2014年 03月 20日

老松神社 福岡県糸島市前原

前原駅から東,商店街を入った所。
b0023047_04205191.jpg
老松神社。
美しい注連縄。
b0023047_04210557.jpg

b0023047_04211008.jpg
b0023047_04211517.jpg
b0023047_04211900.jpg
b0023047_04212459.jpg
b0023047_04213155.jpg
端正な拝殿。
b0023047_04213640.jpg
和かな表情の獅子。
b0023047_04214346.jpg
そして角ありの狛犬。

典型的な幕末の花崗岩製浪速型狛犬が鎮座しています。角は枝角と言って一本ではなく、二股に分かれているようです。大坂西堀石屋平兵ヱの作品に似ています。


b0023047_04280842.jpg
御祭神,伊弉諾命,伊弉册命,鵜茅葺不合命,菅原大神。(糸島郡誌)
天穂日命,天満天神(社頭掲示由緒,福岡県神社誌)

伊弉諾命,伊弉册命から天穂日命へ変わっている。
糸島郡誌は昭和2年,福岡県神社誌は昭和20年の発行。

b0023047_04404354.jpg
b0023047_04405886.jpg
1段高い基台の上に神殿。
b0023047_04514723.jpg
b0023047_04525432.jpg
里守神社。
b0023047_04530163.jpg
恵比寿神社。
b0023047_04542335.jpg
分からない。

b0023047_04552567.jpg
b0023047_04554012.jpg
村社 老松神社
神饌幣帛料供進指定社。大字前原字叶木に在り。
祭神は伊弉諾命,伊弉册命,鵜茅葺不合命,菅原大神なり。
祭日舊一月七日,新七月二十五日,十月二十五日,十一月二十五日。
明治五年十一月三日村社に定めらる。創祀年月詳ならざるも永禄年間勧請せし由傳説す。
天明五年八月庄屋孫七の記せる前原村風土記下の地附書上帳の文に云く
「右前原村は慶長の頃迄民家南の山際に在之,此山舞嶽又域尾茶臼山共申伝ゆ,山の絶頂に茶臼形の所御座候,今は小竹立茂り居申候,國君忠之公御代に唯今の町筋に民家を被移,御茶屋被建候由申傳候,以前の村跡畠に相成,唯今民家四軒と産土神のみ残り居申に,今此所本所と申傳候」と。
 さればもと民家と共に南山際に在りしも貞享年間村民のみ町筋に移住し,本社は猶ほ舊位に在りしを以て弘化元年宮本町に移転奉齋せり。明治四十三年軌道布設のため更に今の地に移し奉齋す。現地は古來里守神社の在る所なり。神殿は元文元年丙亥,明和四年丙亥,明治三十年丁酉に改築せり。大正十五年六月十七日神饌幣帛料供進神社に指定せられ,四月二十五日十月二十五日十一月二十五日を供進使参向の日と定む。

境内神社二,
(1)現人神社,祭神大己貴神。明和四年三月勧請。
(2)里守神社,祭神靈神(舞岳城主劉次郎繁種の靈を祀ると云ふ)寳暦十二年六月勸請。

御由緒
老松神社  前原市大字前原二二〇番地の六
○御祭神
天穂日命(あめのほひのみこと) 高天原直系の稲穂の神
天満天神(てんまんてんじん) 菅原大神 学問の神
○前原村風土記等に依れば永禄年間(一五五八年〜一五六八年)に創立されたと伝えられている。
神社はもと民家と共に南の山際,即ち笹山の麓に鎮祭されていたが慶長年間に村民は今の前原町筋に移住し,神社のみ猶,旧位置に残っていた。
弘化元年に社殿を改築し町の中央(現在の南本町 田中整形外科福陵館前原校)に御遷宮し更に明治四十三年北筑軌道が敷設されたので現在の場所へ御遷宮した。
○拝殿は昭和四十二年に立て替えられた。
○社務所は平成三年に立て替えられた
○祭事
一月一日  元旦祭
一月七日  追儺祭(ついなさい)(鬼すべ・うそ替え神事)
六月下旬  千度潮井(せんどしおい)
七月二十三日  夏越祭(なごしさい)(茅輪(ちのわ)神事)
十一月二十三日  新嘗祭(しんしょうさい)(宮座)
 その他 九月一日 八朔祭
     十一月十五日 七五三祭

○末社
現人(あらひと)神社(大己貴神(おおなむちのかみ))
恵比寿(えびす)神社(事代主命(ことしろぬしのみこと))
里守(さともり)神社(霊神(れいしん))
宮地嶽三社大明神(みやじだけさんしゃだいみょうじん)
社日宮(しゃにちぐう)
社頭掲示由緒

村社 老松神社 糸島郡前原町大字前原字カナギ
祭 神 天穂日命,天滿天神
由 緒 不詳,明治五年十一月三日村社に被定。
社説に曰く,古老の言,前原村風土記等に依れば永禄年間の創立にかゝるものなり。元文元年六月十二日神殿一宇及明和四年五月十八日神殿再興の棟札等あり。當神社はもと民家と共に南の山際,即ち笹山の麓に鎮座在りしが,慶長年間に村民は今の前原町筋に移住せしも神社のみは猶舊位置に残れるを弘化元年に至り,社殿を改築し町の中央に御遷宮せしが,更に明治四十三年北筑軌道布設に際し,現在の場所へ御遷宮せしものなり。
特殊神事
一,追儺祭 毎年舊正日七月(※正月七日か)夕より執行。前原七町を順次一町づゝ當番町とし,數日より潮井取り諸準備を行ひ,當夜は當番町より一人鬼を選定し,町内男子全部加布羅濱まで潮井取りを行ひ,神社に歸着すれば古式に據り豆撒燻鷽替行事を行ふ。郡内各地より参詣者多し。
一,千度潮井祭 七月上旬,田の植付後行ひ,氏子(八百戸)の老幼男女漏れ無く,加布里濱加布羅濱より潮井取りを行ふ。前夜より夜を徹して参詣者の足音絶えず,不夜の觀を呈す。
一,新嘗祭 奉幣式並に氏子一同宮座を行ふ。
例祭日 十月二十五日
神饌幣帛料供進指定 大正十五年六月十七日
主なる建造物 本殿,弊殿,拝殿,社務所,鳥居,しめ掛石,手洗舎,社名碑
境内坪数 三百四十三坪
氏子区域及び戸數 前原町前原区 約八百戸
境内神社 現人神社(大己貴神) 里守神社(靈神)

※ 當=当 舊=旧 傳=伝 勸=勧 來=来 靈=霊 據=依 觀=観

Panoramio 石津安信:航空写真 Explorer



福岡県糸島市前原
January 26,2014

NIKON D3S



by sora07jp2000 | 2014-03-20 05:17 | 神社


<< 潤神社 福岡県糸島市潤      十六天神託社神社 福岡県糸島市多久 >>