2014年 07月 05日

熊野神社 福岡県糸島市志摩小金丸

加也山北の山裾。
集落の奥。
b0023047_03443931.jpg
堂々とした鳥居が立ち並ぶ。
b0023047_03451148.jpg
熊野神社。
b0023047_03551580.jpg
妙海という尼僧が紀伊の熊野神社に参詣し勧請したという。
b0023047_03554340.jpg
b0023047_03560220.jpg
b0023047_03562036.jpg
b0023047_03563879.jpg
b0023047_04334040.jpg
b0023047_04335540.jpg
b0023047_04340735.jpg
b0023047_04342648.jpg
b0023047_04343142.jpg
b0023047_04354141.jpg
b0023047_04355181.jpg
御祭神,
伊邪那岐命,事解能男命,速玉能男神



b0023047_04371562.jpg
b0023047_04372935.jpg
糸島郡誌
本殿に千木は見えない。
b0023047_04391174.jpg
b0023047_04410247.jpg
本殿背面。
b0023047_04413203.jpg
b0023047_08235681.jpg
諏訪神社,武美名方神。


b0023047_04414566.jpg
b0023047_04420762.jpg
b0023047_04422232.jpg
北西の眺め。
b0023047_04424927.jpg
b0023047_04430410.jpg
b0023047_04434520.jpg

(可也村)
村社 熊野神社
大字小金丸親山字町にあり。
祭神熊野三神伊邪那岐命,事解能男命,速玉能男神なり。
祭日六月十五日,十月十七日,十一月十五日。
小金丸の祖妙海尼(其影像妙楽寺にあり)の勧請せしものと云ふ。社地に神木竹柏(なぎ)あり,妙海尼が紀伊熊野より齎(もたら)來せしものと云い伝ふ。
無格社七,大山祇神社(大上戸),加也神社(加也山),腰掛神社(を□のくぼ),瀬知神社(本村),皇后石神社(火山の麓),速鷹神社(谷口),菅原神社(本村)。

妙楽寺
真宗大谷派。大字小金丸本村谷口に在り,超過山と號す。創立年月未詳,往昔妙海尼の創立にして中興の僧鈴吟の時本願寺末となれり。寺伝に據れば妙海紀伊の熊野に詣すること年々怠らず,竹柏一枝を折り来り,霊地を選んで之を挿し,若し神来たり鎮まり給はば此枝生育せんと。果たして其言の如し。是を以て其地に一祠を創立す,熊野神社是なりと。妙楽寺に妙海尼の影像(錫杖を持ちたる畫像あり)。毎年十一月十五日熊野神社祭禮には區の宮座の者より此影像にも饌を供するを例とす。住職金丸秀麿の時明治三十一年本堂を改築し,宗祖の大遠忌を営まんため内外の準備略は整ひたりしに,大正六年二月二十一日本堂庫裏焼失したるを以て,更に再建を企畫し,同十一年四月十七日竣工せり。
b0023047_05034218.jpg


村社 熊野神社 糸島郡可也村大字小金丸字町
祭 神
伊弉册命,事解男命,速玉男命
由 緒
筑前国続風土記に云ふ,加也山々上に有り是熊野権現の社なるかと在り古老の口碑に山上に宮殿在りしが往昔今の地に移す,貝塚村は当社遙拝のため彼の地に立つ今東貝塚村氏神熊野神社是也。
又社説に曰く。
鎮座年月不詳なれども口碑に依れば当社熊野神社は怡土郡高祖城主原田の裔小金丸九郎の姉妙戒と云ふ尼あり諸国の神社仏閣を巡拝し紀州熊野に詣で尼僧の身なるを以て,後年に至り参詣を怠る事あらんには心もとなしとて神霊を勧請して遷り,一社を建立し永久当地の守護神として奉祀し,社地社領を寄進せり。之て当熊野神社の起源なり。社地神梛木あり,妙戒尼紀州熊野本宮より尊神を勧請せし時,梛木の枝を折り持ち来り,尊神此の地に来り給はば此の神木の枝に根を生ずべしと誓ひ,社地の一隅に挿したりと云ふ。其の木繁茂しありしが,明治二十三年四月頃,大楠と共に突然転覆したるを神殿改築の際御神殿御内陣の御扉其他に使用せり。現在も周囲一丈余りの梛木あり,妙戒尼勧請当時より何れかの内に附き来り小貝(ゴウナ)今尚古木に棲息せり。
特殊神事
妙戒尼は草庵を結び尊神に参詣を怠らざりしと。草庵は後ろの超過山妙楽寺起源なり。妙楽は往古天台宗なりしが今は真宗となれり,之妙楽寺の開基なり寺に妙戒尼の畫(画)像一幅を蔵す,熊野神社大祭の時(宮座)蒸飯其他の供物を捧げて之を祭る熊野神社特殊神事には従前より一定の供物を献じ厳粛なる祭典を奉仕す。
例祭日
九月二十八日
主なる建造物
本殿,弊殿,拝殿,手水舎
主なる宝物
太刀四口,神鏡十五面,金幣(真鍮製)十個,額一面,棟札
境内坪数
七百十三坪
氏子区域及戸数大字小金丸 百三十
境内神社
諏訪神社(武美名方神)
末社
加也神社(神倭磐余彦命)
速鷹神社
皇后石神社(息長足姫命)
自在丸神社
天滿神社
菅原神社(菅原大神)
大山祇神社(大山祇大神,菅野姫命)
大上戸神社(手力男神)
旗山神社(埴安命)
瀬知神社(木花咲耶姫,瀬知翁)
奥掛神社(熊野三柱,港五柱大神)

社頭灯籠:明治四十三年八月吉日
一の鳥居:「熊野神社」「明治四十四年五月吉日」
二の鳥居:「熊埜宮」「昭和二年一月之□」 ※「埜」は「野」の異体字。
三の鳥居:「熊埜宮」
四の鳥居:「熊野神社」
狛犬:「大正九年十月吉日」「欧亜戦役従軍□(紀?)念」

Panoramio 石津安信:Explorer



福岡県糸島市志摩小金丸
May 11,2014

NIKON D3S



by sora07jp2000 | 2014-07-05 05:04 | 神社 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://sora07.exblog.jp/tb/22894043
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 稲留神社 福岡県糸島市志摩稲留      生松天神社 福岡県糸島市志摩師吉 >>