2014年 03月 31日

野芥櫛田神社(櫛田神社 福岡県神社誌) 福岡県福岡市早良区野芥

海神社から263号に戻って北へ。
すぐに東,住宅街の中。
b0023047_05452931.jpg
櫛田神社。
b0023047_05460270.jpg
景行天皇18年の伝承あり。
この地の賊を大若子命に討たせた。
大若子命は日本武尊かな。
b0023047_05463179.jpg
b0023047_05560768.jpg
b0023047_05561791.jpg
b0023047_05564876.jpg
b0023047_05565858.jpg
御祭神, 天照皇大神,大若子命,天児屋根命 
手力男命,倭姫命

社頭掲示由緒より。福岡県神社誌には下記二神は無かった。

b0023047_05592574.jpg
b0023047_05593746.jpg
b0023047_06131078.jpg

b0023047_05595140.jpg
西,僅かに南寄りに向いた社殿。
b0023047_06005392.jpg
b0023047_06032253.jpg
b0023047_06010611.jpg
恵比須神社。
b0023047_06013016.jpg
稲荷社。
b0023047_06014825.jpg
境内南の丘の上の社日社。
b0023047_06022273.jpg
北を見る。
b0023047_06033013.jpg
鳥居は北向き。

村社 櫛田神社 早良郡田隈村大字野芥字宮の下

祭 神
大若子命,天照皇大神,天児屋根命
由 緒
不詳,往古は六号の郷社のと伝承す。明治五年一月三日村社に定めらる。 尚社説に曰く,景行天皇十八年筑紫の諸国御巡狩,地御通輦の祭此の地に強賊蟄居し居ることを聞召され早速大若子命に命し強賊を征討せられたり。此時より能解の名ありとも伝う。此縁起によりて櫛田宮は当地に勧請せられたると続風土記拾遺に出たり。
天慶二年壬亥(付記,天慶二年は己亥の年なり)三月十五日再建とあれば天慶以前の鎮座なり。
特殊祭事
七月十五日以前は山笠ありて盛なる祭ありしが,今は名残の棒のみありて山笠なし。
例祭日
一〇月一九日
神饌幣帛料供進指定
大正十五年四月十五日

主なる建造物
本殿,渡殿,拝殿,社務所,通夜堂
主なる宝物
棟札二
境内坪数
千五十坪
氏子区域及戸数
野芥区,千隈区 凡六十戸余
境内神社
恵比須神社
稲荷神社
地禄天神社(鳴神,庚申)
末社
社日社

天慶二年=939年

野芥 櫛田神社
一,祭神
天照皇大神,大若子命(ヲヲワカコノミコト),天児屋根命(アマノコヤネノミコト)
手力男命(タヂカラオノミコト),倭姫命(ヤマトヒメノミコト)
一,由緒(古事記,続風土記拾遺,神社誌より抜粋要約)
皇普十二代景行天皇十八年此ノ地方ニ強賊蟄居シ在リ即チ勅シテ大若子命に征誅セシメラレコレガ縁起ニテ当地(能解)ニ勧請セラレ後チ天慶二年再建ノノチハ早良六郷ノ郷社トシテ鎮座シ給エリト伝承ス即チ往古ニ算スレバ其ノ創祀ハ実ニ一千三百年ノ大和朝ノ時代ナリト。

一,境内神社 末社
恵比須神社 稲荷神社
地禄天神社(鳴神,庚神)社日社
一,主ナ祭祀ト行事
一月一日 年始祭
一月十日 十日恵比須祭
二月一日 御饘(※粥)開(供エタ饘(※粥)(堅□ニ炊イタ粥コ□□□黴の生具合ニヨリ当年稲作ノ吉凶ヲ占フ)
五月二日 八十八夜(厄年祓神事)
七月十五日 獅子舞
十月十三日 御注連飾シ
十月十九日 例大祭(おくんち)
十一月十五日 七五三祭
十一月二十三日 新穀感謝祭
社頭掲示由緒

Panoramio 石津安信:航空写真 Explorer



福岡県福岡市早良区野芥
February 22,2014

NIKON D3S





by sora07jp2000 | 2014-03-31 06:14 | 神社


<< 大浦神社 福岡県糸島市南風台      海神社 福岡県福岡市早良区西油山 >>