2016年 02月 06日

志登神社 福岡県糸島市志登

糸島市志登,志登神社。
昨年,社殿が火災で焼失し,再建されたとのことで参詣。
b0023047_05123340.jpg
b0023047_05124370.jpg
b0023047_05125486.jpg
b0023047_05125865.jpg
b0023047_05134248.jpg
b0023047_05135152.jpg
b0023047_05135575.jpg
b0023047_05140664.jpg
b0023047_05142054.jpg
志登神社
(延喜式内社)
御祭神 豊玉姫命
相殿 和田津見神 彦火火出見尊 息長帯姫命 武内宿祢命
祭典
・元旦祭 一月一日 ・祈念祭 四月七日
・千度汐井七月中旬 ・例大祭(神事)十月六日
・新穀感謝祭十二月三日
由来
志登神社は延喜式神名帳(西暦九〇五年醍醐天皇の時代)に記載せられた式内社で筑前十九社の一社に列せられた由緒ある古社である
この事は延喜年間にこの地方の於ける最も有力な神社として中央にも認められ,又,志摩郡の総社として郡民一体の崇敬を集めていた。
社頭掲示由緒碑

式内社
志登神社
歴史
延喜式内社(醍醐天皇(第六十代)
平安前期九〇五年)の社格を授る
延喜神名帳に記載される(九二七年)
郷社と定められる(明治五年十一月)
福岡県社に定められる(大正四年十一月)
昭和二十年終戦まで
社殿
構造 神明流造り
天正九年十一月(高祖城主)原田隆種(了栄)再建
元禄三年三月(黒田藩三代)黒田光之公再建
享保二年六月(黒田藩五代)黒田宣政公再建
明治三十年代加也山地震にて崩壊 再建
平成二十七年七月 火災焼失後 再建
博多東長寺(元弘年間)が
戦乱で焼失した為室町以前は記録無し
社前掲示由緒碑

縣社志登神社
幣帛料供進指定社。大字志登字宮廻にあり。(古名浮島)祭神豊玉姫命和多津見命息長帯姫命彦火々出見尊竹内宿禰命。延喜式には筑前國怡土郡志登神社一座とあり。古は此の村怡土郡に属せり古は志摩郡の総社にして郡中の貴賤皆産神と仰ぎ祭れり。祭日には神輿潤村合の森と云う所まで渡御あり,宮司七人巫女八人神人二十四人楽人八人此外祠官多く供奉して其の儀荘重なりしといふ。神田も多かりき。古文書に曰く可令早託摩別當次郎時秀法師(法名)領地筑前國志登神社地頭職豊前前司景資跡事右依弘安四年蒙古合戦之忠,所被宛行也。然者早守先例,所令領掌之状,依仰下知知件。弘安九年十月二十八日相模守平朝臣判陸奥守平朝臣判。又曰く筑前國志摩郡志登神社地頭職事,早莅被所下地於沙汰付,託摩別當可執進請取之状如件。應永九年七月二十九日,貞頼賴判。榊掃部入道殿。新原又三郎殿。又一書に,託間別當五郎本領志登地頭職之事などあり。延慶四年の文書に,志土社神官寺別當職免田など見ゆ。共に同地中村家に蔵す。元亀天正の頃までは猶十二町あり。弘安四年辛巳の蒙古合戦の功により同九年丙戊鎌倉より肥前國託摩別當次郎時秀と云人を此の社の地頭職とせしことあり。(前記の古文書参照)古代神領の多かりしを推すべきなり。花山天皇の御代に岩隈式部大藏種美といふ人あり。當社の神託によりて始めて大宮司と稱す。其の子を越中といふ大宮司の家を嗣ぎて,次男■(さんずいに蒼)永といふ僧始めて宮司坊となる。此の外神官巫女數多ありしが豊臣秀吉九國征伐の時神領悉く没収せられしかば神官社僧も皆農夫となれり。此の時の神職岩隈與左右衞門其の所有田畑の内一町を兄の宮司坊祐尊に與へて宮司職を繼がしめ,其の身は遂に農夫となれり。神田は原田隆種天正九年辛巳十一月に再建せしを元禄三年庚子國主黒田光之神殿を初め末社に至るまで改築し,太郎丸の内にて神田壹町六段寄附あり。明治五年十一月郷社となり,大正四年十一月十日縣社に列せらる。大正五年十二月十二日幣帛供進社に指令せらる。もと九月七日を例祭とせしが大正六年四月例祭を十月七日に變更せり。昔此社地は浮島なりしといふ。
豊玉姫は海神の女にして現官幣小社竈門神社祭神玉依姫命にあらせられ地神四代彦火々出見命の后妃にて五代鸕鷀草葺不合命の御母君なり。初め彦火々出見命兄火照命の釣針を借りて釣魚をなさんとして海中に之を失ひ釣針を索むるため塩土老翁の先導に依りて龍宮に至り,豊玉姫姙娠の身を以て彦火々出見命の跡を慕い此の地に来たり給ひし靈地なれば豊玉姫命を奉祀せしものなりと云ふ。尚ほ尊の立たせ給ひて髪を梳りしと云ふ大岩を岩鏡と云ふ。其他鐘掛の松物語橋等社地の附近にあり。又彦火々出見命は同郡高祖神社の祭神にして,東導の神なる塩土翁は同郡芥屋村に鹽土神社として奉祀せりと。
境内神社三殿島神社(祭神市杵島姫神),三社神社(祭神皇大神,八坂神,天滿神),志々岐神社(祭神十域別神,倉稲魂神)。

縣社 志登神社 糸島郡前原町大字志登字宮廻
祭 神
豊玉姫神,和田津見神,彦火々出見神,息長帯姫神,武内宿神
由 緒
延喜式神名帳に怡土郡志登神社一座と在れとも今は志摩郡に属す,昔は大社也元龜天正年九州兵亂の時迄は猶十二町の神田有りしが天正十二年太閤九州征伐の時神領悉く波(没?)収せられたり。元禄の頃の國主光之より神田一町六反寄附又新に神殿造立す。先きの神殿は天正九年十一月に原田隆種再建也。
華表一基其銘に曰く。
寶永四歳次丁亥夏五月二日建立従四位下侍従本州牧松平肥前守綱政。明治五年十一月三日郷社に被定大正五年十月十二日縣社に被定。
主なる建造物
 本殿,弊殿,拝殿,社務所,参籠殿
境内坪数
 七百坪
氏子区域及戸数
 四十二戸
境内神社
 大神宮
 嚴島社(市杵嶋姫命)
 天満宮(菅原道真公)
 志々岐神社(十城別命,倉稲魂命)



b0023047_05142607.jpg
b0023047_05143520.jpg
b0023047_05170422.jpg
志登神社 2012.04.01

Panoramio 石津安信:Explorer



福岡県糸島市志登
January 03,2016

NIKON D3S




by sora07jp2000 | 2016-02-06 05:30 | 神社 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://sora07.exblog.jp/tb/25331431
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 内野老松神社 福岡県飯塚市内野      横山神社 福岡県福岡市早良区脇山 >>