
◯白山神社は伊弉諾尊(いざなぎのみこと)・伊弉册尊(いざなみのみこと)のご夫婦の神様と菊理姫命(くくりひめのみこと)をお祀りしています。
◯当社の御神徳は五穀豊穣,大漁満足,家内安全,良縁成就と多岐に亘りますが「縁結びの神さま」として,その高く尊き御神徳を仰がれています。
◯主な祭事
・一月一日歳旦祭…新春夜神楽奉納
・五月第二日曜日春季大祭…糸島市無形民俗文化財の福井神楽が奉納されます。(全二十三幕)
・十月第二日曜日秋季例大祭(宵宮祭(よいのみやさい),神幸祭(しんこうさい))…神輿(みこし)を奉(ほう)じ,福井浜まで神幸行列が行われています。
・毎月一日(おついたちまいり)
 十五日(月次祭(つきなみさい))
福井神楽
明治二十年十二月,白山神社氏子有志で筑前の国,田島郷より神楽師を迎え発足した。
明治の終わりに途絶えたが,大正十四年五月に復活。然し戦争で自然消滅した。昭和四十八年再度復活三十名前後の神楽師で活動を続けている。
福吉校区まちづくり推進協議会
社頭掲示案内板

【白山神社 御由緒】
◯御祭神 左殿 伊弉諾尊
     中殿 菊理姫命(白山比咋大神(しらやまひめのおおかみ))
     右殿 伊弉册尊

◯鎮座地 福岡県糸島市二丈福井四九〇九
◯御由緒
当社は遠く神代の昔,霊峰「白山」をご神体として生きとし生けるものの,「いのち」の祖神(おやがみ)と仰ぐ白山比咋大神(しらやまひめのおおかみ)(菊理姫命(くくりひめのみこと))を主祭神とし,相殿に伊弉諾尊(いざなきのみこと),伊弉册尊(いざなみのみこと)を奉齋している。当地に鎮座の起源年代は不詳 六九五)の本殿棟札に「保延七年(一一四一)辛酉年より五百五十五年」の記録がある。現在の御神殿は安政四年(一八五七)に建立されたものである。
五月第二日曜日の春季大祭には糸島市無形民俗文化財指定の福井神楽が奉納される。十月の例大祭には神輿を奉じ,福井浜まで神幸になり福井,大入,佐波,田字原,堀,真名子など六地区より数組が行列の準備を行い供奉する。御旅所前の海には,大漁旗を押し立てた漁船が大漁を願って集まり,海上を回航する。「福岡懸地理全誌」には,元亀元年(一五七〇)の神幸の連名書があると記録されており,そのころからこの神幸が行われていたことが分かる。
◯祭事
一月一日 歳旦祭(新春夜神楽)
二月中 崇敬会大祭,総会
五月第二日曜日 春季大祭(福井神楽奉納)
七月最終土曜日 夏越まつり(茅の輪くぐり)
九月十五日 風止願成就,長寿祈願祭
十月体育の日の前日 秋季例大祭(神幸祭)
十一月中 七五三祭り
十一月二十三日 新嘗祭(新穀感謝祭)
十二月三十一日 除夜祭
※毎月一日 おついたちまいり
毎月十五日 月次祭(つきなみさい)
拝殿前掲示由緒

村社 白山神社
幣帛料供進指定社。
大字福井元福井字白濱にあり。
祭神は菊理姫命,伊弉諾命,伊弉册命,
祭日十月十九日。
古より宮里称して祭田を寄附し祭礼を執行したるが其事今は絶えたり。
棟札あり銘に
従保延七歳辛酉至元禄八年乙亥相當五百五十五暦
と記せり。外に元亀元年午九月御幸の連名書を村民今に所蔵せり。
※住所が白濱で異なるが,記述内容は宮の上のそれと同じ,糸島郡誌には宮の上の白山神社は記載がない。

村社 白山神社 糸島郡福吉村大字福井字宮の上
祭神
菊理姫命,伊弉諾命,伊弉册命
由緒
元禄八乙亥年本殿棟札に保延七辛酉年より五百五十五年と記載あり,但創建年紀不詳
明治五年十一月三日村社に定めらる。
例祭當日神輿を奉じ福井濱松原に神幸をなす,氏子中の青壮年,祭日の十数日前より大鳥毛熊毛挟箱を奉じ,往古の大名行列に則り各大字より数組の行列の準備をなし供奉す。一般男子は鉄砲と称し棒を袋に入れ之を捧じ神楽を奏しつゝ供奉す。
例祭日
十月十九日
神饌幣帛料供進指定
大正九年五月十三日
主なる建造物
神殿,弊殿,神饌所兼社務所,拝殿
境内坪数
二百七十三坪
氏子区域及戸数
福吉村大字福井百二十戸
境内神社
伊勢両社(天照皇大神,須佐之男命,豊受姫命)
春日神社(天児屋根命,少童命,豊日別命,保食神,豊受姫命,五十猛命)
八幡神社(誉田別天皇,菅原神)
産神社(木花咲耶姫命)
九郎神社(靈神)
風神社(級長戸邊命,級長戸津彦命)


狛犬:阿型 福井浦 釘□(本?)久平 大宮司 川上□雲正 藤原定徳
狛犬:吽型 肥前小城領 石工 樋口 □右衛門 大保(?) 二年 
合祀社額:天満宮 屋布佐神社 豊日別神社 愛宕神社 熊野三柱神社 五十猛尊神社 猿田彦神社 保食神社 祇園神社 大日大神 風神社 粟島神社
東の鳥居額:大権現

Panoramio 石津安信:Explorer



福岡県糸島市二丈福井
May 06,2014

NIKON D3S




by sora07jp2000 | 2014-06-16 05:27 | 神社 | Trackback | Comments(2)