2014年 04月 12日

熊野神社 1 福岡県福岡市西区横浜

今宿から今津湾方面へ。
ぽっこり立つ今山。
b0023047_02181457.jpg
熊野神社。
b0023047_03120607.jpg
神功皇后が勧請したという伝承。
入口に今山遺跡の説明。
b0023047_03133317.jpg
b0023047_03134685.jpg
今山遺跡 IMAYAMA site
 今山は糸島平野の東の端に位置し,玄武岩と花崗岩からできた標高82mの山です。1924(大正13)年に中山平次郎博士によって,玄武岩を使って石斧(せきふ)の製作を行った山として紹介されて以来,多くの調査や研究が行われた有名な遺跡です。製作された石斧は,主に太型蛤刃(ふとがたはまぐりば)石斧と呼ばれる大型の磨製石斧です。今山では玄武岩を割り,打ち欠いて全体を整える作業を行い,磨きあげるのはそれぞれの「むら」で行ったようです。
 今山で製作された石斧は,弥生時代前期前半から中期(今から約2300〜1900年前頃)にかけて,現在の福岡県・大分県・佐賀県・熊本県にかけて行き渡っており,今山のある地域(後の「伊都国」)が他の地域に商品として供給したものと考えられます。
 以上のことから,今山遺跡は弥生時代の石斧製作技術と交易を考える上で,重要な遺跡であると言えます。 文化財を大切にしましょう。
福岡市教育委員会
説明板A

b0023047_03375209.jpg
上る。
b0023047_03384039.jpg
b0023047_03390228.jpg
b0023047_03393022.jpg
石垣が組まれている。
b0023047_03395911.jpg
b0023047_03402194.jpg
まるで山城のよう。
b0023047_03403933.jpg
b0023047_03414380.jpg
b0023047_03420073.jpg
b0023047_03431121.jpg
到着。
美しい注連縄。
b0023047_03454052.jpg

b0023047_03455706.jpg
b0023047_03460233.jpg
b0023047_03491912.jpg
b0023047_03494882.jpg
熊野神社
祭神
伊弉册尊(いざなみのみこと)速玉男命(はやたまおのみこと)事解男神(ことさかのおのみこと)

由緒
一,享保十二年(一七二八年)拝殿改築の時,国主黒田継高公がその用材一切を寄進した。
二,神功皇后が三韓から帰朝の後,紀州熊野から,勧請されたとの言い伝えがある。
今山を昔は,夷魔山(いまやま)と書いたが,それは昔,彦火々出見命が,この山上から弓で夷魔を射平らげたからだという……
また別名を弓張山とも言った。その吉例により毎年九月十二日(旧暦)の大祭には,山内の杉や檜木で弓を作り神前に備えていた。

祭儀
例 祭  十月 十二日
祈年祭  三月 十二日
感謝祭 十二月 十二日
月次祭  毎月 十二日

熊野神社 氏子中
社前掲示由緒

彦火々出見命。
「一般には山幸彦(やまさちひこ)(山佐知毘古、やまさちびこ)の名で知られる。
神武天皇の祖父に当たる人物。」wiki

Panoramio 石津安信:航空写真 Explorer



福岡県福岡市西区横浜
March 23,2014

NIKON D3S



by sora07jp2000 | 2014-04-12 04:14 | 神社 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://sora07.exblog.jp/tb/22430048
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 熊野神社 2 福岡県福岡市西区横浜      二宮神社 福岡県福岡市西区今宿 >>