2014年 09月 13日

大祖神社 福岡県糸島市志摩芥屋


b0023047_09265130.jpg
右奥,大門神社鳥居

b0023047_09022450.jpg
大祖神社

村社大祖神社
 幣帛料供進指定社。大字芥屋大門崎に連れる大門奇勝の背景地域字久保地にあり。
 祭神はもと天照皇大神,伊邪那岐大神,伊邪那美大神の三神なりしが明治四十四年八月無格社綿積神社,無格社産屋神社を合祀せしを以て,産瀲波武鸕鷀草葺不合尊,玉依姫命,草野姫命,底津綿津見神,中津綿津見神,上津綿津見神,底筒之男神,中筒之男神,上筒之男神,神直日命,大直日命,八十抂津日命を加へ奉齋せり。祭日は九月二十三日なり。
 此地は朕の山と云ひ又其隣接の海岸を(はらひど)と言ふ地名を存し口碑に伊弉諾命の禊祓の靈跡にして其當時より鎮座ありしものと言い傳へ,昔時は宮殿も廣大にして國主領主等の崇敬篤かりしと云ふ。其證として文明十二年大檀那甲斐秀久再興天正十二年原田了榮再興の棟札今に存せり。嘉永七年八月神殿神庫焼失して寶物古文書等烏有に歸したりしは惜む可し。又舊記に聖武帝のとき宮殿の左右に大日寺善福寺の二堂を置けりと云ふ。大日寺は建治中泊村に移し,善福寺は大字芥屋の中央に移す。今の建治寺即是なりと云ふ。

村社 大祖神社 糸島郡芥屋村大字芥屋字久保地
祭 神
伊邪那岐大神,天照皇大神,伊邪那美大神,彦波瀲武鸕鷀草葺不合尊,玉依姫命,草野姫命,底津綿津見神,中津綿津見神,上津綿津見神,底筒之男命,中筒之男命,上筒之男命,神直日命,大直日命,八十抂津日命
由 緒
 創立年代詳ならず,社伝に祭神伊邪諾尊,伊弉册尊,天照大神,月讀尊,蛭子尊,素盞嗚尊にして神代よりの鎮座と傳ふれども今其沿革詳ならず又一説に伊邪那岐神,伊邪那美神,天照大神,月讀神,蛭兒尊,素盞嗚命を奉祀すと云へり,然ども今齋祭する所は三座なり。
 往昔本社に奉仕寺院二ヶ寺あり大日寺善福寺と云へり然ども建治年中大日寺は當郡泊村に善福寺は岐志村に移れり,其後今社邊に残れり,而して大日寺は既に廃絶して今僅かに一小堂宇を存せり善福寺は後又芥屋村の字東に移り建治寺と称し曹洞宗に属し現存す。
 文明十三年社伝再興す棟札に大檀那甲斐秀久とあり。
 天正十二年七月社伝再興す棟札に大檀那大藏朝臣原田了榮再建すとあり。
 其他慶安四年(附記,慶安四年は所謂北朝の年代なり,吉野朝の建徳二年に當る)以来代々相継て改造の棟札を存す文久三年社殿改築す,現今の社殿是なり従前境内五百六十坪宮山凡方三丁ありしも地租改正の際境内二百七十七坪のみとなれり,明治五年十一月三日村社に被定。
 彦波瀲武鸕鷀草葺不合尊,玉依姫命,草野姫命,底津綿津見神,中津綿津見神,上津綿津見神,底筒之男命,中筒之男命,上筒之男命,神直日命,大直日命,八十抂津日命の十二祭神は同大字濱無格社,綿積神社として祭祀ありしを明治四十四年八月十七日合併許可同大字々西無格社産屋神社として祭祀ありしを同年同月同日合併許可祭神彦波瀲武鸕鷀草葺不合尊にして同一祭神に合靈せり。
 社説に曰く,舊記に此の地は伊弉諾神禊祓の靈跡にして當時より鎮座し給しと伝え,國主領主の崇敬篤かりしと云ふ。文明j十二年(附記,明細帳には十三年と記す)大檀那甲斐秀久再興の棟札今に存せり。嘉永七年八月神殿神庫焼失して寳物古文書等皆烏有に歸したりしは惜しむべし。承和元年(千百年餘前)奉獻になる石灯籠現存せり。
 聖武帝のとき宮殿の左右に大日寺善福寺の二堂を置けりと云ふ大日寺は泊村に遷し,善福寺は建治年中村中に遷せしより建治寺と改称す。
社の北に當りて亘厳海中に突出し,北方に口を向けて一洞あり,此て即芥屋大門にして大門神社を祀れり。
例祭日
八月二十三日
主なる建造物
本殿,弊殿,拝殿,社務所,神饌所,通夜堂
境内坪数
七百八十四坪
氏子区域及戸数
芥屋村大字芥屋 二百十戸
境内神社
天滿神社(菅原神)
宇氣神社(豐受姫神)
八幡神社(應神天皇)
宇氣神社(豐受姫神)
松原天神社(彦火々出見尊,豊玉姫命)

文明12年=1480年 天正12年=1584年
一の鳥居:明治二十六年五月
狛犬:大正七年四月建之 福岡市船津町 石■(区?工?) 増田長二郎重正

b0023047_09234222.jpg
b0023047_09234868.jpg
b0023047_09250310.jpg
b0023047_09250791.jpg
b0023047_09253354.jpg
b0023047_09253909.jpg
b0023047_09254726.jpg
b0023047_09261438.jpg
b0023047_09285029.jpg
Panoramio 石津安信:Explorer



福岡県糸島市志摩芥屋
August 31,2014

NIKON D3S




by sora07jp2000 | 2014-09-13 09:31 | 神社 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://sora07.exblog.jp/tb/23373425
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< ■入り海の朝 2014.09.05      ■やわらかな朝焼け >>