2016年 03月 21日

厳島神社 福岡県飯塚市鹿毛馬

飯塚市鹿毛馬(かけのうま)
鹿毛馬川の畔
b0023047_05301889.jpg
厳島神社
b0023047_05303841.jpg
b0023047_05304284.jpg
b0023047_05310529.jpg
b0023047_05312191.jpg
b0023047_05313567.jpg
b0023047_05315190.jpg

厳島神社
御祭神
御祭神 市杵島姫命(いちきしまひめのみこと),田心姫命(たごりひめのみこと),湍津姫命(たぎつひめのみこと)
由 緒
 当社は日思山の山上に建立され,聖武天皇の御時(七二四年〜七四九年)御社の東に宮司の坊(浄福寺)を建立。以後延文年中(一三五六年〜一三六一年)まで筑前,豊前両国の衆民により祭られていた。しかし山上であるため参詣に不便なことから延文年中,本社三女神を筑前国鹿毛午村へ遷し奉り天照皇大神豊前国神崎村に遷し,共に両村の産土神として祟奉られる。その後山上の社殿は野火の為焼亡したがその礎石は今も現存している。
永世岩塩(一五〇四年)神殿並びに社屋を再建。(大願主清原兼通敬白の棟札有り)村人百六十六名と共に祭事を執り行っている。(文亀三年の宮座帳より)
 明治三十二年(一八九九年)縣社に昇格。嘉穂郡誌には「郡内唯一の縣社にして社地は広大ならざるも,高燥にして清浄なり」と記されている。
昭和七年(一九三二年)神殿,弊殿,拝殿を再建し現在に至る。

牧野神社(本社相殿)
御祭神 狭野命(さぬのみこと),保食命(うけもちのみこと),大山積命(おおやまつみのみこと),倉稲魂命(宇賀の御魂の尊)
由 緒
山麓の野に多くの馬が群れるのを以て牧を開き,その馬を献上していた。しかし毎日馬を使うことは荒ふる故に当郡中,全てに五月朔日より七日までの間,馬を使うことを禁止し,その間大祭を執り行っていた。
文暦年中(一二三四年)牧を廃し以後神社も荒廃するにしたがい元亀年中(一五七〇〜一五七二年)本社の相殿に遷し奉る。

境内掲示由緒


縣社 嚴島神社 嘉穂郡頴田村大字鹿毛馬字宮
祭 神
市杵島姫命,田心姫命,湍津姫命
由 緒
 創立年月日不詳記豊前國宇佐島より筑前國宗像郡沖津島に鎮座の時當村日尾山を越給ふ古實を以て景行天皇御宇三女神を祭り今に社殿神石柱石等残れり後光嚴天皇延文年中(附記,後光嚴天皇は所謂北朝の天皇なり又延文年中は所謂北朝の年代にて吉野朝の正平十一年より十五年に至る間なり今の社地字宮に遷座産神と祟奉る。
明治三十二年七月二十四日縣社に列せらる。
例祭日
 九月九日
神饌幣帛料供進指定
 明治四十年一月十九日
祭 神
狭野命,大山積命,保食命,倉稲魂命
由 緒
 神武天皇御幼名狭野命と申奉る時筑紫を囘り給ふとて豊前國より此村に移給ふ馬牧より足毛の馬を奉り其馬に乗せ給ひ嘉穂郡馬見村へ出給ふ迄老翁見送り奉るより當村駈馬村と唱ふ村稱の起源也其時天皇宣命に依て郡中五月牛馬を田に仕役をなさゞる日五日あり即ち朔日より五日迄牛馬忌み日と唱ふ元龜三年より明治二年まで五日を三日に縮む明治二年の時の郡令澄川春吉郎發言して牛馬を忌む事農事に支を以て三月一日より五日迄神祭執行して忌みを除く口實社記に詳なれども略す,今に牧跡大石を以て区域を残す顯然なり。
例祭日
 三月一日より三日迄
主なる建造物
 神殿,弊殿,拝殿,社務所
主なる寶物
 大乗妙典一部,手力雄額面
境内坪数
 五百九十二坪
氏子区域及戸数
 一百十戸,鹿毛島全區
境内神社
 須賀社(素盞嗚命)
 稲荷社(保食命)
 徳滿社(大巳貴命)


b0023047_05362479.jpg
b0023047_05364487.jpg
b0023047_05364814.jpg
b0023047_05370625.jpg
b0023047_05371549.jpg
b0023047_05373074.jpg
須賀社・稲荷社(左),徳滿社(右)

b0023047_05390214.jpg
b0023047_05390523.jpg
b0023047_05393176.jpg
Panoramio 石津安信:Explorer



福岡県飯塚市鹿毛馬
February 21,2016

NIKON D3S



by sora07jp2000 | 2016-03-21 05:42 | 神社 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://sora07.exblog.jp/tb/25544460
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 神崎神社 大分県由布市湯布院町川上      許斐神社 福岡県飯塚市幸袋 >>