<   2014年 02月 ( 30 )   > この月の画像一覧


2014年 02月 28日

二所山田神社 1 山口県周南市


岩隈八幡宮から2号線を東へ。
ガソリン入れて,376号へ。
かなり走って,周南市。
315号を北へ。
鹿野ICの近く。
集落の細い道へ。
きれいな水路沿い。
b0023047_06045352.jpg
二所山田神社。
b0023047_06045793.jpg
b0023047_06050181.jpg
明治に二所大明神と山田権前社が合併。
b0023047_06060459.jpg
二所大明神は,昌泰2(899)年に鎮座。
式内二俣神社の論社。
山田権前社は天治2(1125年)年,伊勢からの勧請。
b0023047_06060935.jpg
b0023047_06061251.jpg
b0023047_06123312.jpg
b0023047_06124905.jpg
並び立つ巨木。
b0023047_06130840.jpg
まだ雪が残っている。
b0023047_06133378.jpg
明治時代の当社宮司・宮本重胤が女性の自立のための全国組織「大日本敬神婦人会」を設立。
神道には本来,女性を卑しむ思想はなかったと論拠を示し,女性も神に近づき御奉仕すべきと主張。
b0023047_06134419.jpg
女性神官登用運動,女性参政権,女性の自立などの主張を展開。
明治39年(1906年)にその機関誌『女子道』を発刊。
その資金源としておみくじを製造。
現在でも日本の社寺おみくじの70%を占有。
おみくじの故郷。
b0023047_06140481.jpg
明治45年に菅原神社も境内に移転。
b0023047_06301582.jpg
b0023047_06301916.jpg
b0023047_06304573.jpg
b0023047_06310525.jpg
御祭神,天照大神,豊受毘売神,大国主神,八千矛神。
b0023047_06321183.jpg
二所山田神社:Wikipedia.ja

Panoramio 石津安信:航空写真 Explorer



山口県周南市鹿野上
January 12,2014

NIKON D3S




by sora07jp2000 | 2014-02-28 06:39 | 神社 | Trackback | Comments(0)
2014年 02月 26日

宮地嶽神社 開運桜 福岡県福津市

本殿横の開運桜。
満開!
b0023047_06050281.jpg
b0023047_06050689.jpg
b0023047_06050932.jpg
b0023047_06051388.jpg
b0023047_06051739.jpg
b0023047_06060804.jpg
b0023047_06061381.jpg
b0023047_06062869.jpg
b0023047_06064136.jpg
風は冷たいが,気分は春爛漫。
b0023047_06070906.jpg
拝殿前の寒緋桜も僅かに開いていました。
b0023047_06071323.jpg
Panoramio 石津安信:航空写真




福岡県福津市
February 23,2014

NIKON D3S









by sora07jp2000 | 2014-02-26 06:14 | 神社 | Trackback | Comments(0)
2014年 02月 26日

岩隈八幡宮 山口県岩国市玖珂町

とっとこ北上。
高速くぐって2号線を東へ。
「八幡下」の交差点から入る。
b0023047_03500443.jpg
岩隈八幡宮。
岩国市には周東町祖生岩隈山にも岩隈八幡宮がある。
岩隈八幡宮 山口県岩国市周東町祖生

当時荒廃していたので,元禄4年(1692年)にここに遷座した。
しかし,その後災厄が周東町祖生に起こったので,
宝永5年(1708年)に元の地岩隈山にも本殿を建立した。
b0023047_03501301.jpg
b0023047_03501765.jpg
吽形に角!
泉砂岩製浪速型狛犬?
b0023047_04092385.jpg
b0023047_04155811.jpg
b0023047_04182669.jpg
b0023047_04183800.jpg
珠というよりは毬?
前脚の力感がいいですね。
b0023047_04184211.jpg
岡崎型ですね。
子獅子が愛らしい。
b0023047_04282824.jpg
御祭神,三毛入野命,磐余彦命,玉依姫命
誉田別尊,足仲彦尊,気長足姫尊
表筒男神,中筒男神,底筒男神

和銅七年(714年)宇佐神宮より八幡大神を勧請,
その後八幡の守り神として住吉大神を奉斎。

b0023047_04284266.jpg
本殿。
天文三年(1534年)の造営。
b0023047_04300518.jpg
b0023047_04350297.jpg
b0023047_04361495.jpg
b0023047_04363578.jpg

b0023047_04440119.jpg
b0023047_04441724.jpg

b0023047_04462170.jpg

b0023047_04474321.jpg

b0023047_04522082.jpg
Panoramio 石津安信:航空写真 Explorer




山口県岩国市玖珂町
January 12,2014

NIKON D3S





境内社

by sora07jp2000 | 2014-02-26 05:00 | 神社 | Trackback | Comments(0)
2014年 02月 25日

◆冬の池 山口県岩国市周東町

石城山を北に下りる。
県道68号を北へ。
狭い耕作地と森の境を走る道。
溜め池あり。
少し凍っとる。
池が凍っとるの見るのは生まれて始めて。
んで,降りて撮る。
b0023047_05253943.jpg
b0023047_05254418.jpg
b0023047_05254978.jpg
b0023047_05255316.jpg
b0023047_05255838.jpg
b0023047_05260367.jpg
場所が特定できるやろかと思うっとったら,Googleストリートビューでばっちし発見。
画質も良くなってきた。

Googleストリートビュー




山口県岩国市周東町田尻
January 12,2014

NIKON D3S



by sora07jp2000 | 2014-02-25 05:36 | ◆点描 | Trackback | Comments(0)
2014年 02月 24日

石城神社 山口県光市

光市にある石城山,362m。
車道を上る。
頂上手前で道が分かれ,右をとるが間違い。
もどって到着,広い駐車場。
b0023047_04410669.jpg
門。
b0023047_04413752.jpg
b0023047_04424129.jpg
b0023047_04425341.jpg
曇のせいもあるが,暗い参道。
大きな木々には樹木名の札がついている。
b0023047_04435182.jpg
ツクバネガシ。
b0023047_04441393.jpg
b0023047_04450377.jpg
木の鳥居。
b0023047_04452581.jpg
b0023047_04452958.jpg
この花崗岩製狛犬は浪速型ですが、柳井の賀茂神社と同様大坂、泉州石工作ではないと考えます。阿形オス、吽形角、団扇尾は浪速型の特徴、浪速型を模した尾道(ここには盤台座に牡丹の彫り物がありません)もしくは、地元柳井、下関赤間関など花崗岩製狛犬を得意としている石工による狛犬と考えております

b0023047_04455045.jpg
鎮座,敏達天皇3年(574年)
東向きの社殿。

国指定文化財
建造物 石城神社本殿(いわきじんじゃほんでん)
明治四十年五月二七日指定
所在地 光市大字塩田  
 石城神社は延喜式内社で、由緒ある神社である。祭神は大山祇の神(おおやまつみのかみ)・雷神(いかづちのかみ)・高寵神(たかおかみのかみ)で、武事・鉱山・農林の神をお祀りしている。旧号を三社権現(さんしゃごんげん)といっていたが、明治元年石城神社と改称した。
  石城神社の創建は明らかでないが、社伝によると、敏達天皇三年(五七四)の鎮座と言われ、天皇の勅願と伝えられる「石城宮(いわきぐう)も保存されている。
 本殿は、文明元年(一四六九)大内政弘が再建したものと伝えられている。桁行(けたゆき)五・五四メートル、梁間(はりま)二・八五メートル、正面入母屋造り、背面切妻造り妻入り、こけら葺(ぶき)、四囲に縁をめぐらせた春日(かすが)造りである。柱面のとり方、勾欄(こうらん)のそり方、斗栱(とくみ)、蟇股(かえるまた)等に室町時代の特色を残している。
 大正十年(一九〇七)五月二十七日に特別保護建造物に指定され、昭和四年(一九二九)七月一日国宝に、同二十五年(一九五〇)八月二十九日に重要文化財の指定を受けた。
 平成十九年九月 
 光市教育委員会
社頭掲示板

b0023047_04463207.jpg
ヒノキ。
b0023047_04464888.jpg
拝殿。
b0023047_04470517.jpg
拝殿内。
御祭神,大山祇神,雷神,高寵神。
b0023047_04472709.jpg
b0023047_04473892.jpg
本殿,室町期の造営。
b0023047_04475378.jpg
b0023047_04480735.jpg
b0023047_04482512.jpg
須賀社。
b0023047_04514934.jpg
神護寺跡。
b0023047_04520681.jpg
社叢。
b0023047_04523045.jpg
石城神社御鎮座の由来
一、祭神 大山祇神(おおやまつみのかみ) 雷神(いかづちのかみ) 高寵神(たかおかみのかみ)

二、鎮座 敏達天皇3年(574)吉備屯倉(きびのみやけ)の津史(つのふひと)が当地に来て、「石城官」の勅額を賜ったのが本神社の始まりである。今年は数えて一千四百三十九年目にあたります。

正史の記述は、「三代実録」に、清和天皇貞観九年八月十六日「壬午」周防国正五位上、石城神、従四位下授けるとあり、旧社格は明治六年郷社に、大正二年県社に列せられた。
明治四年までは近郷八ヶ町村(現田布施町、光市大和地区、室積の一部)が氏子として祭典をなし、その御神徳は多くの人々の尊崇を受けている。

 三、文化財 本殿重要文化財
本殿は、文明元年(一四六九)七月に大内政弘が再建したもので、のち永正十一年(一五一四)九月大内義興が明暦二年(一六五六)閏四月毛利綱広が寛政十年(一七八九)七月毛利斉房が夫々修復した。安政四年(一八五七)八月には毛利敬親が、拝殿と楼門を再建したものである。
本殿は、明治四十年(一九〇七)五月二十七日に、特別保護建造物に指定され、昭和四年(一九二九)七月一日国宝に、昭和二十五年(一九五〇)八月二十九日重要文化財の指定をうけた。

   神籠石(こうごいし)
石城山の八合目を列石が延々と取り巻き、谷には水抜きの水門を設けた大規模な遺構がある。これを神籠石と言い、九州北部から瀬戸内海にかけて見られ、現在十四ヶ所の存在が確認されており、学界では早くから注目されていた。この遺構が古代神聖な地域を限るために設けた神域説と、列石の上に土塁または木柵を設けた山城説が並存していたが、昭和三十八、九年の文化庁、山口県教育委員会、旧大和町の共同による大規模な発掘調査の結果、列石が山城の土塁の基底部であったこと、山城としての門址のあることが確認され、山城説が有力となった。

   第二奇兵隊本陣跡地
幕末慶応元年社房であった神護寺に「第二奇兵隊」の本陣が置かれた。翌年に勃発した四境戦争の大島口の戦いにはここから出陣おおいに活躍した。現在跡地は神社の境内の一部となり、元内閣総理大臣岸信介氏作詩の「第二奇兵隊士碑」がある。
    平成二十三年一月
山口県光市大字塩田二二三三
式内石城神社社務所
電話□□□□(□□)□□□□

Panoramio 石津安信:航空写真 Explorer



山口県光市
January 12,2014

NIKON D3S



by sora07jp2000 | 2014-02-24 05:12 | 神社 | Trackback | Comments(0)
2014年 02月 23日

賀茂神社 山口県柳井市

山口県柳井市。
瀬戸内に突きだした半島部の東側。
海沿いの72号線沿い。
b0023047_04260733.jpg
b0023047_04271257.jpg
社叢,鳥居,本殿も覗いている。
b0023047_04280679.jpg
賀茂神社。
寛治7年,1093年,京都賀茂神社からの勧請。

b0023047_04351381.jpg
寛永14年,1637年建立の鳥居。

b0023047_04340006.jpg
b0023047_04340444.jpg
この花崗岩製浪速型狛犬は、風貌が少し浪速系と違います。また足元の盤台座の前に牡丹、横に唐草模様のような彫り物、これは尾道石工の彫り方です。よって、浪速型狛犬ではありますが、尾道若しくは近隣広島、岡山の石工作狛犬です。

b0023047_04372346.jpg
b0023047_04373361.jpg
b0023047_04373771.jpg

寛政八年和泉砂岩製浪速型狛犬です。

b0023047_04375737.jpg

b0023047_04383127.jpg
御祭神
別雷命,玉依媛命 賀茂神
三毛入野命 熊毛神
b0023047_04401144.jpg
b0023047_04402159.jpg
登高欄横の花崗岩製出雲式座型狛犬は、年代不明ですが明らかに当地の石工が出雲式座型(居獅子)を摸倣して作り上げた狛犬です。尾の蝋燭の炎のような立尾(蝋燭立尾)は見事です。

b0023047_04405663.jpg
b0023047_04413242.jpg
八幡宮。
b0023047_04415077.jpg
b0023047_04421894.jpg
b0023047_04423556.jpg
b0023047_04431526.jpg
b0023047_04432964.jpg
b0023047_04434508.jpg
b0023047_04435605.jpg


伊保庄賀茂神社由緒
勧請
 当社は平安時代後期、堀川天皇の寛治7年(一〇九三)天下安泰五穀豊饒の御祈頼のため、宮中武徳殿の競馬会(くらべうまえ)の行事を京都の賀茂神社に移し奉納されました。 その馬料として全国から二十箇所の荘園を寄進され、当地はその一荘で分霊を捧持し伊保庄に奉斎されて九百年を迎えました。
 本社では5月5日の競馬の節会(せちえ)には、二十箇荘の馬二十頭、伊保庄馬も加わり、二頭組合せ十番の競馬が古式豊かに、現在も毎年続いています。そのため、足利10代将軍義植(よしたね)を始め多くの公卿や都人たちが参詣した記録も伝えられています。

祭神
別雷命(わけいかずちのみこと) 玉依媛命(たまよりひめのみこと) 賀茂神
三毛入野命(みけいりねのみこと) 熊毛神
 玉依媛命は別雷命の御母神で、古代山城国の賀茂氏族。九州の日向朝東征時に大和豪族の帰順に協力した京都の上、下賀茂神社の祭神であるが、当地に勧請(かんじょう)され、伊保庄の産生神(うぶすながみ)として、明治六年郷社に列せられた当地の守り神であります。
 三毛入野命は東征の途中、大暴風に遭い身を犠牲にして全軍の安秦を計られた交通の守護神で熊毛神社の祭神であります。

 社殿
 奉斎後、鎌倉、室町、江戸の時代を経て、幾度かの改築、修理が行われていますが、現在の拝殿は天保十二年(一八四一)に再建、神殿は明治三十二年(一八九九)造営。その造作彫刻は名工と謳われた大島郡の門井(かどい)宗吉の主宰したもので、その荘重典雅な姿はよく環境に調和し、識者の三嘆を惜しまぬ近世の名作であります。
平成十三年九百年祭に際して、神殿の葺上げを始め各社殿の全面的改修修理を、氏子一同のご協賛を得て、一層の壮麗な美しさを後人に伝え読けることのできた事、嬉しい極みです。

市指定天然記念物  伊保庄賀茂神社の社叢
       平成二年三月一四日指定
 所在地 柳井市大字伊保庄二三五・二三六-二
社殿の奥に広がる、約一二〇〇〇㎡の社叢である。
 高木層には、スジダイ・タブノキ・モチノキ・ホルトノキ・ヒメユズリハ・クロガネモチなど、亜高木層にはクロキ・カクレミノ・ヤマビワ・ヒサカキなど、低木層にはクロキ・モチノキ・ヒサカキ・シャンシャンボ・ヤマビワ・タブノキ・オガタマノキ・イヌビワなど、草木層にはべニシダ・ウラジロ・オオイタチシダ・ヤブコウジ・ササ類・ツワブキなどがある。  概して巨木・大木が多く、植物の種類も多い。更に注目すべきは南方系のヤマビワ・オガタマノキ・ホルトノキなどがあることである。
 樹林の発達のよさ、種類の多さ、希少な種があるなど植物学的に優れており、価値の高いものである。
                                    柳井市教育委員会
社頭掲示板

Panoramio 石津安信:航空写真 Explorer




山口県柳井市
January 12,2014

NIKON D3S



by sora07jp2000 | 2014-02-23 04:59 | 神社 | Trackback | Comments(0)
2014年 02月 23日

□大畠瀬戸

冷え込んだ朝,山口へ。
熊毛ICで下り,光市を南下。
瀬戸内だから温かいかと思いきや,途中氷点下にも。
柳井市に入り少し戻る。
それでも1度。

海沿いに走る。
気持ちのよい瀬戸内の景色。
車停めて撮る。

b0023047_04085194.jpg
中央が屋代島,右鳥島。
b0023047_04085658.jpg
b0023047_04090091.jpg
左,笠佐島。
b0023047_04090529.jpg
島を見ると何故だが懐かしいような切ないような気持ちになる。
何でやろ。

大畠瀬戸:Wikipedia.ja



山口県柳井市
January 12,2014

NIKON D3S



by sora07jp2000 | 2014-02-23 04:18 | □海 | Trackback | Comments(0)
2014年 02月 21日

審神者神社 福岡県糟屋郡久山町


久山町猪野。
仲哀天皇崩御後,香椎宮から遷都された宮のあったところ。

b0023047_03535687.jpg
六所宮跡。

b0023047_03542612.jpg
b0023047_03554357.jpg
b0023047_03555461.jpg
斎宮の御旅所。

b0023047_03565122.jpg
審神者神社。

b0023047_03575447.jpg
中臣烏賊津使主(なかとみのいかつおみ)を祀る。
b0023047_03590615.jpg
神功皇后の四大夫(中臣烏賊津使主,三輪大友主君,物部胆昨連,大伴武以連。)の一人。
神事を司った宗源者,天児屋根命の十四世孫。

b0023047_04073598.jpg
【日本書紀】

仲哀9年、春2月に、仲哀天皇が筑紫の香椎宮で崩御された時、皇后は、天皇が神託に従わなかったために早く崩御された事に心を痛めて、考えました。祟っている神を明らかにして、神の勧める財宝の国を求めようと。

 そこで群臣や百寮たちに命じて、国中の罪を払い清め、過ちを改めて、さらに斎宮を小山田の邑に作らせました。 

3月の1日に皇后は吉日を選んで、斎宮に入って自ら神主となりました。その時には武内宿禰に命じて御琴を弾かせました。中臣の烏賊津(いかつ)の使主(おみ)を召して審神者(さにわ)としました。

b0023047_04202173.jpg
後に対馬縣主に任ぜられ亀卜(きぼく)を伝える。
また,占いを専業とする「卜部」氏の始祖とも伝えられている。

b0023047_04333723.jpg
この審神者神社と六所宮は向かいあっていて,
その間に建物を造ることは禁じられていたとのこと。

b0023047_04384294.jpg
ひもろぎ逍遙:審神者神社(1)中臣烏賊津使主を祀る宮
      審神者神社(2)磐境神籬の跡だろうか
斎宮の地図と猪野と銅  

Panoramio 石津安信:航空写真



福岡県糟屋郡久山町
January 11,2014

NIKON D3S



by sora07jp2000 | 2014-02-21 04:48 | 神社 | Trackback | Comments(0)
2014年 02月 20日

泉井上神社・和泉五社総社 大阪府和泉市

b0023047_04543254.jpg
泉井上神社。
b0023047_05051505.jpg
b0023047_05052845.jpg
か,かわいそう(__;)

b0023047_05061521.jpg
この花崗岩製浪速型狛犬は文化5年(1808)の特徴的な顔つきの狛犬です。文化5年の狛犬は、八尾市八尾木に鎮座する由義神社、寛政8年(1796)の和泉砂岩製浪速型狛犬に大変良く似ています。一説には江戸石工作ともいわれ説明板もあるようですが、吊り上がった太い眉など個性溢れる作品です。このような顔つきの浪速型狛犬は由義神社と泉井上神社のみです。時代的にも古い狛犬ですので、大切に保存していただきたい狛犬です。
この狛犬の作者および弟子と思われる石工作の浪速型狛犬が、石見銀山の銀の積出港温泉津近くの神社に存在しています。これも文化年間と思われる狛犬ですが、大坂から北前船や弁財船などで運ばれた狛犬で和泉砂岩製浪速型狛犬です。大坂、泉刕との石工の交流が空前の大繁栄を成した銀山都市で見られるとは・・・・不思議な縁、いや当時の渡りの石工達にとっては必然だったのでしょう。
b0023047_06353666.jpg
島根県大田市温泉津町西田水上神社 和泉砂岩製浪速型狛犬 文化期と思われます。阿形垂れ耳、団扇尾 吽形立耳、団扇尾 阿形獅子、吽形狛犬と言う日本独特な狛犬文化の名残がこの狛犬には残っています。

b0023047_05131256.jpg

社伝によれば、200年(仲哀天皇9年)に神功皇后が三韓征伐へ出発する途上、当地を行啓した際に突如として泉が湧き出、凱旋後に霊泉として社を築いて祀ったという。本殿脇にあるこの霊泉は「和泉清水」と呼ばれ、和泉国の国名の起源とされる。
Wikipedia.ja
b0023047_05131820.jpg
b0023047_05132532.jpg
御祭神,主祭神,独化天神(天之御中主神・高産巣日神・神産巣日神)。
仲哀天皇,神功皇后,応神天皇,他,三韓征伐武勲従者45柱。

神像48体があるという。
是非観てみたい,せめて45柱の名前だけでも分からんやろうか。
b0023047_05191408.jpg
本殿屋根。

のちに、当社を中心に和泉国の国府が置かれ、国内の大鳥大社(一宮)、泉穴師神社(二宮)、聖神社(三宮)、積川神社(四宮)、日根神社(五宮)の祭神を勧請した総社が築かれた。
Wikipedia.ja

b0023047_05232106.jpg
和泉五社総社。
b0023047_05235477.jpg
b0023047_05241031.jpg
御祭神,天照大日霊貴尊(大鳥大社)
天忍穂耳尊(泉穴師神社)
天瓊瓊杵尊(聖神社)
彦火火出見尊(積川神社)
鸕鷀草葺不合尊(日根神社)
上記五社をはじめ,和泉国62座。
b0023047_05242877.jpg
拝殿から見えるのは弊殿かな?
豊臣秀頼が再建した本殿は三間社流れ造りの檜皮葺。
全く見えなかった。
b0023047_05310261.jpg
勝手神社。
b0023047_05325233.jpg
b0023047_05325635.jpg
b0023047_05332449.jpg
熊野神社。
神社HPによると他にもいくつもの配祀社があるらしいが,わからなかった。
肝心の和泉清水も看板しか見あたらず。

泉井上神社:公式サイト Wikipedia.ja
Panoramio 石津安信:航空写真 Explorer



大阪府和泉市府中町
December 23,2013

NIKON D3S



by sora07jp2000 | 2014-02-20 05:57 | 神社 | Trackback | Comments(0)
2014年 02月 19日

聖神社 大阪府和泉市

旧府神社からすぐ。
b0023047_05400915.jpg
聖神社。
b0023047_05402879.jpg
b0023047_05403222.jpg
b0023047_05411672.jpg
住宅地抜けて丘の上。
b0023047_05423252.jpg
b0023047_05430210.jpg
b0023047_05431896.jpg
b0023047_05435125.jpg
本殿。
御祭神,聖大神(ひじりのおおかみ)。
大年神の御子神。
b0023047_05475990.jpg
神武天皇東征の際に瓊々杵尊を祀ったとする伝承と,
天武天皇の勅願により渡来氏族の信太首(しのだのおびと)が
聖大神を祀ったとする伝承の二説がある。
※Wikipedia.ja
b0023047_05472234.jpg
聖,日知り。
暦と農耕の神。
b0023047_05481893.jpg
安倍清明の誕生伝承もある。
葛の葉:Wikipedia.ja
b0023047_06032867.jpg
本殿屋根。

b0023047_06024798.jpg
三神社。
b0023047_06030328.jpg
瀧神社。
b0023047_06040646.jpg
平岡神社。
b0023047_06044347.jpg
桜,
「四季桜」と札にあった。

聖神社:Wikipedia.ja

Panoramio 石津安信:航空写真 Explorer


by sora07jp2000 | 2014-02-19 06:10 | 神社 | Trackback | Comments(0)