2016年 10月 13日

◆黒崎教会 長崎県長崎市上黒崎町

b0023047_03540452.jpg
b0023047_03541036.jpg
b0023047_03541842.jpg
b0023047_03542556.jpg
b0023047_03543030.jpg
カトリック黒崎教会の歩み

1571(元亀2)年1月下旬頃、カブラル神父らが初めて外海地方を布教し、各地に15の教会が出来た。厳しい弾圧の中で、日本人伝道士バスチャン、次兵衛神父らの指導により、信仰を守り子孫に伝えた。
1865(慶応元)年信徒発見後、1867(慶応3)年クーザン神父が訪れ、辻村三次郎宅でミサが捧げられる。ここは信徒の集会所でもあった。
1871(明治4)年から新聖堂完成まで湯穴に聖ヨゼフに捧げられた聖堂があった。
1887(明治20)年 黒崎小教区として独立。
1897(明治30)年 信徒が増え、ド・ロ神父の指導により聖堂建設を計画。3つの候補地の中から、海からも山からも見える現在地に決定。信徒総出で3年ががりで敷地を造成。
1899(大正9)年12月18日計画以来23年、子供まで煉瓦運びに奉仕するなどの苦労の末、ロマネスク様式赤煉瓦造りの現聖堂が竣工。翌19日コンバス司教によりイエズスの聖心に献堂される。
1946(昭和21)年 アンジェラスの鐘新たに設置。
1955(昭和30)年 司祭館改築。
1962(昭和37)年 共同墓地整地。 1975(昭和50)年 教会霊園として拡張整備。
1989(平成1)年7月〜90年5月聖堂と石垣の改修。聖堂は70年、石垣は90年が経ち傷みが激しく各戸より多額の負担を行うとともに、黒崎出身者及び有志の浄財と献身的な奉仕により改修を行う。
1994(平成6)年12月信徒館落成。
1997(平成9)年3月駐車場などの周辺整備。計画以来10年、大改修が終わる。
 先人の足あとをここに記し、改修記念としてこの碑を建てる。
A.D.2000大聖年(平成12年)
カトリック黒崎教会
境内設置記念碑文


b0023047_03544436.jpg
b0023047_03545363.jpg
b0023047_03550893.jpg
b0023047_03551956.jpg
b0023047_03553098.jpg
b0023047_03553886.jpg
b0023047_03560975.jpg

黒崎教会 Googleフォト

長崎市公式観光サイト あっ!とながさき 黒崎教会


長崎県長崎市上黒崎町
August 20,2016

NIKON D3S




by sora07jp2000 | 2016-10-13 04:16 | ◆点描 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://sora07.exblog.jp/tb/26271744
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 枯松神社 長崎県長崎市下黒崎町      □長崎県長崎市永田町から >>